dj_top

良かったらポチポチ応援押してってね! br2.gif

「すぷる~すの庭」 はトリップアドバイザーから お勧めのブログとして認定されました!

KEIKO

Author:KEIKO
ジャズミン (マルチーズ)♀
通称:ジャズ子
出身:コロラド 
趣味:ママを1日中見つめたい
好物:りんご
役職:会社の副社長
特技:寝たふり
その他:体内時計あり
(5時半、12時、17時にセットされているので知らせてくれる。
リセット不可能)

未分類 (12)
旅行 (59)
グルメ (77)
音楽 (5)
健康 (20)
グッズ (11)
アメリカの温泉 (18)
手作り酵素 (5)
ジャズミン (74)
家族 (110)
アメリカ世間話し (142)
手作り石けん (11)
日本 (6)
うちごはん (21)
外食 (8)
催し物 (1)
コロラド散策 (6)
友達 (2)
ローライフ (0)
スローライフ (8)

このブログをリンクに追加する


蓮のかほりの日々

おいしい世界  ー From America

この人とブロともになる

本 「手作り酵素」

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

コロラド ・ 食いしん坊夫婦+犬1匹の生活
http://sprucenoniwa.blog106.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.12.29(Thu) 08:40
ダラダラと長くなっておりますので、お正月の暇なときにでもお読みください。


今回ご紹介するのは まずはルーブル美術館。

DSCN3765.jpg

RERを乗り継いで行ってきました。 (ホテルから徒歩でも行けそうでしたが)

DSCN3771.jpg

電車を降りて通路を歩いてると パッヘルベルのカノンをバイオリンで演奏するお姉さんと その傍らにマルチーズが! 通路が音響効果を上げてくれてしばらく聞き入ってしまいました。



DSCN3774.jpg

通路はそのままルーブル美術館へとつながっています。 お土産品店を通り過ぎると美術館入口のある広間へ到着。

大きなアップルストア―などもあり ここの広場だけでも結構楽しいかも。


DSCN3793.jpg

セキュリティーを通って入場すると、

DSCN3798.jpg

私の目をひいたのは ギリシャ神話に出てくる ニケ(勝利の女神)像。

紀元前3~4世紀頃の作と憶測されるこの像は 1863年にギリシャのサモトラケ島で発見されました。

1950年に右腕も発見され、それもルーブルに保管されているようですが、それによると手を広げた彫像になっているようです。

DSCN3810.jpg

このニケの像はとても私の心を掴んで この美術館で一番多くの写真を撮ることとなりました。

下から見上げるように展示されていますが、どの角度から見ても完璧な絵になる像で 他にこんな美術品ってあるでしょうか?

そしてこの空間の演出の高さ。 このニケはもともとこんな場所に立っていたのでは? と思わされます。


BG[1]

ミロのヴィーナス。 この角度だといいのですが、

BG[2]

この角度で見ると それほど見栄えがしないでしょ?

1820年に農民によって発見されたこのヴィーナス像、トルコに没収され フランスに買い取られ、ルイ18世に献上され 彼はこれをルーブル美術館に寄付することとなるのでした。



さて、一通り彫像などを見たあとは お待ちかねの絵画です。

DSCN3824.jpg

「聖母子と少年聖ヨハネ」 私の大好きなボッティチェリの作品が沢山あって嬉しい。

DSCN3826.jpg

顔色の悪い人達の絵。




モナリザは回廊に展示されてはおらず、大きな部屋の正面にちょこんと収められています。

12-29-2011 3-19-21 PM


ここで 足腰の悪いジャズ子パパ 「ちょっと座ってるからゆっくり見てて」 と隅っこの方へと行ってしまいました。 お言葉に甘えて じろじろとしつこく絵を一通り見て回るママ。

DSCN3845.jpg

うちらが持っていたガイドブックには この大きな絵画の中心人物 (キリスト様)は 「Party Guy」 と呼ばれていました。(爆


あるツアーのグループでは 「この部屋は日本の企業が数億円を出して作られたんですよ」 と説明されてました。

じっくりと見て回り そろそろジャズ子パパをお迎えに行こうと この部屋のベンチのある場所へ行ってみたのですが、アジア人の集団が陣取っているだけで パパがいません。

部屋の中や外までぐるぐると 知人夫婦と3人で探し回り 何度もあのベンチのある場所をのぞいてみますが見つかりません。(汗


すみません、ジャズ子パパみませんでした?

12-29-2011 2-54-58 PM



あ、あの、ジャズ子パパなんですけど・・・

12-29-2011 2-51-42 PM


ジャズ子パパこっちに来ました?

12-29-2011 2-44-47 PM

と、ぐるぐると堂々巡り。

しょうがないので 3人であのベンチの前で途方に暮れながら そのアジア人の団体を一人一人見ていくと・・・・いました!

その団体の中でガイドブックを開いたまま苦笑いのパパが・・・・。

12-30-2011 9-30-40 AM

何度も何度も3人でここを見たのに 見つけられませんでした。(驚

すっかり周わりと溶け込んでしまったパパ。(←コテコテのアメリカ人です)

パパが言うには そこにはパパ以外誰もいなかったのに、いきなりダァ~と団体様が来て取り囲まれてしまい、床にまで座られて出るに出られなくなったとのこと。

この写真は よっぽど気に入ったのか 現在パパのパソコンの壁紙となっております。 知らん人が見ると 「奥さんの実家へ行ってきました」 風な写真ではないかっ。(汗

いやいや、私たちもびっくりしました。


その後「ルーブルのツボはおさえたっ」 という3人に連れられて 次の観光へと向かうべく そそくさと美術館を跡に。

帰りも広場を抜けてお土産やさんやスタバなどを通りますが、食事等はエレベーターで2階へ行って沢山あるフードコートがお勧めです。




次へ向かったのはシャンゼリゼ通りの端 エトワール広場にある凱旋門。

DSCN3854.jpg

パパは経験済みなので ママだけ見ておいでよ、ということで

DSCN3855.jpg

こういうトンネルを通って広場の中心部へと向かいます。 (広場は車がぐるぐる回っているロータリーになっているので歩いて渡れません)

トンネルを抜けると 凱旋門の真下。

DSCN3857.jpg

小さな入り口に係りの人がいるので ミュージアムパスを見せて入場。

高所恐怖症なジャズ子ママなので もちろん上には行きませんよ。

ちょっと中を覗いてすぐに出るつもりです。

・・が、しかしっ!

うっかり中へ入ってしまうともうそこは 階段!!

後ろにはぞろぞろと観光客が一方通行で上へ上へと向かう人で押し寄せてくきます。(汗

こ、これは・・・! デジャブゥ~。 スペインはバルセロナのサグラダファミリア教会で陥った状況ではないかっ。 

狭い階段を上っていくしか道はありません。(汗汗

272段のらせん状の階段を上へ上へ・・・・(滝汗

上へ着いたら とりあえず へっぴり腰でパパの為に写真を。 

DSCN3863.jpg

こえぇ~よぉ~。(涙

DSCN3866.jpg

そして駆け足で降りていきました。

凱旋門は ナポレオン・ボナパルドにより 1806年に工事が始まりましたが、完成する1836年には彼は既に凱旋門を見ずして セントヘレナ島で幽閉されたまま死去しております。
しかし1840年彼の遺骸がフランスへ返還された際、この凱旋門をくぐることになるのでした。




その後は4人でシャンゼリゼ通りをお散歩です。

車屋さんが多かったのが印象的。

DSCN3874.jpg

そしてどの店舗も目を引く車を展示しとります。


DSCN3875.jpg

ヨーロッパ最大のキャバレー。

その他「世界一」と言われる店々の数々。 ブランド店の前では 「急げっ」 とパパに促され目隠しされて通り過ぎ。

徒歩でエッフェル塔まで向かいます。

DSCN3905.jpg

知人旦那さんは19年もかけて奥さんをエッフェル塔のてっぺんに連れて行くという計画を立てていたとのことで、それなら夢をかなえてやらねばねー、と一緒にやってきましたが パパは経験済みでママはもちろん 高所恐怖症なのでここで別行動です。 (今度こそはデジャブゥ~にならないぞっ)

DSCN3885.jpg

知人夫婦と別れてエッフェル塔の真下へ向かうと、とんでもない行列! そこの広場いっぱいに長蛇の列。 これは・・・3、4時間どころじゃないぞ・・・・・。 
でもまぁ、我々が並ぶわけではないので そのままスーパーにおやつを買いにルンルンで向かうのでした。


結局知人夫婦もあの列には圧倒され この日はあきらめ 翌日改めてエッフェル塔へ向かうことになります。

この日の夕飯。

PHOTOS1_20111231061130.jpg

既にお気に入りのパブを見つけて何度も通いました。

それにしても牛肉は美味いわぁ。 上の写真のやつは2人用です。





翌日。観光最終日となります。

DSCN3912.jpg

この日は 10年ほど前のイタリア旅行以来のお友達一家と偶然にもパリでの観光が重なっており 2年ぶりに会えることになっています。

うちらのホテルまで朝食後に迎えに来てもらい感動の再会を果たし ジャズ子パパとママと共に最初にマティスの美術館へ向かいましたが、改装のため閉館しておりましたので マルモッタン美術館へ向かいます。

(知人夫婦は早朝からエッフェル塔へと向かいました)

DSCN3915.jpg

日本をしばらく離れているので知りませんでしたが、何でも日本のテレビ放映がきっかけで人気急上昇の美術館だとか。

人気があって行きたい人が沢山いるのにまだまだ日本のツアー会社では取り扱っている所が少ないそうです。

それは必見ですねー。

RERを降りて 田園調布のようなお上品な街並みを通り 三角公園を抜けるとそこにある、ということでしたが途中何度も立ち止まり地図を確認。

その間、3人の通りすがりの方に 「どこへ行きたいの?」 と声をかけてもらい英語で丁寧に説明してもらいました。 

ニースでもそうでしたが パリでもホントに親切な人にばかり会います。

ようやく到着して 入場料を払い荷物は持ち込めないので預かってもらいます。

残念ながら写真撮影も禁止です。

このマルモッタン美術館、もともとは貴族が所有していた建物で 美術収集家であったポール・マルモッタンの邸宅を美術館にしたもの。

モネのコレクションに関してはこの美術館が最大で 印象派の絵画を中心に新古典美術品なども展示されています。

モネの絵は子供の頃近くの美術館で展示会があり見たことがありましたが、薄暗い部屋にロープで仕切られ、遠くからガラスで覆われたくら~い絵を見ただけ。

あれは何だったのだろう? ここではガラスの壁にかかっていて 外のお庭をバックに色鮮やかにディスプレイされている。

まるで絵が宙に浮いているよう。

monet26.jpg


1、2階 そして地下に展示されていますが 地下の展示場は必見です。

ここにはマティスの絵も数枚展示されていてラッキーでした。

ディスプレイ、空間の作り方はとても洗練されていて とても素敵な美術館でした。

しかし、ここにもアジアの某国人の団体様がいて どうやって持ち込んだのかデッカイ一眼レフのカメラを皆さん首からさげており、一生懸命に絵画の写真をしっかり枠にはまるように撮ってます。

すると、とある女性客が 「あなた、写真を撮っちゃいけないって知ってるんでしょっ? みんな写真撮りたいのを我慢してるのよっ! さっきも係りの人から注意されたでしょっ?」 と英語で注意されておりました。

そそくさと向こうへ行くおじさん。 そして 別の場所でも別の某国人の男性が注意されている。 しかしこの方たち、注意されてもめげません。 別の場所でまたパチリ・パチリやってます。

そしてジャズ子パパを探していると パチリやってる某国の人に人指し指を振って 「撮っちゃダメっ。」 と注意している関係者風のパパが目に飛び込んできました。 これはアメリカ人のサガでしょうか?


とても素敵な時間を共有させてもらったお友達と美術館を出て とあるカフェへと向かいます。

DSCN3920.jpg

La Gare


モネを始め 印象派の有名な画家たちで賑わったというカフェです。

外にあるメニューを見てみると、ものすごい値段・・・・・。 えーと、コーヒーだけでも・・・とも思いましたが しっかり「予約制」と書かれていたので 「あはははは」 と笑って道を渡り、近くのカフェへ入りました。

こちらは すっごいリーズナブルなお値段でものすごい混んでおりました。

お友達は この後はオペラ座の 「シャガールの天井画」 を見に行ってデパートでお買い物するのだとか。

是非ご一緒に、と言われ 喉から手が出るほど一緒に行きたかった私。

しかし、パパは足腰痛めているのに弱音も吐かずに沢山歩いてもらってるし、すぐに知人夫婦と合流する予定。

何度も 「パパ、一人で帰って」 と言いたいのをぐっとこらえ、駅でお別れしました。(涙

ニースではシャガールの美術館へ結局行けなかったし。(涙

電車の中でも 「シャガールの天井画」 が頭の中をぐるぐるぐるぐると駆け巡り、唯一楽しみだったお買い物も果たせていなかったので 「デパート」が耳でこだまする。

よし、今度は またひとりで パパと二人でパリに戻ってくるぞっ!

と自分に誓っていさぎよくあきらめることにしました。


そしていつものパブでパリ最後の夕食。

PHOTOS2.jpg

帰り道のスーパーの前を通り過ぎると、

こんな光景が


12-29-2011 2-59-13 PM

4匹のマルチーズと大きなワンコ。 ママにちゃんとここでおとなしくしているように言われています。


12-29-2011 3-04-12 PM

そのうちの1匹はまだ世間慣れしていないパピーのようですねー。 固まってます。



12-29-2011 3-04-12 PM


そのうち 1匹ずつ少しずつ動き出してきました。 ママが気になるようです。


12-29-2011 3-02-02 PM

おとなしく待つようにまた言われて 同じ位置に戻って辛抱強く待ってました。 

かわいい~。



これで

おフランス16日間の旅を終えることができました。

帰国するため シャルルドゴール空港で果たせなったお買い物をするべくユーロをヒッシと握りしめ向かうママ。

到着してびっくり。 あのキンキラキンのブランド街のあった空港がないっ! 昔何度か利用したことがあり、すごく楽しみにしていたのに、オンボロの空港が私たちを待っていました。

ターミナルが違うのか? そういえば、老巧化で改装していると数年前に聞いたことが・・・・・?

しかもセキュリティーを通って目的のゲートへ向かうのに階段を上ってから 向こう側へ降りなけでばならない。 エレベーターもエスカレータもなければ 障害者用の特別路もない。

ある大柄の車イスの女性が一人の女性とやってきて階段の前で途方に暮れている。 そのうち係りの人を呼んできましたが、どうやら 自力で上るように言われたようで 車イスの女性は ガクガクと震えながらイスから降りて上ろうとしますが 膝をついて動けなくなってしまいました。

それを見たジャズ子パパ、寝ていた知人男性を起こして 二人で女性をイスに戻し そのイスを持ち上げて階段を上り始めました。

「あ~・・・パパ足腰痛めてるのに・・・」と思いましたが、それを見た3人ほどの別の男性が援助に来てくれ、無事に上まで担いでいくことができました。

それにしても いかんぞ、シャルルドゴール空港。

アメリカと比べてハンディキャップに優しくないとは知っていましたが、それはいかんだろう。

他の方たちはどうしているのやら。

早く改善してもらいたいものです。




と、長く続いたおフランス旅行記、いかがでしたでしょうか?

そうです、これで終わりですよ。(笑

長々とお付き合いくださいましてありがとうございました。

お陰様で年を越さずに 無理矢理 終えることができました。(爆

次回からはまたジャズ子満載のいつものアホアホブログに戻らさせていただきます。

それでは皆さん、よいお年をお迎えくださいねー。

ついでにポチポチ応援してってもらうと嬉しいです。


br2.gif


関連記事
 
Trackback(0) Comment(16) 
Category:旅行  Genre:海外情報  Theme:ヨーロッパ 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

2012

旅行記とっても楽しく読ませてもらいました。
パリは夢を与えてくれますね。
大晦日そちらでも花火はあるのかな。
寒い中では辛いでしょうが、
一度は暖かい南半球のお正月は如何ですか。

良いお年をお迎え下さい。

NAME:takechan0312 | 2011.12.31(土) 13:50 | URL | [Edit]

 

No title

友人と初めての海外旅行でフランスに行きました。こんなおいしそうなお料理には縁がありませんでした(;_;)
友人がヴィトンのお店に行ってる間、
興味のなかった私は一人でルーブルに行きミロのヴィーナスとモナリザだけみて
その辺にいた人にジェスチャーでシャッターを押してくれと頼み自分の写真を撮ってもらったのを
思いだしました。
その頃は今よりもっとへなちょこ英語で、というか英語ですらなかったと思いますがしかも
フランスでよくやったもんだと我ながら感心します・・・・・って何の話しちゃってるんでしょうか(笑)

いつも可愛いジャズ子ちゃんに癒され、素敵な映像も沢山。楽しいお話をありがとうございます。
2012年が更に素敵な年になりますように。良いお年をお迎えください。


NAME:ゆなみ | 2011.12.31(土) 14:11 | URL | [Edit]

 

No title

おフランスの旅、楽しかったです♪ニケは圧巻ですよね。私は小さなレプリカ買ってきましたー。一番のお気に入りです。ニケはNikeなんですよね。英語でVictoryでしたでしょうか。。。
2012年はKeikoさん、ジャズ子ちゃん、パパさんにとってすばらしい年になりますように。Happy New Yearです!

NAME:ミキ | 2011.12.31(土) 14:44 | URL | [Edit]

 

No title

KEIKOさん
あけましておめでとうございます。(もう明けた??)
ご苦労様でした!!
14年くらいとうわたしのヨーロッパ滞在に行った旅行より、、たくさん見ています。
わたし、、14年間、、旅行はほとんど、主人の実家です(笑)

ジャスコ系マルチーズもたくさん出てきて、黒いわんこが目だっていましたが、
いくらわんこだって、気になりますよね。ジャズコを思った一瞬だったのでないでしょうか?

今年もどうぞよろしくお願いします。
雪たくさん??シドニーはやっと、夏らしくなってきました。

NAME:ami | 2012.01.01(日) 19:15 | URL | [Edit]

 

No title

今年も宜しくお願いします。

ヨーロッパとか日本はハンディキャップに優しくないですが、
やっぱり土地が狭いからなのでは?(場所がない)と思わずにはいられません。
昔、私も長らく車いすの生活をしていたのですが、和歌山に至っては歩道がない、
道行く人も身障者は家から出るな、という邪魔扱いでした。
ソレに比べてミネソタは、、無駄に歩道なんかも広いですし、

↓私がいつも行くアルディというスーパーは食パン1ローフ88セントです(爆)。
良く買いますが、普通に美味しいです(あははは)。

NAME:母兵衛 | 2012.01.02(月) 05:25 | URL | [Edit]

 

No title

お正月の暇な時にだらっと読ませていただきました~。

しかし、毎回、毎回の食事が半端なくおいしそうで、おいしそうで、お腹すいてる時はやばいですよ。やっぱりパリは食の文化も拘りがあっておいしいのか、ジャズ子家がおいしい場所を探し当てたのか、パリに行く機会があれば是非詳しくお店の名前も教えていただきたいです。

フランス2週間の旅は密度が濃いですねー。フロリダで2週間はビーチだけで、ネタ無いですもん(笑)

NAME:Ace | 2012.01.02(月) 07:29 | URL | [Edit]

 

明けましておめでとう~♪

はい~暇な時に読ませてもらいました~(笑)
いつも~美味しい料理の写真なので~!
満腹の時に見ないと・・(笑)
結構フランスには、マルチーズが居ますね~♪
最後のマル家族可愛いですね~☆

NAME:パールどん | 2012.01.02(月) 21:31 | URL | [Edit]

 

あけましておめでとうございます

年末に、圧巻のフランス旅行記でしたね~!いやあ、この楽しい旅行記を拝読しながら、大変な一年だったな~、と思いつつ「いつかワタシも!』と、元気になってきました。

とくに美味しそうな料理の数々、KEIKOさんの目ききはたいしたものです!これからもずーっと楽しみにしていますね。

あらためまして、今年も宜しくお願い申し上げます!

NAME:Kay | 2012.01.03(火) 02:02 | URL | [Edit]

 

takechan0312 さん

明けましておめでとうございます!
こちらで花火の上がるころはもうすっかり夢の中でした(笑
暖かいオーストラリアのお正月ってのも興味ありますねぇ。
今年もTakechanさんにとって良い年でありますように。

NAME:KEIKO | 2012.01.04(水) 00:57 | URL | [Edit]

 

ゆなみ さん

明けましておめでとうございます!
ゆなみさんのフランスでの武勇伝も楽しそうで聞いてみたいです~。
うちでは質素な食べ物なので 旅に出た時くらいは、と思い切ってご馳走食べましたよ。 お陰で今も家計は火の車です。(汗

ジャズ子を応援してくれてありがとうございます。
今年もゆなみさんにとって素敵な年でありますように。

NAME:KEIKO | 2012.01.04(水) 01:00 | URL | [Edit]

 

ミキ さん

明けましておめでとうございます!
ニケのレプリカ買ってきたんですかっ? お土産覗かなかったので残念。 そうそう、ナイキのネーミングはそれが元になってると聞きました。 とても素敵な美術品です。

今年もミキさん一家にとって楽しく素敵な年でありますように!

NAME:KEIKO | 2012.01.04(水) 01:03 | URL | [Edit]

 

ami さん

明けましておめでとうございます!
14年もヨーロッパ生活だなんて羨ましい。 旦那さんはヨーロッパの方なんですね? 「ヨーロッパの実家」 に里帰りなんて言うとすご~くいい響きです。

おフランスではジャズ子も一緒だったらなーとか考えましたが 今回は信用できるお友達に見てもらっていたのでとても安心で快適な旅となりました。

こちらこそ今年もどーぞよろしく。
今年もamiさんにとって素晴らしい年でありますように!

NAME:KEIKO | 2012.01.04(水) 01:06 | URL | [Edit]

 

母兵衛 さん

明けましておめでとうございます!
母兵衛さんって車いすの生活もなさってたんですかっ? いろいろと経験されてますねぇ。
ほんと、アメリカはハンディキャップにとても優しいですよねー。 こればかりは世界一かとほめたいです。 なので車いすだからとひきこもる人も少ないし。

食パン88セント、にすっごい受けました! 質素っちゃぁ 質素ですね。(爆

今年は母兵衛さんにとって良い年でありますように!

NAME:KEIKO | 2012.01.04(水) 01:10 | URL | [Edit]

 

Ace さん

明けましておめでとうございます!

私もこの写真見てるとお腹すいてきます(爆 
帰ってきてからは質素なもんです。
パリはどこへ行っても美味しいと聞きましたよ。 途中とってもお手頃お値段のカフェで食べましたが、そこは大衆食堂の味、といったような値段にあったお味でしたがサービスも良く悪くありませんでした。
パリに行く際には是非 ご一報くださいねー。

フロリダ2週間も良さそうじゃないですかー。 私はな~んにもしない2週間ってのが好きですね。 フロリダも行きたいのですが 会いたくない親戚がいるので鬼門なんですよー。(涙
近くまで行って会わないわけにもいかないし。

ではAceさんにとっても今年も素敵な年でありますように!

NAME:KEIKO | 2012.01.04(水) 01:15 | URL | [Edit]

 

パールどん さん

明けましておめでとうございます!

いつもジャズ子を応援してくれてありがとうございます。
マル友としてうちもパールどんが大好きです。
おフランスではマルチーズよく見かけて楽しかったですよ。

パールどんも今年もお散歩頑張ってくださいね。
そして今年もパールどん一家にとって良い年でありますように!

NAME:KEIKO | 2012.01.04(水) 01:18 | URL | [Edit]

 

Kay さん

明けましておめでとうございます!

長い旅行記にお付き合いくださいましてありがとうございます。
昨年は日本の災害を始め激動な1年でしたね。
でもKayさんちはキャメロンちゃんも来てこれまた激動でしたね!(爆
今年も楽しくなりそうな予感ですね。

そして今年もKayさん一家にとって素晴らしい年になりますように!

NAME:KEIKO | 2012.01.04(水) 01:20 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 すぷる~すの庭, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。