dj_top

良かったらポチポチ応援押してってね! br2.gif

「すぷる~すの庭」 はトリップアドバイザーから お勧めのブログとして認定されました!

KEIKO

Author:KEIKO
ジャズミン (マルチーズ)♀
通称:ジャズ子
出身:コロラド 
趣味:ママを1日中見つめたい
好物:りんご
役職:会社の副社長
特技:寝たふり
その他:体内時計あり
(5時半、12時、17時にセットされているので知らせてくれる。
リセット不可能)

未分類 (12)
旅行 (59)
グルメ (77)
音楽 (5)
健康 (20)
グッズ (11)
アメリカの温泉 (18)
手作り酵素 (5)
ジャズミン (74)
家族 (110)
アメリカ世間話し (142)
手作り石けん (11)
日本 (6)
うちごはん (21)
外食 (8)
催し物 (1)
コロラド散策 (6)
友達 (2)
ローライフ (0)
スローライフ (8)

このブログをリンクに追加する


蓮のかほりの日々

おいしい世界  ー From America

この人とブロともになる

本 「手作り酵素」

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

コロラド ・ 食いしん坊夫婦+犬1匹の生活
http://sprucenoniwa.blog106.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.12.17(Sat) 08:59
ジャズ子のお誕生日にあたたかいコメントをいただきありがとうございました。

4歳のジャズ子もどーぞよろしく。

さて、(老人中心の)クリスマスパーティなどなどがてんこ盛りとなり ブログ更新もなかなか進んでおりませんが ようやく旅行記の パリ編です。


DSCN3508.jpg

ニースからTGVで6時間の列車の旅。 パリのリヨン駅に到着。

ここからはバタバタと電車に乗って (確かRERのC線に乗って) メトロの8番線で エコール・ミリテールまで向かいます。

DSCN3509_20111220073208.jpg

すんまそん、パリは寒いと聞いていたので 重ね着してたのですが うだるような蒸し暑さで意識がモウロウとしててよく覚えてないんです。(汗

ここはやはり都会。 沢山の人とあれよあれよとすれ違いますので こういう所はスリに注意ですよ。

週末だったこともあり日本のラッシュアワーのようなギュウギュウで押し合いへし合いということはありませんが、乗り継ぎの時には4人が乗り込むのは無理もあり 見逃して次の電車に乗りました。

その電車に乗車中、

嬉しそうにヘラヘラしている フォンデューのジャズ子パパの背後に二人組と思われる濃い顔の男が寄ってきました。

私は向い合せていたので見ていると、一人がパパの (ズボンからシャツからベストまで数えきれないほどの) ポケット (ビスケットがでてくるのかっ?) を逐一チェックしながら隣の男になにやら訳の分からない言葉で話していました。

見た目もオサレなパリジャンとは明らかに違います。

これは危険信号です。 その時に躊躇してはなりません。

「パパっ。 ポケットに気を付けて!」

と わざとそいつらに聞こえるくらい大声で注意。

そのポケットをチェックしているやつが 私をじ~っと見るので 私も 「きっ」 と睨み返して絶対に目をそらしませんでした。

こういう時、人をそういう風に見ちゃいけない日本人癖が出がちの私も 「これでもかっ!」 と睨み返します。

私のイメージでは目から光線が出て敵をやっつけているつもり。

それでも私が目をそらすんじゃないかと 見続けるのを 汗ダラダラになりながらも 睨み返すママ。

瞬きもしないようにしてたので 目が充血です。

私がそいつらを睨み付けているのを知ってはいたものの、そこまで真剣にとらえていないパパは 「大丈夫、大丈夫」 とヘラヘラしてます。

なので私はさらに

「後ろでポケットチェックしてるやつらがいるから気を付けて!」

とそいつらを睨んだまま大声でパパに注意。

そのうち次の駅で停まったときに そいつはもう一人に 「出ようぜ」 みたいな仕草をして降りていきました。

「どっは~!」 とため息と共に緊張感が抜け、どこからともなくロッキーのテーマソングが聞こえてきて勝利に酔うママなのでした。



「まったくママは心配性だな~」 とのたまうパパに 数年前のママの経験を話して聞かせてやりました。






ピロロロ~ン。 (← 記憶がさかのぼる効果音)

イタリアの旅バスツアーに一人で参加した私が最終の観光地のローマでの自由観光の時に起きた事件です。

既に参加されたほとんどの方々と仲良くなっており、ローマでは2人連れのおばさまから 「どこをまわればいいのか見当もつかないので 一緒について来てもいいですか?」 と言われ、あちこちの広場を歩きで見て回る予定ですが それでもよかったらぜひご一緒にどうぞ、と一緒に歩いていたのですが、そのうちのお一人の方のカバンの持ち方がどうも私は気に入らない。

「すみませんが、カバンは肘にかけて歩かないで肩からかけて腕でカバンの口を押えて歩いてもらえませんか?」 とおせっかい根性がついつい出てしまいました。

トレビの泉辺りでは人とぶつかるほどの混み具合で この旅行の出だしから 「とにかく人込みでは注意して、特にジプシーに狙われないように」 と何度も何度も念を押されていたし、このおばさまのハンドバッグが肘からブラブラとしているのを見ると 「あ~、危ないっ」 と思ってしまうんですね。

歩きながら何度も何度も私が注意するので その方はとうとう明らかに気を悪くしてしまいました。
その方に同行されていた Nさんも私たちに気を使う始末。

トレビの泉に戻って そこから近くでタクシーを拾ってホテルに帰ることになっていたので 気を悪くしたままのその方を振り返ると 疲れたのかボーっと立っていました。 しかしその背後に怪しい男が立っていたので 「あれっ?」 と思っていると その男と目が合ってしまい、しかも目をそらさないので 反射的に私の方が目をそらしてしまいました。

私とその方と Nさんと3人でタクシーに乗り込むと その方が 「私がタクシー代をもつから心配しないで」 と親切におっしゃってもらったのですが、ホテルまじかになった頃、 その方が

「わぁ~っ!」

とカバンをかき回しながら大慌て。  どうした? どうした? と聞くと、

「財布と貴重品がない~っ!」

と泣きそうになってるじゃないっすかっ。

とりあえずホテルに着いて コンダクターさんが見つからないので フロントと部屋に置手紙を残して部屋に帰ると、Nさんが泣きながらやってきました。

その方のなくした物、ユーロの入ったお財布・封筒に入れてあった日本円 十数万円、そして・・・・パスポート。

この日は最後の観光で翌日のお昼にはシャルルドゴール空港から日本へ出発する予定です。


Nさんは 「私がこの旅に誘ったばかりに・・・」 と罪悪感で泣きだすので、その方のお部屋に二人で行って励ましていると 手紙を見たコンダクターが慌ててやってきました。

もう夜でしたがとりあえず大使館に連絡して事情を説明して 翌日朝一に手続してもらうことになりましたが、飛行機の時間に間に合うかは保証できないとのこと。 もし間に合わなかったら チケットを取り直して一人でイタリアに滞在しないといけないのと、その間の通訳やら手続等をお願いする人を探さなければならない、と言われ パニック状態です。 クレジットカードもなければ現金もないので どうしようー、と泣いてるので 私の所持金を貸してあげました。

翌日、フォンデューのジャズ子パパよろしく 何と飛行機の時間にギリギリ間に合いました!
その方が現れた時には もう家族のようになっていたツアー客全員で拍手です。(爆

実はこの最終日のローマでは その方だけではなく ツアー客の1/3にあたる方々が何らかの被害に遭われました。

所持品をスラれた方たちが何人かいましたが、パスポートはやっぱきっついすね。

しかし、そのツアーでとても仲良くしていただいた Kさん一家。 この方たち、フォロロマーノまで行った夜の帰り道、路地で暴漢に追いかけられる! という怖い経験をなさいました。

私もそのお話を聞いて ヒョエ~ と血の気が引きましたわ。

コンダクターと飛行機の中で話しをしていて、「大体怪しいやつは すっと近づいて来て隙を見てカバンに手を突っ込んだりする。目が合うと相手が目をそらすのを待つので 絶対に目をそらさない事。 」 と言われました。

その時にあの背後の怪しいやつのことを思い出しました。


しかしそれが縁で Kさんとはよくメールでやり取りが続き、2年前には 何と! Kさんと あのNさんが二人でコロラドまで会いに来てくれたんですぅ~。(涙

友達もなく 日本からも遠いのでだ~れも来ないんだ、と言う私をかわいそうに思って飛行機を乗り継いで お土産山ほど持ってきてくれました。

そのお土産で おままごとしてみた記事は ⇒ コチラ
こんな素敵な方たちに出会えてとても幸せなジャズ子ママです。




・・・・とまぁ、私の経験談をパパに話して聞かせて改めて緊張感を持つよう、特にパパはフォンデューだからねっ、と念を押しときました。


さて、ニースとは違ってパリでは典型的な観光地を回るだけ、そして独特の旅のスタイルを持っている私は 今回はアメリカ人3人に付いてきただけ、という思い入れも何もない旅になるのですが、実は一つだけ楽しみにしていたことが。

実はお互いにチケットを取るまで知らなかったのですが、何と! あの Kさん一家とパリで再会できることになってたんです。

もうこれだけが楽しみでテンション上がっちゃいまして。



そしてパリの旅行記は次回に続きます。





ってオイ!

まだ全然始まってなかったよっ。

イタリアの回顧録になっとるやん。

う~ん・・・・ これに懲りずにまた見に来てね。


br2.gif

関連記事
 
Trackback(0) Comment(8) 
Category:旅行  Genre:海外情報  Theme:ヨーロッパ 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

んまっ!

姐さん、フランス旅行記、終わったんじゃなかったんすか?
しかもこんな濃い話、保存してたんですね。
あまりに濃いお話で半分熟成発酵してますがなー、
フランスに長くいすぎましたね、ぎゃは!
視線はそらせないように、でもまばたきはしてもいいですよ、
ってコンダクターの方は一声添えてたらよかったですのに(^m^)

でもヨーロッパってそんなにすりが多いんですかー?
確かに日本人やアメリカ人の海外旅行に出られる方々って
ピリピリしている感じの方々は少ないですものね、
格好の餌食になりそう(汗)
 
それにしてもKEIKO姐さんの人徳はそんな昔から際立ってたんですね。
ますますKEIKO姐にまとわりついてしまいそう(^m^*)
ジャズ子パパも姐さんといる限り本人は心配する必要なさそう・・・・笑

NAME:Hanako | 2011.12.20(火) 10:57 | URL | [Edit]

 

No title

ミネソタやコロラドで住んでいると、
◎◎は寒いから、、というのを鵜呑みにしてはいけないと思います(笑)
大抵どこへいっても暑い(爆)。
去年の冬にアラスカへ狩りに行った知り合いが、
「えろかわらん寒さやったわ」と言ってました。笑えました。
ヨーロッパはスリが多いですねぇ。そしてかなりのスキルですし。
それよりも、こういってはなんですが、
私でもスれるわ、、と思うような無防備でお金持ってそうな観光客が多いですし。
餌食になりそうな人てなんか雰囲気といいますか、ニオイがあるようにも感じるんですが、、(やられるひとは何度も被害にあっているのを聞きますし)。
つづき楽しみです。

NAME:母兵衛 | 2011.12.21(水) 11:46 | URL | [Edit]

 

No title

ジャズ子ちゃんの、誕生祝の言葉が遅れてしまい、スマンです。

おメットさんでした。 ジャズこちゃんに、宜しゅうです。

何しろ風邪が悪化してしまい、覗きはしたのですが、ブログで小生の風邪を移してはいけないと思い(実際はPCいじる気力も失せていた)、やっと活力の出てきた今日に成ってしまいました。

旅先での「すり」話し、小生にも有ります。
マレーシア・クアラルンプールの「伊勢丹」で買い物に、エスカレーターを登っているとき、家のお母ちゃんが小生の後ろに乗っていて、上の階の登りきった時(小生は既にエスカレーターから降りていた)、お母ちゃんの直ぐ後ろに乗っていた、インド系の人物が、お母ちゃんにぶつかってきて、後で気付いたら、バッグが空いていて財布が無くなっていたんです。
ヤラレちまったんです。
小生がお母ちゃん密着してらば防げただろうに、エスカレーターでのこういう「スり」は多いので、要注意ですね。

DEN

NAME:DEN | 2011.12.21(水) 17:17 | URL | [Edit]

 

Hanako さん

ほほほっ。 ニース編は終了しましたが パリ編があるんですよぉ。
あ、でも書くことはそんなにないので サクッといきますから また見てね。
おフランスの2週間はちょっと長かったかもですねー。 休みがないほど仕事と私生活に追われる生活から どっぽん、と違う世界にいきなり入った感じで いまだにおフランスがすぐそこにあるような変な感じです。 でも食べ物が違うので ここはコロラドだな、と気づかされます。(笑
どんだけボケとるんか? と言われてもしょうがないです。

ヨーロッパのスリは半端ないっすからね。 犯罪大国アメリカでもそこまで神経尖らさないですよね。 その代りアメリカのように危害が加わることが少ないのが救いですが。
知人が フランスの街角でフェスティバルがあり、その人だかりをちょっと離れたビルの壁にもたれて見ていると、スリが次から次へと人だかりから財布をスッているのを見物できる、と言うてました。

ちょっとジャズ子パパも私の仁徳に早く気付いて ちゃんと真剣に言うこと聞いて欲しいです。 旅行先で彼の驚き体験談はまだあるんですよぉ~。 これは小出しにしなければねっ。


NAME:KEIKO | 2011.12.22(木) 01:45 | URL | [Edit]

 

母兵衛 さん

そう! そうなんです! うちらのような居住地区の住人だと 「◎◎は寒いから」 を鵜呑みにしてはなりません! (爆
ホント、大抵どこへ行っても暑いですよねー。 でもデンバーは比較的あったかいんですよ。
パリにはヘビーなダウンのロングコートを持っていこうか悩んでましたが 持ってかなくて良かったです。

確かにスリにやられた方、何度もコンダクターから 説明されてた方法でやられました。 ジプシーが赤ちゃんを連れてきて 「かわいいでしょ?」 と言わんばかりにすり寄ってきて注目をひいてる間に 別のやつがスるというのも 何度も何度も聞いてるのに その方法で 最新のビデオカメラ取られてる方もおりましたわ。

続きもお楽しみに~!

NAME:KEIKO | 2011.12.22(木) 01:53 | URL | [Edit]

 

DEN さん

ジャズ子への暖かいコメントありがとうございます!

風邪大丈夫ですか? 無理をせずにゆっくり休んでくださいね。

DENさんちもやられましたかっ? でもさすがマレーシア、ヨーロッパとはちょっと違いますね。 エスカレーターでっていうのは初めて聞きました。

でも同行していたDENさんや 私の方がほんっとに悔しいですよね! 

NAME:KEIKO | 2011.12.22(木) 01:56 | URL | [Edit]

 

メリークリスマス~☆

まだ~イブ・イブかな?
旅行記のパリ編が始まりましたが・・
脱線して~イタリア旅行の話になってますね~(笑)
ヨーロッパは、そんなにスリが多いのですか!

NAME:パールどん | 2011.12.24(土) 18:20 | URL | [Edit]

 

パールどん さん

遅ればせながらメリークリスマス!
パールどん一家はどんなクリスマスでしたか?
ヨーロッパはスリが多いですよー。 旅行の際は気を付けてくださいね!

NAME:KEIKO | 2011.12.27(火) 07:23 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 すぷる~すの庭, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。