dj_top

良かったらポチポチ応援押してってね! br2.gif

「すぷる~すの庭」 はトリップアドバイザーから お勧めのブログとして認定されました!

KEIKO

Author:KEIKO
ジャズミン (マルチーズ)♀
通称:ジャズ子
出身:コロラド 
趣味:ママを1日中見つめたい
好物:りんご
役職:会社の副社長
特技:寝たふり
その他:体内時計あり
(5時半、12時、17時にセットされているので知らせてくれる。
リセット不可能)

未分類 (12)
旅行 (59)
グルメ (77)
音楽 (5)
健康 (20)
グッズ (11)
アメリカの温泉 (18)
手作り酵素 (5)
ジャズミン (74)
家族 (110)
アメリカ世間話し (142)
手作り石けん (11)
日本 (6)
うちごはん (21)
外食 (8)
催し物 (1)
コロラド散策 (6)
友達 (2)
ローライフ (0)
スローライフ (8)

このブログをリンクに追加する


蓮のかほりの日々

おいしい世界  ー From America

この人とブロともになる

本 「手作り酵素」

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

コロラド ・ 食いしん坊夫婦+犬1匹の生活
http://sprucenoniwa.blog106.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.08.27(Tue) 04:30
更新遅れがちですんまそ~ん。

パパがお家でお仕事してることが多くて困ったもんですわ。




さて、今日は旅の締めくくり サンタフェですよん♪


ユタ州のモアブとブライスキャニオンを後にしたジャズ子家は一旦コロラドへと戻ります。

Rちゃん一家は2週間のバケーションを取っているので次に向かうのはラスベガス♪

その後はグランドキャニオンなどをまわってニューメキシコ州のサンタフェへ行く予定との事。





コロラドへの帰宅の途では眠り姫のジャズ子が爆睡中なのでちょっと遊んでみました。

IMG_3447.jpg

「行き倒れ」








8-13-2013 10-07-16 AM

「けんそん」



これ熟睡してるんですよ~ ↑







コロラドへ着いたジャズ子家はまたまたお仕事に励んで 何とRちゃん一家と落ち合うべく、サンタフェへ向かいました!

サンタフェにはジャズ子家の大好きな、というかパパの大のお気に入りのあのカフェがあるのです。




今回のRVパークは Los Suenos RV Park

DSCN1803_201308270347100dd.jpg

リゾートとは言えませんが 静かで広々としております。

小さいですがトイレ・シャワールームも完備。

ワンコ用のお散歩道もあります。

夕飯を済ませた後に虹が出ました。

しかもダブル・レインボー!



ユタ州ではキャンピングカーのキングサイズのベッドルームをジャズ子家が快適に使わせてもらってたのですが、せっかくRちゃん一家が使っているので また狭いところへ移動させるのも悪いなーということで、キャンプ地にあるキャビンを借りようかと思いました。

しか~し、1泊料金が125ドルと思いのほか高かったので このキャンプ地の2軒隣にある モーテル6にお部屋を取りました。

1泊50ドル程で ワンコは無料です。(爆

ダウンタウンまでは15分ほどドライブになりますがサンタフェでは激安でしょう。

そのかわり シャンプーやティッシュなどのアメニティは付いておりません。

タオルも1セットしか用意されておらず、2セット目はリクエストしました。

もちろん冷蔵庫もコーヒーメーカーもありません。

ベッドは意外に快適でテレビ・エアコンはあります。

でも美味しいコーヒーなど必要なものはRちゃんのとこに行けばあるのでちょうど良かった~。

あと肝心の WifiもOKでしたよん。

寝るだけでOKのジャズ子家だったので快適でした~。













サンタフェではRちゃん一家と観光とショッピングを楽しみました。

大好きなジョージア・オキーフの美術館へも行ったのですが、どこかへ貸し出し中なのか 以前の半分も展示品がなく がっかり。

でも以前はオサシン禁止だったのですが、今回はカメラ禁止サインのないものは撮影OKとのこと!

なので

DSCN1823.jpg


DSCN1824.jpg

この二つのオサシンだけ撮ってきました。







そして今回のお気に入りのギャラリー。







PHOTOS68.jpg

Community Gallery


ニューメキシコのアーティストの美術品の展示・販売をしています。

アーティストからは 売り上げの70%をギャラリーとアーティストが折半し、残りの30%は市へと行く契約を結んで展示・販売をするというもの。

とても質の高いアートで中にはお手ごろ価格のものもあり、ジャズ子パパが目を皿のようにしていたので 危機感を感じ取ったジャズ子ママが早々に追い出しました。(汗

入場無料なのでここはお勧めです。






昼食・夕食 はR家のキャンピングカーで美しい妻たちが(爆) ご馳走を作ります。

朝食はジャズ子家お気に入りのあのカフェ。

PHOTOS66.jpg

Clafoutis
402 N Guadalupe St
Santa Fe, NM 87501


ジャズ子パパはここに来たくてサンタフェへ旅行すると言っても過言ではありません。(爆

美味しい朝食でRちゃん一家も大のお気に入りとなりました!




外食はできれば違うところを巡りたいものですが、毎日ここに来ます。

同じところばかりに行くジャズ子一家なので Rちゃん一家に確認したところ、もちろん毎日ここに来たい! と言われて一安心。

Rちゃんいわく、自分たちで作る料理が一番と思っていたけど 3食ここで食べたいくらい! 

とまで言われました。

ちなみにここは朝食・昼食 ティータイムのみで閉店します。




PHOTOS67.jpg

なので翌日もここ。






お買い物もすっごい楽しかったです。

ダウンタウンには小さなショッピング街があちこちにあって Rちゃんはとあるお店のおじさんにスカウトされておりました。(爆

おじさんは どこの国の出身なのか当てられたら商品半額にしたる、というので二人で

「どー見てもギリシャ人!」 とか 「トルコ人?」 とか興奮して当てにいくのですが おじさんは

「近いっ!」と惜しそう。 (どんな商売じゃ?


ジャズ子パパも参加して結局そのあたりの国々の名前をあげて最後の エジプトで正解となりましたが1回で当てられなかったので半額はなし。(笑

3人で 「へぇ~、おじさんエジプト人なんだ~。」 と言うと、

おじさん、 「そう、クリスチャンだけどねっ。」 と言うので爆笑~。



パパが言うには アラブ圏として認識されているエジプトにも コプト正教会 (Coptic)なるキリスト教が布教しているのだとか。

おじさんも 「そうなんだよ。私たちコプトはイスラム教であろうが ユダヤ教であろうが 困っている人は誰でも助けるんだよ。」 とおっしゃいます。

おじさん、見た目も 「ロード・オブ・ザ・リング」 に出てくるホビットのビルボーに似ていて何となく優しそう。

おじさんと 「またね」 とお別れした後、絵を売っているおじさんのお店でジャズ子ママの生まれた市を当てられたり、チベットの布のお店の兄ちゃんとダライラマについて語ったりして何とも思い出深いお買い物ができました。

プラザの広場では無料のコンサートも夕方にあり とても楽しく過ごせたサンタフェとなりました。

そして二人と1匹よりも 4人と3匹だったのもこれまた楽しかった~。

みんなでまた一緒に来ようね、と約束して帰途に着きましたよ。




そんないつもと違うサンタフェの旅でしたが 今回の旅行記はこれでおしまい。





あ、そうだ。

帰りの車の中での うちのオチビさん。

8-29-2013 8-58-03 AM

後部座席のビジネスクラスでうとうと。












今日も遊びに来てくれてありがとう。
ランキングに参加中です。良かったらポチポチ応援押してってね!

br2.gif

 
スポンサーサイト
Comment(4) 
Category:旅行  Genre:海外情報  Theme:アメリカ生活 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.08.15(Thu) 06:51
モアブを後にして向かったのはブライス・キャニオン。

モアブから4時間半ほどのドライブです。



View Larger Map




遅くに出発したので到着したのは夕食時でした。

利用したRVキャンプグランドは ルビーズ・イン

とにかく広いキャンプグランドなのでびっくりしました。

オフィスが通り沿いの入り口にあり、そこには清潔なシャワールームが併設されています。




DSCN1737.jpg

ちょっとした湖やテントサイトもあり徒歩で全部まわるのは大変そう。

でも自然がいっぱいで素敵なキャンプグランドです。

また来るときはここもリピです!

街はと~っても小さくて通り沿いに大きなモーテルがちょっとあり、食事どころも限られております。

大きな通り沿いに観光用にお店がちょこっとありますが30分もあれば全部見て終わりです。

ガソリンスタンドもあります。











この日の夕飯はコストコで買ってきたプライムビーフがとっても美味しかったのに全然オサシン撮ってなくて自分でもがっくりですわ。

夕食の後はキャンプファイヤーで温まりながら眠くなるまで4人でおしゃべりを楽しみます。

ブライスキャニオンがどんな場所なのか知らずに翌日を楽しみに床に就くRちゃんとジャズ子ママでした。




翌朝の朝食は簡単手早く数種のピザで。

かろうじてこのオサシンだけは撮ってありました!





DSCN1667.jpg

ジャズ子家で採れたお野菜などをトッピングしてめさめさ美味しゅうございました~。






ここでちょっとブライスキャニオンについて。

ユタ州といえばモルモン教で有名です。

ブライスキャニオンは モルモン教の開拓者であるエボニーザ・ブライスの名前に由来します。

1928年に国立公園に指定されました。

大型の動物はミュール鹿くらいだそうです。

熊さんはいないようでこれまた安心。

キャンプ地が結構明るかったのに 意外と星空が綺麗に見えて驚きでした。

ミルキーウェイ(天の川)がくっきり・はっきり見えます!

後で調べてみると、やはりブライスキャニオンは 「暗闇の楽園」 と呼ばれるほど素晴らしい星の観測地のようです。

ナイトプログラムというのもあるらしい!

参加したかったわぁ。








さて、

キャンプ地から5分くらいでブライスキャニオンの入り口に着きます。

ゲートで料金を払って入園すると右手にビジターセンターが見えてきますのでまずそこに入ってみましょう。

この公園ではフリーのシャトルバスが走っているので 多くの観光客はこのビジターセンターに駐車して シャトルバスに乗って各ポイントへ行きます。

ポイントからポイントへとハイキングができるようになっているので このように昇降場所が違う人々にはこのシャトルバスを利用する方がいいですね。

うちらもビジターセンターでビデオを見てからシャトルバスでとあるポイントまで行きました。






DSCN1668.jpg


着いた途端、絶景!

赤い!

モアブとはまた違った景色で目に焼きつく赤!







DSCN1673.jpg

しかし、これまた高い!(恐




DSCN1683.jpg


もう高いのは勘弁してぇ~。(ジャズ子ママ・心の叫び



もっと高いとこ (の近く)まで行きましたが、オサシンはこれくらいが限度のママです。(汗

この最初のポイントから別のポイントまでトレイルがあるのでハイキングしようぜ! と言うRちゃんのご主人に

NO WAY! (とんでもねぇ!)

と丁寧にお断りしたジャズ子ママ。

モアブのアーチーズで既に素晴らしいオサシンを撮るという目的を終え 燃え尽きていましたので。


なのでアーチーズで軽装のためハイキングできなかったRちゃんとそのご主人はトレイルで30分ほどかけて別の場所へ向かい、ジャズ子家はバスで向かって落ち合います。

何せヘナチョコなもんで。

後で聞いたら途中から手すりのない崖のゴンゴロ道になってたようで、やっぱ行かなくて良かったわ~。









この辺りはチップモンクちゃんがどこにでもウロチョロしとります。

DSCN1693.jpg

コロラドのリスに比べるとかわいいですな~。




その後別のポイントでRちゃん一家と落ち合い別のポイントを見てまわります。


遅めのランチは園内にある ロッジアットブライスキャニオン で取る事にしました。

PHOTOS62_20130816065808698.jpg

レビューを見て行ったのですが、お味は

う~ん・・・ちょっと・・・・。

どれも味がなくパサパサした感じ。

街の別の場所で食べた方がいいのかも。

でもこのロッジは森の中にある感じで 古く歴史がありそう。

ちいさなチャペルもあってとってもいい感じです。

お土産品店もありますよ~。

バスが一時停止するので寄ってみるのもいいでしょう。





ところで このブライスキャニオンの見どころで サンセットポイントと サンライズポイントというのがあり、うちらはサンセットポイントへ行ってみることにしましたよん。


DSCN1723.jpg

時間的にちょっと遅れてしまい、本来なら夕暮れ時にここは燃えるような黄金色になっているよう。


DSCN1718.jpg

しかし、これだけでもとても心に焼きつく光景です。

本当に来て良かった。

 

モアブとブライスキャニオンで気付いたことは 時期的なものなんでしょうか、観光客の8割はヨーロッパ人だったということ。

やっぱアメリカ人とは全然 (ブヨブヨしてなくて) 違うわぁ~。

あとの2割はアメリカ人(すぐわかります)とアジア人。

しっかし、中国人の観光客はどこに行っても列に割り込むし大声でしゃべるのでかなり嫌がられてますなー。(汗

とりあえず列には並ぼうよ。





そしてこの日のお嬢様方フィーチャリング・梅沢トビオ君で〜す。

PHOTOS65.jpg

ココちゃまはトムヤムクンスープに入っているフクロダケのようで本当に可愛らしい。

トビオ君、脱走癖があるので(爆) ココパパにホームデポで買ってきた20フィートのワイヤーにつながれてました。

1日に何度もココパパと自転車でエクササイズをしているので本ワンは気にしてないようでした。

でも、近くにチップモンクを発見した時に すっかりそのことを忘れてしまったようで 2、3歩忍び足をした後、全速力で飛びかかろうとして 20フィート行ったところで首輪にしっかりついていたワイヤーの反動で 中に浮きました!

ジャズ子ママ、始めて超大型犬が

ウッ。


と言って身体が頭を追い越して背中から


ドスンッ


と落ちたのを見ました。



4人で朝食を取っていたので全員ご飯を吹き出しました。

トビオ君には非常に申し訳ないのですが、全員で涙を流しながら爆笑〜。

首、大丈夫だったか心配するも、本ワンは



誰にも言わないでね、言わないでね!


と、とても恥ずかしそうなんです。

それがまたおかしくて・・・・

死ぬほど笑ってごめんね、トビオ君。

誰にも言わないって言ったのにブログに書いてゴメンね。




今日も遊びに来てくれてありがとう。
ランキングに参加中です。良かったらポチポチ応援押してってね!

br2.gif



 
Comment(6) 
Category:旅行  Genre:海外情報  Theme:アメリカ生活 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.08.06(Tue) 01:30
すんまそ~ん。ユタから帰ってきて またすぐにサンタフェまで行ってきたので更新が遅れとります。

今日は ユタ州はモアブ編。

長いので暇な時にゆっくり読んでね! では、どうぞ!






急遽 お休みが取れたので、(というか無理やり取ったので)お隣はユタ州まで行ってきました!

DSCN1583.jpg

以前から行きたかった モアブ(Moab)。

行くならあれこれと準備して ジャズ子のベビーシッターもお願いして、と考えておりましたが お友達のRちゃん一家が
31フィートのキャンピングカーで2週間の旅に出るとの事で ジャズ子一家も便乗させてもらいまいたよん。

お家のことは地下住人にお願いして 着替えとジャズ子のお薬等必需品だけ車に乗せて 着いていきました。

途中、コストコで必需品である プライムビーフステーキを購入(爆





View Larger Map







I-70を西へ移動。

デンバーから西への移動は絶景が広がるのでジャズ子一家も大好きなルートです。


PHOTOS61.jpg

途中、ユタとコロラドの州境い近くの グランドジャンクション辺りでフルーツと野菜を購入。

Fruita や Palisade という街はコロラドの果物・野菜で有名。

夏にはこちらさんの農産物がキングスーパーやセイフウェイで出回ります。

中でも 桃とトウモロコシは 農産物の少ないコロラドでもこちらさんの美味いのが出回ります。


ドライブ中のハプニング
I-70 を西へ向かうと途中のアイゼンハワー・トンネルまでは昇りとなり、11,000フィートにまで上昇。

その上昇中にいきなり、

「パンッ!」

と左後方から破裂音発生・・・・。

わぁ~!!! 何だ、何だっ? 車 路肩に停めろっ! 
(|||ノ`□´)

と大騒ぎして停めて車をチェックしてみるものの、何の以上も見当たりません。

何かを踏んだわけでもなく、破裂音の割には衝撃もなかったので不思議でした。

その後、ドライブを続け運転中のパパがポテトチップスをちょうだい、と言うので後ろから引っ張り出してみると 
ザラザラザラ~

と穴の開いた袋からチップスが落ち出しました。

「ちょっとパパ、またチップス買って車に乗る前につまみ食いしてたんでしょ! 教えてくれないから車内が汚れたじゃない!」

とブチ切れるママにパパはそんなことしてない、と言い張ります。

しばらく沈黙してひらめきました。

これ、さっきの 「パンッ!」 の原因でしょっ?

どんどん上昇を続けてドライブしたので気圧の関係でチップスの袋が破裂したようです!

パパもママもこれで納得。 車が原因ではなくて一安心なのでした。






そしていよいよ I-70の出口182を降りて南下。

その出口からモアブまで30分くらいでしょうか?

途中道路工事の為片道を封鎖していたので 15分くらいの待機がありました。

何もないところへ向かって行くような気がしますが 小さなダウンタウンがあります。

ガソリン補給はダウンタウンの方がいいでしょう。


通常5時間半のドライブですが 大きなキャンピングカーの後をゆっくりと着いていったので夕飯前にキャンプ地に着きました。

一番上のオサシンはモアブの小さなダウンタウン。

思っていた以上の街で美味しそうなレストランもいっぱいあります!

大きなスーパーも Ace金物店もあり、必要なものは揃うと思います。



この日のキャンプ地。

キャニオンランズ

ダウンタウンど真ん中でとても快適!

全部のサイトはプルスルーというバックなしで停められるようになっていて 木陰になってます。通常のRVパークは木陰のあるとこ少ないんですよねー。

舗装ではないですがRVサイトはコンクリートの上に停められるようになってます。

ランドリーは1ヶ所、トイレ・シャワーは2ヶ所あり とても清潔。

プールもあり、キャンプ地は TEXACO というガススタンドの横から入って裏にあります。

文句なしのキャンプ地で次回もここを使いたいと思うくらいお勧めキャンプ地です。



今回は 普段こき使っている稼ぎ頭の男どもをリラックスさせてあげようと、Rちゃんとジャズ子ママはとにかく忙しかった~。

キャンパーの冷蔵庫、






自宅かっ?


ちゅうくらい何でもあるある!(爆

日本で一緒にお仕事していた時から知っているのですが 美しくて頭が良く優しい上に料理上手で知られるRちゃん。

料理の材料もこだわりプロダクツ満載でご馳走です。

この旅の間、1日1食は外食にしましたが 自分たちで作る料理の方がご馳走でした~。

ジャズ子家だけだといつも簡単クッキングなんですけどねぇ。

しかし、Rちゃんと二人で一生懸命作ったので、


オサシン撮るのすっかり忘れとるやん~!






夕食後のお嬢様方のオサシンはしっかり撮ってあるんですが。

8-5-2013 10-19-07 AM

早めに夕食を済ませたお嬢様方は 下僕の夕食風景を観覧いたします。(笑














翌朝、これまた美味しい朝食を済ませてモアブでの目的地、アーチーズ国立公園 へと向かいます。

ダウンタウンから車で5、6分でしょうか。

入り口で車1台分の料金を支払い入園。

いきなりスイッチバックで昇っていきます。昇りきるとそこは不思議な岩のオンパレード。

赤系の岩の造形が目に焼きつきます。



DSCN1534.jpg

バランスロック。

コロラドにもガーデンズオブゴッドなど岩の見所がありますが 規模が違います!

進めば進むほどため息の連続。

この不思議な岩の造形は年月をかけて水・氷・塩などの過激な温度の変化によっての移動などで侵食されできたもの。







DSCN1538.jpg

こういったアーチは公園内には2,000以上もあるのだとか。



DSCN1540_20130806012723787.jpg

駐車場から見えるアーチは10分以内のハイキングで到着できそうです。




DSCN1541.jpg

これはもうちょっとかかるかな?



などと予想し ヘナチョコ・ジャズ子一家はクーラーの効いた車内から眺めては全部回った気分になります。

だって、暑いし 岩ゴロゴロだしぃ~。( ̄▽ ̄;)

木陰ないし、ジャズ子ママ 暑いの超苦手だしぃ~・・・・。

この日はジャズ子も一緒に公園を堪能し、あちこちドライブして公園内のキャンプサイトまで発見。

どうやら 水道・電気のないドライキャンプができるようです。

RVとテントのサイトがあり、数人が既に利用していましたよ。

トカゲやネズミ系の動物、大きくて鹿系などがいるようで ママの恐れている熊さんはいないようです。

(野生の熊を見たことは1度もありませんがっ。)








ダウンタウンへ戻り遅い昼食を取りました。

PHOTOS60.jpg

とあるタイ・レストランに入ったうちら。 確か Sing Ha Thai。

お店の中はモア~ンと暑い・・・・。 クーラーは見えるけどつけないのか?

暑い暑い、とのたまってもお店の方は 故障中なんですとも何とも言ってこない。

この時点で出ればよかったのだがすっごい腹ペコだったので居座りました。

ジャズ子ママは無難なショウガの炒め物にして美味しかったのですが、パパのドランクンヌードルは味がなく、Rちゃんのトムヤムヌードルは、トムヤムスープではなくどちらかというとベトナムのファ・スープで酸味もなく ヌードルもメニューにはエッグヌードルあるのに実際にはファのヌードル。非常にがっかりでしたが、何が嫌かというと ウェイターの子が愛嬌悪すぎで 笑いもしなければ返事もしません。女性のオーナーらしき方もいましたがお客の不満そうな態度にも対応しません。 ジャズ子ママ、レストランではアメリカ人のようにわがままし放題ではありませんが、サービスが最悪でここは本当に早く出たかった珍しい場所です。 ママのランチプレートについてくるはずのものがなかったのでそれをお願いしましたが すみませんね、の一言もなくがっかり。
本当に暑くて汗だらだらだったので早々に出て気づいたのですが、表に 雑誌か何かに選ばれたベスト・タイレストランの表紙が飾られてましたが、何と、それ別のお店の表紙なんです。 多分それをちらりと見た人は、わぁ~ここ美味しいんだわ~、と思って入ると思います。(汗
帰宅してレビューを見てみると、絶賛する人もいれば うちらと同じ苦い経験をした方もいました。







翌日、この日はブライスキャニオンへ出発するのですが ジャズ子ママには特別企画が残っていたので皆さんにも協力してもらい午後まで伸ばしてもらいました。

というのも ヘナチョコ・ジャズ子ママ、とある決意をしてきたのです。




そう、 体重20キロ落とすぞっ! (←そ、そんなに?


ではなくて・・・



アーチーズ国立公園のアーチの一つに行ってオサシン撮るぞっ!


それというのも 先月日本の がん治療を頑張っているお友達から現在がんが骨盤に移動して大きくなって痛いんだけど、気分は全然大丈夫~♪ と連絡をもらってから大泣きしてしまいまして。

それでも相変わらず太陽のように素敵な彼女に遠く離れたアメリカから何をして上げられるのかを模索しておりました。

恥ずかしながらネットでググッてみたりもしましたら、重々しいものや長い手紙よりも 一枚の写真や一言の挨拶がとても癒されるのだとか。

ということで、モアブのスピリチュアルな岩のオサシンを撮ってパワーを送ろう! と勝手に決めました。



あ、でもヘナチョコなので 駐車場から10分歩いて着くとこね。 ( ̄▽ ̄)δ




というわけで、余計なエネルギーは使わないように朝食はダウンタウンで。

PHOTOS57.jpg

Eklecticafe
352 N Main St
Moab, UT 84532

ここ、とてもいい素材を使っていてどれも美味しかったです!

ヘルシー思考なメニューでちょっと心配でしたが、豆腐ブリートーもフエボス・ランチェロスも美味かった。

なんといってもRちゃん家のサーモンパテが最高でした。

ここはお勧めです。

お庭もとても素敵でオサシンではわかりづらいですが ハミングバード(ハチドリ)までやってきます。

とてもメインストリート沿いだとは思えないくらい。




ついでにもう一つのお勧め。

PHOTOS59_20130814005551cf6.jpg

Twisted Sista’s Cafe


美味しい朝食を済ませ、この日はRちゃんのご主人の運転で前日は洪水で封鎖されていた場所へ行ってみましたよ。

結局この日も道路封鎖が続いており、この公園最大の見所であるデリケートアーチを車で見に行けず。

でもRちゃんのご主人曰く、車から見れるのは アッパービューポイントとロウアービューポイントの2箇所でそこからは見るだけで デリケートアーチまでは行けないのだとか。

なのでデリケートアーチトレイルをハイキングして実際にそこに行こうぜっ!

と言うので、 「オウっ! そうしよーぜっ!」 とノリノリのジャズ子家。

そこも10分程度だな、と勝手に考えながらもトレッキングシューズにハイキング帽でお水を携帯してしっかりと望んだジャズ子ママ。





8-5-2013 9-43-32 AM



このトレイル、軽装で来たRちゃんが15分ほど歩いてリタイアしました。(汗

最後まで行くというジャズ子ママに驚くRちゃん。 ママのヘナチョコ度を知り尽くしております。


ジャズ子パパも普段はヘナチョコママなのに今日はどうしたのだろう? と不思議がるのでこの時初めてジャズ子ママの決意を話しました。

そして、

「駐車場から歩いてすぐのアーチまで行ってそこにしようよ、Rちゃんのご主人にそう言おうよ。」

と言う軟弱ママに対して

「いや、友達の為にやると決めたら最高な写真を撮るべきじゃない?」 

と諭され・・・・・。 

続行。




DSCN1620.jpg

暑い・・・・。


疲れや暑さは無理せずにゆっくり行けばなんとか大丈夫。




DSCN1619_2013080601414233e.jpg

ヒザが痛い・・・・。


30°くらいの岩の傾斜も 5メートルごとに休んでゆっくり行けば大丈夫。

元気な若者たちがおしゃべりしながら悠々とジャズ子家を追い越していきます。







8-5-2013 10-09-13 AM

殺す気か~っ!?

あわわわぁ~。 ジャズ子ママ、超・高所恐怖症。

無理っ! 絶対無理っ!

途中 既に行って見てきたRちゃんのご主人が戻ってきて わざわざジャズ子家をエスコートしてもらいました。

Rちゃんのご主人が前を ジャズ子パパが後ろを歩いてくれて、下を見ないようにして それでも目がぐるぐると回り 恐怖で足ががくがくしながらも ゆっくりゆっくり進みました。

足は既にマメだらけです・・・。(涙

でも、こんなのがんと戦っているお友達の痛みに比べたら屁みたいなものっ。 

そう自分に言い聞かせてとにかく少しずつでも進む。



Rちゃんのご主人から 「あと二つ角を曲がったら見えるから。」 と言われ、頑張って二つ曲がって 見えたのは、






DSCN1626.jpg

おぉ~!

見える、見える!




とオサシン撮ってると、Rちゃんのご主人、「違う違う、反対側!」

と言うので見てみると、



8-5-2013 9-52-34 AM

うゎ~! 

デリケートアーチ!

ユタ州関係のオサシンによく載ってるやつ~。



感動でそのまま立ちすくんでしまいました。

オサシンではその感動はあまり伝わりませんが、ヘナチョコママにしては頑張りました。



8-5-2013 9-54-04 AM

頂上がこんな風になってるなんて知らずに ただただRちゃんのご主人に着いて行ったので感動で涙が出ましたよ。



お友達へ送るためのオサシンを撮って しばらくはそこに座ってアーチを眺め、地球の偉大さに感謝。

できれば夕暮れまで帰りたくなかったのですが、(っていうか帰るの恐いっちゅうか) Rちゃんを残してきたので名残り惜しいですが 帰ります。

帰りの崖も壁沿いに手をつけて 下を見ないようにしてヒザがくがくで降りました。(爆

その崖を過ぎたら ゾーリのRちゃんの旦那さん、ワイフが待っているのでっ! とスチャっと行ってしまいました。





DSCN1643.jpg

ジャズ子ママは既に足がマメだらけだったので 帰りは裸足で降ります。

途中、何と車まで戻ったRちゃんのご主人が履きやすいサンダルを持って戻って来てくれました。

何ていい人なんだ~。っていうか、どんな体力してんだ~?

と、往復3時間。

ジャズ子家のようにヘナチョコじゃなかったら 往復2時間ってとこでしょうか。




でも、あれだけ頑張って見に行って良かった。

お友達のお陰で あんなに素敵な景色を見ることができました。

お友達にも感謝です。


その日は感動と疲労で放心状態。


8-5-2013 10-20-39 AM

でも夕飯はしっかり作って食いましたとさ~。




今日も遊びに来てくれてありがとう。
ランキングに参加中です。良かったらポチポチ応援押してってね!

br2.gif

 
Comment(7) 
Category:旅行  Genre:海外情報  Theme:アメリカ生活 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.08.03(Sat) 01:45
すんまそ~ん。

ちょっとバケーションでユタ州まで行ってまいりました。

その様子は次回に書きますので 今日は簡単におうちブログで~す。



忙しいジャズ子家。 お花もお野菜もちょっと遅れ気味なんです。

DSCN1354.jpg

紫のペチュニア。

ちょっと前のオサシンなので花も少なめです。




DSCN1355.jpg

大好きなローズマリーちゃん。


DSCN1347.jpg

パパのぶどうちゃん。



DSCN1388.jpg

赤のペチュニア。





地下住人が来てから何かと慌しかったジャズ子家ですが 久しぶりに一家で静かなひと時があり、二人用に夕飯作ってみました。

DSCN1473.jpg

チェリークリークのファーマーズマーケットで売ってたイカ墨のパスタを使ってみました。

期待していたイカ墨の味は全くしませんでしたが(爆)、パスタとしては結構いい感触でした。

地元のお店で作っているとの事。

パパもお気に入りなのでまた買います。

ソースはバター・ワイン・ガーリック・塩コショウで味付けしてたエビちゃんにクリームを少々。





こちらは最近行ったカフェで食べたのが美味しかったので 想像で作ってみましたよん。

DSCN1474.jpg

EVOO(エクストラバージンオリーブオイル)につぶしたガーリックを入れて トースターでガーリックに色がつくくらいまで熱する。
取り出したら熱々のうちに 薄くスライスしたブリーチーズを入れる。
バゲットなどを浸して トロトロチーズとオリーブオイルをご堪能くださ~い。
日本でブリーが入手できなければ カマンベールでもいいと思いますよ。

これはディナーで前菜に出すと あっちゅうまになくなります。



こういうのを作っていると必ずウロチョロするチビッコに仲間が加わりました。

DSCN1478.jpg

じいちゃん、ジャズ子ママが大好きみたい。

いつもジャズ子ママにペーパータオルで顔を拭かれるので 最初はジャズ子ママを見ると逃げ回っておりましたが 最近は何かとかまってくれるので寄って来ます。(笑

一度ジャズ子にお薬を口に入れている時に じいちゃんが 「何を食べてるの?」 と顔を寄せてきたことがり、その時 じいちゃんのあまりの顔の異臭にそのまま気絶して倒れそうになったんです!

ペーパータオルを湿らせて何度も何度も拭けども 赤黒い塊がぽろぽろと落ちてくるのですが 一行に顔がカピカピ。 涙出そうでしたわ。

誰にもかまってもらってないらしく本当にかわいそう。

なのでジャズ子ママはいつも濡れたペーパータオルを握りしめて待ち構えとります。




全く何の躾もされてないじいちゃん。

ジャズ子ママがおやつを使ってあれこれ試してみますが、耳が遠いのでな~んも聞きません(汗

DSCN1477.jpg

目だけはかなりいいらしく、おやつをもらいには寄ってきます。(あはははは・・・・

どんなじいちゃんじゃ?

気長に頑張れ、アタシ!




今日も遊びに来てくれてありがとう。
ランキングに参加中です。良かったらポチポチ応援押してってね!

br2.gif

 
Comment(4) 
Category:家族  Genre:海外情報  Theme:アメリカ生活 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2013 すぷる~すの庭, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。