dj_top

良かったらポチポチ応援押してってね! br2.gif

「すぷる~すの庭」 はトリップアドバイザーから お勧めのブログとして認定されました!

KEIKO

Author:KEIKO
ジャズミン (マルチーズ)♀
通称:ジャズ子
出身:コロラド 
趣味:ママを1日中見つめたい
好物:りんご
役職:会社の副社長
特技:寝たふり
その他:体内時計あり
(5時半、12時、17時にセットされているので知らせてくれる。
リセット不可能)

未分類 (12)
旅行 (59)
グルメ (77)
音楽 (5)
健康 (20)
グッズ (11)
アメリカの温泉 (18)
手作り酵素 (5)
ジャズミン (74)
家族 (110)
アメリカ世間話し (142)
手作り石けん (11)
日本 (6)
うちごはん (21)
外食 (8)
催し物 (1)
コロラド散策 (6)
友達 (2)
ローライフ (0)
スローライフ (8)

このブログをリンクに追加する


蓮のかほりの日々

おいしい世界  ー From America

この人とブロともになる

本 「手作り酵素」

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

コロラド ・ 食いしん坊夫婦+犬1匹の生活
http://sprucenoniwa.blog106.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.11.22(Tue) 07:45
どうにかこうにか予定通りにデンバーを出発し乗継でヒースロー空港へ、そしてニースに到着。

空港で予約してあったレンタカーを引き取るべくカウンターへ行くが 無人で ターミナル2まで来い と看板が出ている。

無料のシャトルバスがあるので出口を出てすぐこれに乗り、10分程で到着。

そこのカウンターへ行くとそこも無人で 駐車場へ向かって来い と看板が。(爆

外へ出て立体駐車場へ向かうと建物の中にオフィスがあってちゃんと有人でした。

手続きを済ませ駐車場へ向かい車を見つけてそのまま予約したホテルへ向かう。

ヨーロッパのレンタカーはマニュアルが主流とのことで 今回お借りしたのはアウディの5ドアの小さいやつ。 

コロラドでは大きい車ばかりなので これは見た目は小さかったのですが中は広く乗り心地はとてもよかった。



アメリカと同じく右走行なので問題はないが とにかく道が狭いのに異常な速さのスピードに度肝を抜く。

自家用車に使っているヨーロッパ対応のGPSを持ってきているのでこれだけが頼り。

運転手は知人旦那さん。 レーサーのような運転技術に ゲロを吐きそうに 感動。

あっという間にホテルへ到着。

ホストファミリーが探してくれた小洒落たビジネスホテル風で便利でした。

20.jpg


ジートは埋まっているので 2日間このホテルで休んでから移動です。

夜7時ごろにファミリーのお父さん (パピー)がお迎えに来ました。 パピーの車の跡を追ってファミリーの家へ向かう。

ここら辺の家々は山の斜面に建てられていて 段々ではあるがちゃんと手入れされたお庭もある。

しかし道は非常に狭く車2台がかろうじて通れる広さでくねくねと曲がっている。 これを50メーターから100メーターほどの間隔で スイッチバックしながら頂上へ向かい、降りてはまた昇るの繰り返し。 しかも制限速度は70キロ ~ 90キロ。(爆

これにはレーサー知人旦那も俄然ドライブに力が入ります。

うちらは取っ手につかまってとにかく頭を打たないように、そして曲がるたびにウエストのクビレができるのではっ?と期待するほどの急カーブ。



15分ほどでファミリー宅到着。 現在はマミーとパピーだけ在宅。

再開を祝して (ジャズ子家は初対面ですが) パスティースという食前酒で乾杯。 これはお水で割って飲むアルコールです。

30]

寿司かいっ? と思ったらあーた、クリームチーズにハーブ等あれこれとトッピングされたおつまみ。

激ウマっ!


40]

そして何と呼ぶのか思い出せないのですが、あのアイスクリームのコーンの部分、(モナカですか?) あれにこれまたクリームチーズが入っているボール。

激・激ウマっ!

これらは後にスーパーで探してゲットすることができました。



ファミリーは英語が堪能で 思い出せない単語はすぐに大きな辞典をひく、ジャズ子パパは日本人が学校で習ってる英語でどうにかアメリカ人とコミュニケーションが取れるくらいのフランス語レベル、知人旦那は1年間みっちり勉強して伝えたいことだけは言えるが返ってくるフランス語には対応できないレベル。 ジャズ子ママ & 知人奥様はお話にならないレベル、というかお話できないレベルですね。
自慢じゃありませんがどのヨーロッパでも堂々と英語で話して困ったことないので挨拶以外は 覚えられないので 英語です。(笑

下手に知っているその国の言葉を使うと マシンガントークのごとくその国の言葉で返ってくるので あわわわわ~となること間違いなしっ。 それはそれで楽しいですが緊急時には油汗もんになるので注意。



さて、しばらくワイワイやってから では食卓へどーぞ、と座らされると、 

(早送りで行きます)

50.jpg

60.jpg

70.jpg

80]

90]

100]

ごちそうさま・・・・。(*^¬^*)

バゲットとチーズ以外はすべてマミーの手作りフルコース。

パンはどこんちも 近所のブランジュリーと呼ばれるパン屋さんで朝買ってきて食べるそうで。

これはカフェやレストランでもよく見かけましたが お店の人がパンがなくなると お向かいのブランジュリーで買って戻ってきます。

中もっちもちで ママ好みの大きな穴だらけ、そして外パリパリで もうこれだけでごちそう。


食材はどれも新鮮で特にサラダは格別うまい。

どの家にもオリーブの木が沢山あり、ここんちもそれで自家製オリーブオイルを作るらしい。

アメリカだと何かのスパイスが利いていて 塩気であったり ガーリックであったり 何かしらパンチが利いている味付けなのだが、ここの料理はすべてのスパイスがうまくブレンドされており どれも自己主張のない それでいてコクのある美味しい味付けになっている。

サラダは路上マーケットで午前中に買い、それに極上の自家製オリーブオイルを使ったドレッシングでとてもシンプルであるが 口へ運ぶ手が止まらぬうまさである。

そして軽くテーブルマナー等も教えてくれるお世話好きなパピーとマミー。

お魚はナイフは使わずに お魚用のスクーパーで上身を外して食べる。

マナーと言うわけではないのだが、ここではパンはお皿の上には乗っけないそうだ。 お皿横のテーブルの上に置いて料理の合間にちぎって食べる。

あらかじめ地元の料理に興味があると伝えていたからか、出されるワインもプロバンスのものばかりでどれも美味しい。 美味しいワインと楽しい会話にジャズコパパもかなりリラックスしてきて 何かと笑いのネタされがちになってきた。

パピーとマミーもクスクス笑いながら 「ジャズ子パパはちょっとフォンデューっぽいね」 とか言うので、 え? チーズフォンデュー? 美味しいよね? とか言ってると、こちらでは ちょっとおかしいとか、おまぬけっぽいとか、そういう人をフォンデューと呼ぶのだと教えてくれた。

いろんなニュアンスで説明してくれたのだが、結局 「天然ちゃん」 ということなのだろう、と納得の3人で爆笑。

その後旅の終わりまで毎日 「フォンデュー」 呼ばわりされることになるパパなのであった。


この夕食は 4時間 で終え、12時前にようやくおいとましてホテルへと戻ることになった。

飛行機の中で寝るつもりがずーっと映画を観てたので寝てないし、到着してからこの夕食に招かれ すかっり疲労困憊。



この日コロラドのジャズ子宅にお留守番している Rちゃんにテキスト (アメリカの携帯間のメール) を送ると、

「ジャズミンはパパとママが出かけてとても寂しそう。 夜も一人で寝てました。 慣れてくれるのには時間がかかりそうです」

と返事が。

やっぱり人見知りのジャズ子。 心配してたとおり落ち込んでるんだな。

でも 人見知りで頑固なジャズ子を任せられるのは 




あの 


th_ceasarandhisdog[1]


シーザー・ミラン か この Rちゃん しかいないと 決めていたジャズ子一家。

シーザーはさすがにお支払できるお金がないので (; ̄ー ̄A  Rちゃんにお願いしたところ 快く飛行機でやってきてくれた。


どんな問題ワンコでもこの Rちゃんにかかるとイチコロ。

しかしそんなジャズ子もやっぱり難しいのねぇ・・・・ と思っていると翌日に


「ジャズミンにはすっかり驚かせられました。 昨日とはうって変って私の言うことを何でも聞いて、触るのも抱っこするのもOKよ。 ぴったりとくっついてすごくおりこうさん」

とテキストが来た!


そして添付された写真には すっかりリラックスしてなでなでされてるジャズ子の姿がっ。

その後毎日連絡してみると やはり日に日になついてきて すごくお利口さんなんだとか。 夜も一緒に寝てるのだと聞いて驚愕。

パパも首を横に振って 「信じられない」 とびっくり。

もうすぐ4歳になるというのに 社会性が低いジャズ子は 毎日会う職場の人や親戚にも抱っこさせないどころか 触らせもしない。 パパとママ以外に抱っこできるのは 2人だけという状態でしかも抱っこも30秒が限度。

やはり Rちゃんマジック。 

今回の旅はジャズ子がうちに来て以来 初めてジャズ子の心配をせずに楽しめた初めての旅となったのでした。



さて、次回は コートダジュールの魅力を綴りますのでお楽しみに!

良かったらポチポチ応援してってねー。

  ↓

br2.gif


関連記事
 
Trackback(0) Comment(2) 
Category:旅行  Genre:海外情報  Theme:ヨーロッパ 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Comment
 

No title

そうそう、ずーーーーーーーーーーーっと前にパリに行った時、パンうめーーーーーーーーーーっ!!と思いました。何でしょうね、どこで食べても美味かったの思い出します。

で、なんですか?!あのアイルクリームのコーンの部分(笑)に包まれたチーズちゃんウマそげですね。うちにもほすぃ~~~。
ちなみに、オットくんもパンはテーブルの上に置く派です。んで、それって、なんかさー、汚らしいよね??お皿におかなかな??と思っていたワタシは間違いだったのですね(汗)でも、パンのことはオットくんにはナイショにしておきます。
ママンの家庭料理なんて旅行じゃ食べられませんぜ!!羨ましい限りでございますョ。

ジャズ子ちゃんもRちゃんにあっという間に慣れてそれは、ちょっぴり寂しいかもだけど、ヨシですよ、ヨシ!

ps.フォンデューパパのファンでーす!笑

NAME:wocean | 2011.11.23(水) 07:12 | URL | [Edit]

 

w

パン、うますぎですよね~! もう止まらなかったっす。
あのチーズちゃんたちは激ウマでした。 スーパーで買いだめですよ! 今から思えばお土産で買ってくりゃぁよかったんですよねー。 
夫君はおフランス系ですか? パンはテーブルの上。 これだとうちのテーブルいつもきれいにしてなきゃ、ということになります。 あ、別にいつも汚いというわけではないんですよー。 でもたまにほこりとかねぇ・・・

あの料理は旅行でだけでなく なかなか食べられませんよー。 見た目シンプルですがほんっとにうまかったです。 ダイエットなんて言ってられません。 完食でした。

フォンデューのパパはその後もやらかしますよー。

NAME:KEIKO | 2011.11.24(木) 04:32 | URL | [Edit]

 

 Secret?

 

 

 

Trackback
 
Copyright © 2017 すぷる~すの庭, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。