dj_top

良かったらポチポチ応援押してってね! br2.gif

「すぷる~すの庭」 はトリップアドバイザーから お勧めのブログとして認定されました!

KEIKO

Author:KEIKO
ジャズミン (マルチーズ)♀
通称:ジャズ子
出身:コロラド 
趣味:ママを1日中見つめたい
好物:りんご
役職:会社の副社長
特技:寝たふり
その他:体内時計あり
(5時半、12時、17時にセットされているので知らせてくれる。
リセット不可能)

未分類 (12)
旅行 (59)
グルメ (77)
音楽 (5)
健康 (20)
グッズ (11)
アメリカの温泉 (18)
手作り酵素 (5)
ジャズミン (74)
家族 (110)
アメリカ世間話し (142)
手作り石けん (11)
日本 (6)
うちごはん (21)
外食 (8)
催し物 (1)
コロラド散策 (6)
友達 (2)
ローライフ (0)
スローライフ (8)

このブログをリンクに追加する


蓮のかほりの日々

おいしい世界  ー From America

この人とブロともになる

本 「手作り酵素」

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

コロラド ・ 食いしん坊夫婦+犬1匹の生活
http://sprucenoniwa.blog106.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2010.10.02(Sat) 03:29
IMG_0749.jpg

まだしつこく書いてます、イエローストーン。

写真は Lake Yellowstone Hotel & cabin という所で撮った写真。

IMG_0752.jpg

イエローストーン公園にもホテルがあったんですねぇ。 Fishing Bridge から南下して しばらくして左折するとイエローストーン・レイク沿いのホテルやキャビンを発見。 とても静かないい場所です。

日向ぼっこしながらベンチで読書とか良さそう・・・

さて、この旅ももうすぐ終盤。 イエローストーンでのもう一つの目的地 Grand Prismatic へこの日は行ってきました。


IMG_0729.jpg

駐車場から橋を渡ってトレイルを歩いて行くと これまた色んな温泉が見れます。

IMG_0730.jpg

比較的緩やかで歩きやすい。

IMG_0731.jpg

途中、Excelsior Gyser を見てみる。 クレーターのようなデカイ温泉で湯気モウモウ。 ひときわ目を引きます。

これは世界最大の間欠泉(だったの)ですが現在休止中なので 「温泉」 ということになっとるようです。 最後の大きな噴出は 1880年代でした。 そして最後に見られた噴出は 1985年に2日間だということです。
現在は温泉として 4,050ガロンのお湯を流出しています。

それにしても 綺麗な水色の温泉で やっぱり 浸からせていただきたい~。 
(〃 ̄ω ̄〃ゞ
 



IMG_0735.jpg

そして目的の Grand Prismatic。 遠くに見えるトレイルの上に人がいますが、その向こう側です。

幅90m、深さ50mに及ぶこの温泉の温度は約 87℃。 あまりのデカさと湯気でこの場所から全体を見渡すことは出来ませんでしたが こちらに沢山の写真が載ってます ⇒ Grand Prismatic

イエローストーン公園内では最大の温泉です。 そしてニュージーランドにある2つの温泉に続き この Grand Prizmatic が世界で3番目の大きさを誇っています。

1分間で560ガロンのお湯を流出してるらしい。 カラフルな色はやはり Heat Loving と呼ばれるバクテリアによるもの。

流出したお湯は下の川へと流れていきます。

別のトレイルから 全体を見渡せる場所へ行くことができるようです。 (うちらは気付きませんでした・汗)

しかしこんなすぐ目の前で見ることができて幸せ 温泉の端っこはすごく綺麗な赤というか濃いオレンジというか、お湯の流れでキラキラしていてまるで宝石! (すんまそん。ビデオ撮影に熱中して写真撮りませんでした・汗)

ここのトレイルは全部を見て歩いても大した距離ではありませんでした。 ぐるりと回って 来た道を戻り橋を渡って駐車場へ。

しかしここの川にお湯が流れ出てて 湯気が立ち込めるのを見てても なんだか楽しい♪ あのお湯が流れ落ちている川沿いはさぞかし温かいんだろぉなぁ~、やっぱり浸かってみたいなぁ~と あらぬ妄想にふけながら橋を渡ります。


もっと沢山写真があって書きたいこともいっぱいあるんですが ここは押さえて今回でイエローストーンの紹介を終えなければ・・・。



さあ、このキャンプも9月終盤。 10月の4日にはキャンプ地は閉めるとのことでした。 うちらが到着した5日前は結構混んでて RVパークは70%ほどの稼働率でした。 そしてこの日はというと40%弱でしょうか。

朝出かけるときに お隣のエルモ君のお父さんに 「うちのバッテリーがとうとう切れたので残りの2日間はヒーター無しかも」 と言ったところ、エルモ君ちのジェネレーターでチャージしててあげるから心配しないで楽しんでおいてと優しいお父さん。 

翌日はエルモ君達は出発するので この日は色々と準備があるらしい。

帰ってくるとしっかりバッテリーのチャージをしててくれてた。 


うちのトレーラーのヒーターはプロパンガスで動きますが 温風を送り出すファンは微量の電気で動くのでバッテリーが必要です。

エルモ君のお父さんにちょっとしたお土産を買ってきてたのでそれを渡すとすご~く喜んでくれました。 大したもんでもないのに、こちらこそありがとうです。


夕飯前のお散歩でちょっとばかし写真を撮りました。

CIMG1917.jpg

こんな三角のトレーラー、見たことがあるでしょうか? 上の三角は畳んで平べったいキャンパーにして引っぱれます。 RVショーで見てこれの少し大きいのが欲しかった!

それほど大きくないのに 天井が高いというだけで圧迫感がなく 広々とした快適なトレーラーだったんです。

移動も楽そうだしなぁ~。 しかし意外と重量があったのが難点。 

IMG_0791.jpg

そしてこの銀色バス。 今回の旅でも沢山みかけました。 エアーストリームと呼ばれるアルミ製のトレーラーでお値段 高いですがマニアに人気です。 内装、設備も普通のトラベル・トレーラーよりもいいものが付いてるとのことでアルミの割には重量もあって値段もお安くない、と。

このトレーラーは製造時点で1台・1台 番号をうつそうで それがまたマニアの心をくすぐるんでしょうか?

うちの斜め後ろにも停まってたので聞いてみると 「高い値段で買うほどのものではないなぁ~」 と本人様がおっしゃっておりました。 まぁその人の価値観っつうことで。



翌朝、うちら一家がぐ~すか寝てる間にエルモ君達は出発して行きました。

トレーラーのドアを開けるとこんなものが。

IMG_0771_20101002034438.jpg

「 To Jasmine, From Elmo, Sayonara」

と書いてあります。 あ、エルモ君、字書けるん?

いやいや、エルモ君のお父さんですよねー。 エルモ君の大好物のベーコンが沢山入ってます。

鼻水と一緒に涙がこぼれ出るオカン。 最近何でも涙が出るお年頃。 (。-_-。)ポッ

エルモ君達が安全で楽しい旅ができますように。<

連絡先交換しなかったけど、またいつかどこかで逢えたらいいね。 



次の日はうちら一家はゴミ・リサイクルの処理やストアでお土産あさりに精を出しました。 

歩いて行けるのでちょっとした森の山道のようなところを行くと、

IMG_0775.jpg

バンビちゃんたちに遭遇!

背中の白い斑点がうっすらと残ってました。 お母さんが近くにいるに違いない。


お母さんも発見!

IMG_0778.jpg

すごく近くにいるのに お口もぐもぐと 食べまくり。

「何がそんなに珍しいんじゃ?」 とでも言いたげに もぐもぐもぐもぐ・・・・。

IMG_0779.jpg

鹿なんかコロラドでワンサカ見てるジャズ子は 気にせずドンドコ行きます。



さて、翌日はデンバーへ向けて出発。

来るときは南の入り口から来ましたが 帰りは東から出ることにしました。

IMG_0800.jpg

ここでも湖や渓谷の綺麗な景色を眺めながら。

IMG_0804.jpg

やや! 出入り口付近で 黒いムーミンみたいなの発見!

画像が良くないですが これ、ムースです。 こやつも気性が荒いので決して近寄ってはならないやつです。 でも帰り際に見れて良かった。 コロラドでは ロッキーマウンテン国立公園で一度見ただけだったので。

IMG_0805.jpg

そしてゲートを出てしばらくは綺麗な景色が続きましたが だんだんと単調とした景色に変わります。 南のルートの方が レビューで書かれていた通り退屈しないでいいかも。 



帰りも途中 RVパークで1泊してゆっくり帰るつもりが 何とCasperという街を過ぎた高速で トレーラーのタイヤのゴムが破裂!

スペアのタイヤは来るときにツルツルになったやつしかない! とりあえずそのツルツルと交換。

滞在中に時間があるのでタイヤ屋さんで新しいやつと交換しとこうよ、と言ったオカンに 「大丈夫、大丈夫!」 と言って聞かなかったオトン。

こんなツルツルのタイヤでデンバーまで帰れんぞ! 大騒ぎするオカンを静めてタイヤ屋さんを携帯で探し始めるオトン。

しかしこの日は土曜日で3時過ぎてる。 大きな街のCasperを過ぎて大分経つし この先に大きな町はコロラド近くまで行かなければないし・・・・

近くの小さな街に寄ってみても全部閉まってる  

タイヤ屋さんはどんなチェーン店でも大体 土曜日の午後と日曜日は閉まってます。 

不安なオカンはとりあえずRVパークで1泊して翌日どうにかしようと思いましたが オトンとしては1泊しても翌日は日曜なのでどうにもならんということで このまま走り続けてデンバーまで帰ろうということになった。

ツルツルが破裂したらその時はその時だ!と言うので、それもそうだな、とあっさり認めて そこからデンバーまではオカンが運転。

タイヤが熱くならないように速度を落して行ったので I-25を通って結局夜8時過ぎにデンバーに到着。

I-25 はコロラドに入ってから事故続きで恐ろしく混んでました~。 

帰ったら大好きな タイ料理をテイクアウトして思いっきり食ってやる! とのたまうオカンに 「よしよし」 と早速タイ料理屋さんに電話してくれるオトン。

家に着いたら即 受け取りに行って死ぬほど食べまくりました。 いやいやウマカッタ。

教訓: 旅の移動は平日が良い! (オート関係は平日にしか開いていないので)

しょっぱなからハプニング続きだったこの旅もようやく終わり、Home Sweet Home。

あ~、やっぱり家はいいな!

でも今回は 地球の鼓動を感じ 心に焼きついた素晴らしい旅になりました。

実は これもPBSというテレビ番組の NOVA というので見たのですが、イエローストーンは6万年から9万年の間隔で噴火しているらしく、最後の噴火が6万4千年前。 この時はほぼ北アメリカ全土に火山灰が落ち気球の気候に影響するほどだったと言われています。 ということはもういつ噴火してもいい頃・・・・ 今年始めのニュースではイエローストーン公園での地震が増え続けているというのを聞きました。

「噴火する前に行かなければっ!」

ということで実現となりました。

しかしこのスーパー・ボルケーノが実際に今度噴火すると遠くのデンバーなんか火山灰どころじゃなく かなりやばいんだぞ! とテレビでやっとりました。

次回の噴火は果たしていつの事やら・・・・・


あ、ところでうちのネルコちゃん、

IMG_0809.jpg

イエローストーンからデンバーまでずっと寝てました。 オトンもオカンも油汗ダラダラだったのに気にせんようです。

旅から帰ってからは 外に出ると トレーラーに入るもんだと思っているようで 未だにトレーラーのドアの前で開けてくれるのを待ってます。


旅犬ジャズ子を今日も応援してってくれたら嬉しいです!

  ↓

br2.gif


関連記事
 
Trackback(0) Comment(2) 
Category:旅行  Genre:海外情報  Theme:アメリカ生活 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

No title

地震が増え続けていると、、、そらもうやっぱり2012(映画)みたいになるのでしょうか(こわーーーー)。
エルモくん、泣けます。さよならって書いてませんか?泣けます(年のせいで涙腺がゆるいです)。
それはそうと、別府に住んでいる友人の所に泊まったときに、お風呂の蛇口から温泉がでてくるのでびっくりしました(近所全部そうらしい)。イエローストーンではそげなことはないのでしょうか?あったら引っ越したい(笑)。

NAME:十兵衛 | 2010.10.05(火) 02:54 | URL | [Edit]

 

十兵衛さん

> イエローストーンが噴火するとどうなるのか NOVA を見たら そらもうあきらめるしかないっちゅうか・・・
> イエローストーンの蛇口からは温泉は出てこないと思いますよー。 
>
> エルモ君のおてまみ、さよならって書いてあります。 泣けました。
>
> 最近の温泉地のマンションは温泉が蛇口から出るようになってたりとすごいらしいですが、十兵衛さん&母兵衛さんのお友達はすごいですね。 うどんの国の人の蛇口からは うどんダシが出てくるんですか?

NAME:KEIKO | 2010.10.06(水) 00:01 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 すぷる~すの庭, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。