dj_top

良かったらポチポチ応援押してってね! br2.gif

「すぷる~すの庭」 はトリップアドバイザーから お勧めのブログとして認定されました!

KEIKO

Author:KEIKO
ジャズミン (マルチーズ)♀
通称:ジャズ子
出身:コロラド 
趣味:ママを1日中見つめたい
好物:りんご
役職:会社の副社長
特技:寝たふり
その他:体内時計あり
(5時半、12時、17時にセットされているので知らせてくれる。
リセット不可能)

未分類 (12)
旅行 (59)
グルメ (77)
音楽 (5)
健康 (20)
グッズ (11)
アメリカの温泉 (18)
手作り酵素 (5)
ジャズミン (74)
家族 (110)
アメリカ世間話し (142)
手作り石けん (11)
日本 (6)
うちごはん (21)
外食 (8)
催し物 (1)
コロラド散策 (6)
友達 (2)
ローライフ (0)
スローライフ (8)

このブログをリンクに追加する


蓮のかほりの日々

おいしい世界  ー From America

この人とブロともになる

本 「手作り酵素」

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

コロラド ・ 食いしん坊夫婦+犬1匹の生活
http://sprucenoniwa.blog106.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2010.09.30(Thu) 09:23
IMG_0661.jpg

イエローストーン滞在中は寒かったですが とても天気が良かった。

IMG_0712.jpg

ドライブも快適で ジャズ子もリラックス。

IMG_0618.jpg

そしていろんな動物を見かけました。 バイソン (バッファロー)、 あっちこっちで群れをなして 腐るほど ぎょうさんおります。

IMG_0627.jpg

もうええかげんにせぇ! というほどおります。 

オトンはイチイチ車を停めて オカンが写真を撮れるように気を使ってくれましたが バイソン、コロラドに 腐るほど おります。

100% 野生というのを見かけるのは稀ですが 沢山見てます。 レストランのメニューにも載ってます

しょうがなく沢山写真撮りましたがこのブログに載せるのはこれが最後です。



この日はイエローストーン公園の北に位置する Mammoth Hot Springs に行ってみようということになり、 公園の道路は 山手線のように中心に円を書くようにあって 逆時計回り (東側の道路を北上)することになりました。

途中、Mud Volcano Area を通って 道路右側に Sulpher Caldron が見えてきます。

IMG_0622.jpg

ここは公園内で最も酸性度が高い温泉です。 酸性度の高い高温のお湯と泥が混じってボコボコ言ってるので なんとも おどろおどろしい感じの場所です。 

温泉を見てほっこり気分というよりも 地球の鼓動を生で感じた瞬間でした。 

IMG_0623.jpg

地球って生きてるんだなぁ~。

IMG_0669.jpg

キャニオンで滝を見たりしましたが 私は高所恐怖症なので パチリっと撮ってサッと帰る。

更に北上して 途中 1988年にあった火事で焼けた森の間を通っていくと、なんと 交通止めになってるぢぁん!

Mammoth Hot Springs まであと一息というところで 何の予告もなしかよ! とあっけにとられた一家。

側に駐車場があって公園関係者らしき労働者がいたので聞いてみると、2、3日まえに落雷で火事があって消火した後しばらくは交通止めということでした。

1本道なんだから標識でも立ててくれてたら ここまで来なかったのに・・・・

しかしイエローストーンの案内には 道路工事や通行止め等があるので目的地に向かって出発する前に ビジターセンターに寄って道路情報を得てくださいと書いてあった・・・・ 素直に寄っていけばよかったのね。

しかし時間はたっぷりある!

ということで気を取り直して来た道を戻り Canyon Village という所で西へ入り Norris で右に曲がり北上。

Mammoth Hot Springs の Upper Terrace という所に車を停めて見学。

IMG_0632.jpg

ここは駐車場が限られていて混んでるときは車を停めるのが大変ですが、ちょっと進んで行くと意外とガラ空きの駐車場があります。 (注:一方通行なので戻れません。)

IMG_0647.jpg

トレイルは高いところにあって眺めは雄大!

IMG_0648.jpg

上のやつは空中にある湖のよう。

IMG_0652.jpg

下を見下ろすと小さな街があります。

IMG_0642.jpg

ある場所はかつて水で潤っていた跡をみせていますが 1970年代ですっかり涸れてしまったという。

ここは他の観光スポットとは一味違う様子の風景です。 トレイルも昇り降りが結構あってかなり疲れました。

景色に誘われてついつい先へ先へと進んでしまいますが お年寄りや体力に自信のない方は体調を確認しながら のんびり行くのがいいですね。 

一回りして眼下に見える街まで行ってみることに。 (この場所には ポットン・トイレ がありますが、車で下まで降りていくとちゃんとしたフラッシュ・トイレがあります)


さて、トイレを使ってから 街に寄って持ってきたサンドイッチでお昼を取ることに。

ピクニックテーブルに座って食べていると エルクの母子どもが。

IMG_0653.jpg

他の人達もエルクの母子を見ながらピクニックエリアでランチしてます。

この母子、道路を渡ってる途中 母親が子供にいきなり 授乳を始めてしまい、子供も道路に横になってチュウチュウし始めました。 (爆

おかげで両サイドからの車は一旦 通行止め状態になり チュウチュウが終わるまで先頭の車はじーっとそれを見つめながらの待ち状態になりました。

IMG_0657.jpg

ようやく授乳を終えると どこからともなくオスのエルクがやってきました。 オスのエルクは気性が荒く 特に母子が回りにいると防衛本能で やたらと襲いかかってくるので危険です。

町中に 「Do Not Approach to Elk」 (エルクに近づいちゃダメ!)のサインがあります。 

オスのエルク登場と共に パトカーが現れ 歩道を歩いている人々に建物に非難するよう指導し始めた。

道路沿いの人々がサーッと逃げると 今度はピクニックエリアにやって来た。 街の係りの人が慌てて ピクニックエリアにいる人々に両手で 「向こうへ行って!」 と追いやる。 

そ、そんな・・・・ ちょうどジャズ子がウンチを始めて ヨガの「キャッツ・ポーズ」をしてる途中なのに 

「ジャズ子、早く出しちゃいな! やばいぞ!」 ヽ(∴`┏Д┓´)ノ 

オメメまん丸にして至福のひと時を堪能しているジャズ子。 ポトンっと落した瞬間にビニール袋で拾って捨てて 急いで車に非難。 はぁ~ コバカッタァ~。

このオスのエルクはかなり小さめですが 大体ものすっご デカイです。 この後帰り道の川沿いで こいつの4倍くらいのやつを見ました。 もののけ姫かっ?っちゅうくらい大きいです。
角もものすっごデカくて バイソンなんかよりすごい迫力です。 

さて、エルクちゃんたちが去って うちらも何かデザートでも欲しーなー、ということで カフェのアイスクリーム屋さんを覗いてみました。 (来る時にしっかり Ice Cream のサインをチェックしていたオカンです。)

メニューは確認しませんでしたが色々あってとても混んでます。 フードコーナーの片隅にアイスやさんがちょこんとあります。 オトンと二人で同じ キャラメル系のアイスを注文。 シングルのコーンで 2.75ドルと普通のお値段。 しかし出てきたのは普通ぢゃない大きさ! ソフトボール大くらいありました! 私は完食しましたがオトンは途中で断念。 ここは女性にお勧めですねー。 =*^-^*=

キャンプ地に帰ってから夕飯の準備。 

夕方は更に冷えます。 ジャズ子もワンコ用の Snuggie (スナギー)を着てポカポカ。

CIMG0086.jpg

去年のクリスマスに頂きました。 人間用のやつがテレビで爆発的人気で今やどこでも売ってる (実際に着ている人を見たことはありませんが!)。 そのうち子供用やワンコ用まで出てきました。

IMG_0769.jpg

お隣のエルモ君、ジャズ子と沢山遊びたいのにクールなジャズ子は ピー・メールの送信に大忙し。

片足ヒョイ、のジャズ子に今日も応援してってくれたら嬉しいです♪

   ↓

br2.gif

 
スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(8) 
Category:旅行  Genre:海外情報  Theme:アメリカ生活 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2010.09.29(Wed) 06:13
IMG_0576.jpg

イエローストンで最も有名な場所と言ってもいいでしょう。 Old Faithful。

公園の中ではここが一番 人が多かったです。 ストアーもフードコートも他と比べて充実しています。

しかし、カフェテリアというフードコートはイマイチでした。 カウンター越しにラップされているサイドディッシュを自分で取ってトレーに乗せて進み メインを注文するというシステムですが メインをカウンター越しに見てみると かなりイケてませんし しかもかなり高かったです。 メインを注文する前にトレーを戻しました (笑い

他にファストフードのようなところもあり、値段もそれほど高くはなかったので こういうところのほうがいいかも。

ここにはちゃんとしたレストランもあるようですが 前もって予約を入れないといけないようです。

うちらは食料品を沢山トレーラーに乗せてきたので 毎日自炊で ランチはサンドイッチを作って出かけました。


トースターもトレーラーに積んでますが電気がないので使えないということで 今回は必殺のアイテムを持ち込みました。


IMG_0612.jpg

これ、トースター です。 キャンプ用品店とかに売ってますが ガスレンジに乗っけて焼くんです。
片面焼いて裏返しにして別面を焼くみたいな・・・・

意外とこんがり香ばしくやけましたよー。 (* ̄Oノ ̄*)

あ、すんまそん。 話がそれてしまって・・・・ o( ̄ー ̄;)


この Old Faithful というところは 数時間ごとに ドッシャー! と吹き出る間欠泉や 「モーニング・グローリー」 (アサガオ) という温泉で有名です。

まず入り口を入るといきなり 間欠泉の Old Fatithful Gyser が見えてきます。 周囲には観客席も用意されています。

この観客席が設置されている歩道は ワンコと一緒でもOKです。 早速ジャズ子をちょっとお散歩させて 間欠泉の噴出しも一緒に見ました。 ジャズ子はあまり興味がなかったようですが・・・

近くにあるビジターセンターで次回の噴出し時間を確認してから センター内を見学したり トレイルを歩いて他の間欠泉や温泉を見てまわってください。


IMG_0696.jpg

ここのビジターセンターには ちょっとわかりづらいですが ちょっとしたお土産が持ち帰れるようになってます。

パネルの横に箱があって プラスチック製のブックマークが沢山入ってますよ! みんな気付かないんでしょうか? 誰も手をつけないので オカンは ガッシとわしづかみにして知人へのお土産に持って帰りましたー。

大き目のやつなのでデカイ本にでも良さそう。 間欠泉の写真があって傾けると噴射した瞬間の写真に変わります。

職場の同僚たちは本が好きなのでこれは好評でした。

そして待ちに待った 噴射の時間。
IMG_0594.jpg

すんごぉ~。 ( ̄ω ̄;)

平均で 1分半から5分ほど続き、14,000 から32,000 リットルの熱湯を噴出すそうです。 高さは 30から55m にもなるらしい。

これを見た後に 他の間欠泉や温泉群を トレイル沿いに見てまわることに。 

ここは全部見てまわるのにはかなり歩いて時間がかかるので 一番見てみたかった 
Morning Glory まで行って帰ってくることにしました。 それでも あれこれ見ながらだったので時間はかかりました。

ジャズ子は車でお留守番です。 アメリカではワンコを車に入れたままにして放置するのはいけない所が多いのですが、イエローストーン公園は 全部のトレイルはペット連れ禁止なので 快適な環境を作ってあげて車の中でお留守番させていいということになってます。 

幸い天気は良くても外気温が低かったので 車中の温度は快適で 換気を良くしてお水を置いてお留守番させました。 

IMG_0599.jpg

目的地までトレイルを歩いて行くと 沢山の間欠泉や温泉があって どれも特色が豊かです。 説明書きもとても興味深い内容ばかりで 時間をかけてまわるといいです。

いやぁ、それにしても お湯に浸かってみたいわぁ~、 としきりに呟きながらの観光でした。

そして舗装されたトレイルの端に到着。 すぐそこに Morning Glory があります。

IMG_0609.jpg

「ちょっとお母さん! バスクリン こぼしちゃったでしょっ!!」


めちゃめちゃカラフル~! ここはもともと青い温泉だったのですが 人々がコインを投げ入れたり 挙句の果てには石、木、その他ゴミ等を投げ込んだりして 水の浄化機能が低下し さらに温度も低く変えてしまい 比較的低い温度に生息する オレンジ色と黄色のバクテリアが住みついて こういうカラフルなプールになったそうです。

ここの説明書きパネルにはプールの清掃活動の写真がありましたが ものすごいゴミの量です! 

あ~、でも浸かってみたい・・・・


念願の Morning Glory も見れ、 ジャズ子の待つ車まで戻ります。

来るときはあれこれ温泉群が見れる トレイルをクネクネ歩いてきましたが 帰りはアスファルトで舗装されたトレイルを一直線に帰ります。 このトレイルはとても静かで川も側に流れていて木々もありよかったのですが、ここを出るときに 「クマに注意!」 の看板が 入ってくる表向きに掲げてあった! うちらは出てくる方だったので知らんかったがな! 
“o(><)o”

まぁ人も多いし昼間なので大丈夫だとは思いますが・・・・

観光を終え、ここでは AT&T が使えるのでオトンとオカンはメールやら色々とチェックしてから 帰途につきます。


さて、帰りのキャンプグランドへ向かってる途中 オトンが1匹のワンコ発見!
IMG_0740.jpg

ゲゲっ。 ワンコぢゃない! 狼だっ!!

しかも笑ってる・・・・

私は  と コヨーテ の違いがイマイチ分からん。 (━_━)ゝ

オトンが言うにはこれは  らしい。 どうでしょうか?

イエローストーンでは乱獲で狼がほぼいなくなってしまい、1995年と1996年の冬にカナダから グレイ・ウルフ という種類を移植したそうです。 現在では順調に生態系を築いているとのこと。

見れてラッキーでした。


キャンプグランドに帰ると 新しいお隣さんが到着してました。 大きな 5th Wheel と呼ばれるトレーラーをトラックで引っぱってきてます。 超豪華!

ジャズ子とお散歩に出かける時に 70代半ばのオジサンが一生懸命設置準備をしてて その側でかわいいワンコが見守っています。

オジサン、ジャズ子に気付いて 「こっちおいで! 何て種類のワンコ?」 と気さくに話しかけてきます。

「おじさんの犬は ビションなの?」 と聞くと 「シーツーとビションのミックスだよ。 名前はエルモ。」 と教えてくれました。

「ジャズミン、エルモとお友達になってね。 これはエルモのお気に入りのトリーツだよ。」 とワンコ用のベーコンをジャズミンにくれました。

食いしん坊のジャズ子、 バクっ!! とベーコンを奪い取り走って逃げた・・・ 
(-ω-;)

IMG_0746.jpg

これこれ、はしたない・・・。 ちゃんとお礼を言わんかい。 オカンは恥ずかしいぞ・ 

IMG_0767.jpg

エルモ君はもっとジャズ子と遊びたそう。

この優しいオジサンは重病の奥さんを連れて旅をしてまわっているとのことで、奥さんはほとんどトレーラーの中で過ごしてました。

寒くなるので4日間イエローストーンで過ごしたら南下してアリゾナまで行くと言ってました。 毎朝おしゃべりしながらワンコたちを遊ばせて楽しく過ごせました。 オジサン、エルモ君、ありがとう。


さあ、次回は Mammoth Hot Springs とその他をご紹介しま~す!



夕方からは更に冷えてくるので いくら健康なジャズ子でも素っ裸ではかわいそう。

IMG_0691.jpg

セーターを着てファッションショー! エルモ君のお父さんもお気に入り。

今日もジャズ子を応援してってね。

  ↓

br2.gif


 
Trackback(0) Comment(6) 
Category:旅行  Genre:海外情報  Theme:アメリカ生活 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2010.09.28(Tue) 07:34
IMG_0660.jpg

イエローストーン国立公園に行って来ました!

思い起こせば PBS というテレビ番組で Ken Burns が The National Parks というアメリカの国立公園に関する本やビデオを制作し 話題を呼んだのがきっかけ。

色んな番組や新聞でも取り上げられ、オカンの大好きな スティーブン・コーベアー の番組でもゲストとして Ken Burns が登場しました。 

The Colbert ReportMon - Thurs 11:30pm / 10:30c
Ken Burns
www.colbertnation.com
Colbert Report Full Episodes2010 ElectionFox News


リリース前からかなりの評判だったので PBS での6日間ほどの放送をすごく楽しみにして録画してました。

私としては Sony プレゼンツ の 「世界遺産」 という日本の番組で高画質な映像満載のやつを期待しておりましたが、 実際には歴史を中心とした 白黒の写真がふんだんに入る しかも眠りを誘うナレーションで 毎回 観終わることなく熟睡してしまいました。 内容もあまり覚えていません (汗


今回はオトンが急遽 お休みを取れることになり 計画も立てずにいきなり行ってきました。 

トラベル・トレーラーと呼ばれるキャンパーをオトンのトラックで引っぱって行ったので イエローストーン内の RVパークに予約を入れて 7日間過ごしました。

今日は 早速その RVパーク の情報からです。

トレーラーを引っぱって行くので途中 イエローストーン公園近くで1泊する予定でしたが 危うくガス欠という危機に陥り (難は逃れましたが) 給油中に 4つあるトレーラーのタイヤのうちの一つが ツルツルになっているのに気付き、287号線 にある Rawlins という街にある Western Hills Campground というRVパークに宿泊することに。

道すがら電話を入れましたが 留守電になってて予約を入れられず 到着してからのチェックインになりました。

ここのRVパークはサイトが広く取られており、ほとんどが Pull Through というバックなしで停められるようになっています。 通りはサイトよりも広く取られてて RV初心者のうちらでも移動は楽チンです!

前面砂利ですが綺麗にならされていてとても清潔。 芝生のテントサイトもあり、キャビンもいくつかありました。

Wifi あり、ワンコ用のフェンス付き庭も3箇所あり、リーシュなしで遊ばせられます。

1泊 37ドルほどと安くはありませんが とても使い勝手のいいRVパークでした。 ちなみに Good Sam、AARP、AAA、シニア の10%ディスカウントが適用できます。


翌朝、ツルツルのタイヤを新品のスペアと交換して イエローストーンに向かって出発。

いろんな人の書いたレビューを参考にして 285号線を北上して サウス・エントランスから入ります。 途中、 Teaton National Park に入り 乗用車1台で 25ドル (1週間有効) を払います。 Teaton を通り イエローストーン国立公園の入り口ゲートに入り、 「さっきお金払ったような気がするんだけど~」 と言うと お姉さんが笑って 「領収書を見せてくれるだけでいいのよ! 地図はいる?」 とフレンドリー。

1時間ほどで Fishing Bridge のRVパークに着きます。


予約を入れる前に 利用者のレビューを読んでみると、 公園内外に RVパークは 数箇所あり、公園外の方がいろいろと気が利いていそうでしたが 公園内の RVパークの方が移動に時間がかからずに いいらしいということでした。

そして フックアップ (電気・水道・排水の設備) があるのは公園内では Fishing Bridge Campground というところだけ。 しかも電気システムが壊れてしまい、今年2010年は 電気は使えず水道と排水設備のみの供給ということになってます。 

クマの生息地なのでここでのテントでのキャンプは受け付けていません。

電気が使えないということで 1泊のお値段は 27ドルほどと 少し安くなってます。 ペット料金は出ません。

他にも Madison、Mommoth、Canyon とフックアップなしのキャンプグランドもあり、テントでのキャンプに人気です。

IMG_0792.jpg

上は Fishing Bridge Campground のサイト。 Pull Through はなく、全部 バックインです。

RVと自家用車は平行して停めます。 レビューでは多くの方が 狭くて 30フィート以上の大型RVは停めるのに一苦労だったと書いてます。

IMG_0793.jpg

IMG_0794.jpg

確かに上のような大型RVは 通りが狭いので何度かバックし直したりしないといけないようですが、できないというほどではないです。

うちは 20フィートの小型ですが 10回ほどバックし直しました (汗・汗

なんせRV初心者なもんで・・・・ r(^ω^*)))

受付のオフィスにはちょっとしたRV用品やら売ってます。 ランドリーとシャワーは有料であります。

トイレはサイトの近くに数箇所設置されていて 意外と清潔で暖房もきいてました。 ワンコのトイレ後始末のビニール袋もトイレの外に設置されていて気が利いてます。

ここの 排水口は 地面から30センチほど上がってるので 排水ホースのサポートが必要です。 うちは持ってなかったので 他の方のRVを見習って 落ちている丸太や石を組み合わせてサポートを作りました! (爆笑

この日は GPSが西側の入り口を示して 夜8時の到着になると 「クマが出るんとちゃうんかい!」 とびびっておりましたが 南の入り口から入って 夕方4時には着き、この日は夕飯を作って食べて寝ました。

RVパークから出て道路沿いには 氷販売、ビジターセンター、ジェネラルストアー、ガソリンスタンド、オート修理工 などがあって どれも歩いていける距離です。

電話は 公衆電話が RVパークとストアーに設置されてて Verizon は所々使えるようですが、AT&Tはこの Fishing Bridge では使えません。 もちろん Wifi もありません。

ここから 40分ほど Yellowstone Lake沿いに南下したところ West Thumb というところでは AT&T が使えます。 そこから更に北西に30分ほど行ったところの 
Old Faithful でも AT&Tは使えました。



さて、翌日は早起きして朝食を取り 来るときに見た 蒸気のあがっている West Thumb という所に行ってきました。

IMG_0547.jpg

設置してある歩道を くれぐれもはずれんでくれということです。 水質の変色や形態が変わったりするのと 火傷したりするらしい。

IMG_0554.jpg

イエローストーンは すでに寒くて こういった湯気を見ると ついつい 「あ~、よっこらしょっと」 (-ω- )  と服をぬぎぬぎ お湯に浸かりたくなりますな~。

IMG_0556.jpg

「お母さん! バスクリン 持って来て~!!」

IMG_0563.jpg

綺麗なお湯~♪

IMG_0564.jpg

あ~・・・、浸からせていただきたい~。
・・・(# ̄∇ ̄#)
 

IMG_0572.jpg

「ちょっとお母さん! バスクリン 入れすぎっ!!」


この West Thumb、大規模なカルデラの中にできたカルデラらしいです。

北アメリカでは標高の高い場所にある湖としては最大の Yellowstone Lake 沿いにあります。

トレイルは 全体で 1/2マイル (0.8km) と短く駐車場からもすぐなので お年寄りにもお勧めです。

ここだけでも 沢山の間欠泉や温泉を見ることができます。 全部歩かなくても 入り口付近から全体を見回せます。

中にはすごくカラフルな間欠泉や温泉がありますが、これは Heat-loving Microorganisms といわれるバクテリアによるもので 緑色と茶色を造っているバクテリアは比較的 温度の低いところに生息し、オレンジ色と黄色は熱めのお湯に生息、そしてごく限られたバクテリアだけが 沸点に近い温度の温泉に生息することができ それらは透明に近い青色だそうです。

ここで湧き出ているお湯は湖に流れて行きますが この Yellowstone Lake、夏でも平均 7℃ とかなり低く、湖に入って泳いだりしないようにとのことです。


今日はこのくらいで 次回は Old Fathful という所をご紹介しまーす。

キャンプグランドは電気が使えないので 明かりは ロウソク型の電池でつくライトを沢山持参。 コストコで32個入りで格安で買ったのが えらい役に立ちました。

暖房はトレーラーに積んでるプロパンガスで作動するので寒くても問題ありません。 そのかわりファンが これまたトレーラーに積んでるバッテリーで動くのでバッテリーは4日ほどで切れました。 でもお隣りの大型トレーラーの持ち主が彼のジェネレーターでバッテリーを充電してくれ、残りの日々も快適でした。 大型のRVはほとんど 電気がなくてもある程度 普通に過ごせます。 中には洗濯機・乾燥機を積んでるやつもあります。 ジェネレーターは重いのでうちは積んでません。

なので うちはテレビもラジオもなく、小さな明かりの中で本を読んだりして日が暮れると 不思議なもので電気に囲まれてないと すぐに眠くなるんですね~。 

ジェネレーターはかなりうるさいので 夜8時には止めるという規則があり、 8時になると一瞬で静かな森に変わります。


IMG_0693.jpg

ジャズ子も日が暮れるともう 目を開けてられません・・・・

オトンの ♪ ララバ~イ、グッナ~イ ♪ の子守唄を聞きながら深い夢の中へ・・・・

子守唄のかわりに ジャズ子の応援クリックしてってね。

  ↓

br2.gif


 
Trackback(0) Comment(6) 
Category:旅行  Genre:海外情報  Theme:アメリカ生活 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2010.09.19(Sun) 01:01
CIMG1791.jpg

オトンが デカパン 焼きました!

CIMG1818.jpg

オカン好みの 大きな穴だらけでめっちゃ美味しいです!


さて、今からイエローストーン国立公園へ出発するという慌しい中で書いておりますが、 とりあえずイエローストーン内のRVパークに予約を取りました。

車だと1日の運転で着きますが うちはキャンパーを引っぱってのらりくらりと行くので 途中で一泊して明日到着予定です。

移動を含め10日間ほど予定していますので しばらくはブログの更新お休みしま~す。

帰ってきたら沢山書きますのでお楽しみに!


CIMG1793.jpg

イエローストーンはもう寒いらしいのでジャズ子も冬着を持参です。

帰ってくるまでジャズ子の応援もヨロシクね!
  ↓
br2.gif


 
Trackback(0) Comment(6) 
Category:旅行  Genre:海外情報  Theme:アメリカ生活 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2010.09.17(Fri) 06:40
オトン手作りのバナナブレッド。

CIMG1742.jpg

先週、ニューヨークから来たお客さんが帰っていきました。 バナナを沢山買って残していったのが だんだんと黒っぽくなってきてました。 夕食を食べながら 「オカンはバナナブレッドが好きなんだな。 美味しいバナナブレッドが食べたいな。」 と呟くと オトンが嬉しそうに小麦粉やら砂糖やらを取り出してサッサカ作り出しました。

後片付けが終わる頃には焼きあがり、めっちゃ良い香り~。 

寝る前なのに バターをタップリ塗り塗りして食べました。 今まで食べたバナナブレッドの中で No.1 です!


さて、ユダヤ人で ユダヤ教にのっとった食事 コーシャー という食事しかしない奥さん。 しかも旦那さんが毒見してからしか食事に手をつけません。

食材を探すのに大変でしたが 色々と勉強になり結構楽しかったです。 (笑

ベジタリアン用の冷凍・豆腐ハンバーグとか 私も食べてみましたが結構おいしかったっすよ。 

あと食べてたのは アボカドとかトウモロコシとか あ、チーズも食べてました。 ベーグルの上にクリームチーズ塗ったりして。

中華やタイ料理も好きらしく、ベジタリアンメニューを注文して食べてました。

しかし、ベジタリアンの食事は高カロリーが多いらしく 私の周りのベジタリアンでガリガリという人はいません。 まあ、彼女はベジタリアンというわけではなく コーシャーの食事を探すよりもベジタリアンの食事をする方が手っ取り早いというだけなので 牛肉とかも食べます。



さて、先週は エバーグリーンという街に行ったり、火事の煙を見たりしましたが、

マルチーズは見た!
CIMG1747.jpg

信号待ちで何やら騒然とした現場に居合わせましたが、女性のおまわりさんが すんごいモデル級の美女でナイスバディなのに驚愕しました。 w( ̄Д ̄;)wワオッ!!

相棒の兄ちゃんもさぞかし 仕事が楽しかろうに。



さてさて、いろいろ駆け足になって申し訳ありませんが 手作り酵素その後。

手作り酵素の副産物で液体の浮遊物を オトンが捨てないで! と言ってたのでとっておきました。 常温で置いてあったのですがいまだ腐りません。

アレルギー気味で掻き掻きするジャズ子を試しにこれで洗ってみようということになりまして、

CIMG1748.jpg

まずはシャワー。 「あ~、こりゃ気持ちえぇわぁ~」

お背中を流してさしあげるとご機嫌さん♪

そして茶色いジャムのような 手作り酵素の副産物 登場!

身体に 泥エステ よろしく塗ってマッサージ。

CIMG1753.jpg

「ちょっと! 何か茶色くない?」

大丈夫ですよお客さん、リラックス、リラックス。

マッサージした後でシャンプーをかけると いつもとは違う泡立ち。 きめ細かな泡立ちで弾力がありました。

こりゃぁ、ちょっといいかも! と期待大。

綺麗に洗い流して タオルドライ & ヘアードライヤー。 乾かすといつもゴワゴワの毛なのに 今回は今毛先にツルツル感があります。

ブラッシングした後、いつもと違うのは毛がすごくフワフワでツルツル。 

いつもシャンプーしても翌日までしか綺麗さが残らず、3日目くらいからはペタッとなって1週間もしないうちにワンコ臭が漂ってきます。 (ワンコ臭、嫌いではないです) (;^ω^A

なので毎週日曜にはシャンプーしてましたが、現在シャンプーしてから10日以上経過してますが いまだ毛先ツルツルでワンコ臭もありません。 これなら毎週洗わなくていいかも! オトンも感激しております。

ってか、脂性で猫毛のオカンもこれでシャンプーしてみっか? と思案中。 今度やってみてレポートしますよー。


さて、今日は木曜ですが土曜にイエローストーン国立公園まで行くという計画はどうなってるんでしょうか、私?

いまだにリサーチも出来ず (ブログ書いてる暇はあるんです) ルートや滞在先まで何も手をつけておりません。

今日は徹夜でがんばるぞ!  



洗いたてのジャズ子。

CIMG1758.jpg

気持ち良さそうで以前のように掻き掻きしなくなっています。 

今日もジャズ子の応援してってね!

  ↓
br2.gif


 
Trackback(0) Comment(2) 
Category:グルメ  Genre:海外情報  Theme:アメリカ生活 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2010.09.16(Thu) 07:18
ご無沙汰しております。 更新が遅れがちになっておりますが、今日は先週の記録を駆け足でズラーっとご紹介していきたいと思います。 (こんな ぐうたら野郎ですんまそん。すんごく忙しかったもので)汗汗

CIMG1518.jpg

さて、まずはデンバーから南西へ高速で40分ほど行ったところの街、 Evergreen です。

デンバーは山ではなく結構 都市っぽいですがこの街は  です。

その名の通り緑いっぱいで標高も高いので夏でも涼しげな街です。 川や池が所々あって水辺にはお金持ち~な家々が良さげに構えております。

CIMG1520.jpg

広大な敷地の門を通り過ぎてみましたが、ここはかつて 歌手のウィリー・ネルソンさんの 敷地だったそうです。

セキュリティで中には入れませんが外から見てもすごい広い敷地でいくつか建物が見れます。

CIMG1522.jpg

私の大好きなスプルースの木々が森を作ってます。

CIMG1529.jpg

ドライブ中はネルコちゃん。

CIMG1536.jpg

そしてランチタ~イム!
近くの Conifer という街の Cabin Creek Smokehouse まで行ってきました。

BBQ好きには穴場です。

CIMG1533.jpg

中はとても小さくて ちょっとしたテーブルと狭いカウンターがあるのみ。 テラスにもいくつかテーブルは置いてますが ほとんどテイクアウトが多いようです。

CIMG1532.jpg

上はチョリソー・ソーセージのランチ。 サイドは好きな物を選べます。 これはマカロニ・チーズ。

CIMG1535.jpg

そしてブリスケットのフィリーサンド。 チーズがかかります。 写真は忘れました(きっぱり)がサイドはポテトサラダでした。

CIMG1541.jpg

特にリゾートというわけでもありませんが 湖沿いの綺麗な家々を見ながらドライブするにはいいところです。 山間なので影が多く、冬は雪に覆われていますが それはそれでクリスマスっぽい街でとてもいい感じです。


次の日・・・


さて、翌日は南の街へオトンのお仕事ででかけましたが 帰りにデンバーへ向かって北上している時に見つけました。

CIMG1657.jpg

西側に見える山の雲が変・・・・・と思いきや、オトンが 「あれは火事だな。」 と言うんです。

え~! 雲じゃないのっ? 

CIMG1662.jpg

ダウンタウンの向こう側で北の方も一面 雲がかかったようになってます。

家に帰ってニュースを見るとやはり Boulder という街で大火事が発生してました。 この火事で沢山の緑と家々が焼けてしまいました。 焼失してしまった家々が火災保険に入ってたことを祈ります。


もっとゆっくり色々と書きたいのですが、とにかくバタバタとしておりまして・・・ 

実は今週末から10日間ほど できればイエローストーン国立公園に行こうと思い立ち、大慌てで仕事やら用事やらを片付けております。 お誕生会・結婚式・その他を断ってどうしても行く予定なのですが いまだにリサーチもできず、RVパークの予約も入れておりませんで。 本当に行けるのか謎です。 (爆笑)



さあ、次回は 「バナナブレッド & 手作り酵素その後」 です。

前回の温泉&キャンプがすごく長くなってしまったので 今回は小出しにしようと思います。 (笑

根気良くお付き合いくださいませ。  

CIMG1530.jpg

良かったら ジャズ子の応援クリックもポチっとお願いします。
   
   ↓
br2.gif


 
Trackback(0) Comment(7) 
Category:グルメ  Genre:海外情報  Theme:アメリカ生活 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2010.09.08(Wed) 03:30
先週末は デンバーから南西へ2時間ちょっとの街 ブエナ・ヴィスタ へ行って来ました!

CIMG1647.jpg

うちの親戚そしてニューヨークからやって来た一家と3日間のキャンプです。 


デンバーより I-70 を西へ向かって US-285 へと南下します。

途中、あの お下劣アニメで有名な サウスパーク のモデルとなった街 (というか交差点) その名も サウスパーク を通り過ぎます。 (よそ見している間に通り過ぎてしまいます。)

このアニメにはコロラドならではの ローカルな話題や有名人が出てくるので 全然お上品ではないオカンはついつい見て大笑いしてしまいます。 しかしお子ちゃまには絶対に見せられません! 

US-285 を US-24に入り T字路を右にまがって北上し しばらく行くと ブエナ・ヴィスタのダウンタウンが見えてきます。

そこを通り越した所の左側に今回のキャンプ地があります。

キャンプ地は Arrowhead Point Resort という所で うちらはフルフックアップのRVサイトにキャンパーを停めて、他の家族はテントサイトに二つ大きいテントをはりました。

お互いに近くサイトを取れたのでラッキーでした。 

リゾートと言うほどでもないキャンプ地ですが特に悪くはなかったです。 舗装された通りも芝生もないのでちょっと埃っぽかったけど ちょっとした売店もあり、トイレとシャワーは個室になってて3つ (1つはハンディキャップ用) あって中はとても綺麗にされてました。 キャンパーのシャワーは狭いのでここを快適に使わせてもらいました。

天気にも恵まれましたがデンバーと比べてすごく気温が低く 寒かったです! 

CIMG1561.jpg

風が結構あったので体感温度はもっと低くなりましたが オッサンどもが 「日が沈めば風はおさまるさ」 と言うので へぇ~と思っていると 言った通り日暮れにはピタッと止みました。 

日本にいた頃はこんな気候や自然に関する話題ってそうそう身近に語ることもなかったので コロラドに来て色々と感心させられる日々のオカンです。

そして日も暮れて夕食の準備をみんなで。 (基本情報:アメリカ人の奥さん達は手伝いません。座って飲んでるか、喋ってるかです。少なくともうちは・・・)

CIMG1574.jpg

オカンは一通り夕食の準備をして後はオッサンどもが調理してくれるのを待つのみという状態にして 寒いのでジャズ子をジャケットに入れて くつろいでました。

しかし キッズどもはオカンを見ると やれ 「腹減った」 だの 「トイレに連れてって」 だの 「ジャズ子を抱かせて」 だのとめちゃウルサイ。 ゆっくり休んでる暇もない。 

(基本情報:ここの奥さんたちは超過保護ですが子供の世話は人任せです。少なくともうちは・・・・)

この日は軽くBBQの夕食をして焚き火を囲んでおしゃべりをして それぞれの寝床へ。

うちらはキャンパーにヒーターも付いてるので ベッドは狭いですが快適に眠れました。

しかし可哀想に テント族は午前を過ぎて気温が落ち すごく寒くてなかなかぐっすりとは眠れなかったらしい。 
特にニューヨークの一家は1歳のヨチヨチがいるので 狭いけどうちのキャンパーで寝なよとお誘いしましたが 「大丈夫、大丈夫」 と言って断られました。

キャンパーの食台を降ろしてクッションを並べると寝床になるようになっているので 「鍵は開けておくから いつでも入っておいでと」 とりあえず言っときました。



さて、大量に持ち込んだベーグルをトーストして皆で朝食。 数種類のクリームチーズをた~っぷり塗り塗りして食べます。

食事の写真がほとんどないのは オカンが食事の準備やキッズどもにこき使われていたため写真を撮る暇がなかったからなのだ。 (=`(∞)´=)

どうせテント族はジャンクしか持ってこんやろと思い、 自宅から来る直前に大量に 自家製ジャガイモのポテトサラダ、巻き寿司、チキンと野菜の串刺し、サルサディップ等 (全部手作り) を持ってきたうちら。 (これらはすぐに売り切れました) 

テント族はベーグルとクリームチーズ、ホットドッグ、チップス。 おいおい、そのまんまやないか、期待を裏切らんかい! (`(エ)´)ノ 

てなことをやってまして、そろそろ温泉へ行こうということになりました。

向かったのは Mount Princeton Hot Springs Resort 。

US-24 を南下してダウンタウンを通り過ぎ、やって来た T字路も過ぎ、しばらく行って CR-162 という道に右折すると、

CIMG1610.jpg

こういった山の景色が見えてきます。

この一直線の道を緩やかに登っていくと左手に見えてきます。

CIMG1590.jpg
 
駐車場はこの時結構混んでたので 大きいRVとかで来ると大変かも。

CIMG1591.jpg

いつもキャンプグランドの受付でガイドブックやクーポンを探すので 今回も見つけてここの温泉のクーポン (30%引き) を使用して 大人6人と子供3人で 50ドル以下でした。

腕に1日パスの紙を巻いてくれます。

CIMG1593.jpg

プールは温泉。

CIMG1601.jpg

そして川沿いも温泉。 川自体の流れは結構ありましたが、コンクリートの壁側の方は下から温泉が湧き出ていて温かいです。

場所によってはかなり熱いところもあって 川の水で調整しながら自分のスポットを見つけると な~んともいえず心地よいです~。

この日は週末でレイバーデイの休みを利用した家族連れですごく賑やか。 聞きなれない外国語もあっちこっちで飛び交っていました。 そして聞きなれた日本語も。

よく見ると川向こうに 静かで良さげなプールがあります。 あっちが良さそうだと思い 橋を渡って行ってみようとしたのですが、そこは宿泊客専用でビジターは入場できません。

CIMG1604.jpg

壮大な山と川の景色で大自然に囲まれた感が満載。

CIMG1605.jpg

CIMG1606.jpg

更衣室は広く綺麗です。 カギがかかっているロッカーと 自分の鍵を持ち込んで使えるロッカーがあって、シャワールームは広くて仕切りのない部屋です。 シャンプー等が常備されてました。

2、3時間ほどの滞在でキャンプ地に戻りました。


キャンプ地に戻ると心地良い風と静けさで眠気が~。 ここはちょっとお昼寝しとかないと。

CIMG1617.jpg

前足をきれいに平行にして寝るのがポイント。 


この後もキッズどもにこき使われのオカン。 キッズのママがインスタントラーメンを子供たちに持たせてオカンの元に送り込みます。

「お腹すいた!」 「トイレ!」 「なんかちょうだい!」 「遊んで!」

その時は何も考えられずに一生懸命に世話をしてしまうので 後からどっと疲れがやってきて ムッとするオカン。

ようやく昼寝して夕飯の準備。

CIMG1619.jpg

オトンとジャズ子はまだお昼寝中♪

夕飯の準備とケーキの準備でこれまた大忙し。 この日はオトンのお誕生日だったので 前もってケーキを焼いておいたのだ。 美味しいご馳走とケーキでこの日のBBQも最高でしたが 写真の1枚も撮る暇がないほど忙しかった・・・ | ̄ω ̄、|グスン

オカンがトイレに行ったりしている間にキッズのママがキャンパーで洗い物をしたりし始めた。 

「おぉっ!」 とびっくらこいたのと感動したので言葉が詰まってしまったではないか。

後でオトンが笑いながら 「キッズがインスタントスープを持たされて これ作ってもらうんだー、と言ってたので それを取り上げて ママに作ってもらいな! と言ったら子供を含め周りの全員が固まった」 と教えてくれた。

オカンばかりを働かせてとちょっとご立腹だったオトンがかばってくれたのね。 
<(_ _*)> アリガトォ

でもこうやって皆で集まるのも何度もあることでもないし、オッサンどももよく働くし、オカンもちゃんと言える大人なので大丈夫なのだ。


疲れたけど楽しかったキャンプの最後の夜。 夜中にニューヨークからの一家が入ってきて やはりすごく寒いのでキャンパーで寝かせてくれとのこと。 テーブルを倒してクッションを並べて簡易ベッドで親子3人で入ってもらいました。

狭いけど温かくて眠れたとらしく翌朝は元気でした。 

オトンとオカンは もう一つの温泉に二人で行く計画をしていたので 皆に無理やり早めの朝食をとってもらい さっさと片付け。

後の皆はゆっくり帰宅するそうでくつろいでいる中 ジャズミンをキャンパーにお留守番させて二人で向かったのは Cottonwood Hot Springs

CIMG1633.jpg

キャンプ地から US-24 を南下してダウンタウンへ向かい、 Main Street を右折。 そのまま真っすぐ登っていくと右手にあります。

大きい施設ではなく駐車場も限られているので ここも大きいRVは遠慮した方がいいでしょう。 小さいRVで来てる方はいました。

CIMG1620.jpg

CIMG1625.jpg

一番熱い湯船で40℃弱。 

CIMG1624.jpg

前日に行った マウントプリンストン・ホットスプリングス と比べると 家族向けというよりも ヒーリングを目的とした とても静かな施設です。

この時は子供づれは来てなくて 年配のカップルが多かったです。 

CIMG1637.jpg

川沿いですが湯船から川は見れませんでした。

キャンプ地のチェックアウトが午前11時で急いでいたので 大慌てでお湯に浸かり 温泉パワーを無理やり吸収してきました。 (笑)

この日は休日だったので 1人 20ドル。 30分だけの入浴にしては高くつきましたが ここも腕に1日パスを巻きつけてくれます。

1日中 静かに癒されたたい方にはお勧めです。 お湯はすごく綺麗でした。


ここの温泉を出てダウンタウンへ下っていくと、登ってくるときに見た ファーマーズマーケットに寄ってみることに。

CIMG1638.jpg

小さなファーマーズマーケットでしたが どっかのお庭でやってる感じで リンゴがたわわに実った大きな木に囲まれて すごく素敵。

CIMG1643.jpg

リンゴの木下でリラックス中のワンコたち。

CIMG1644.jpg

買ったリンゴも美味しかったけど 実ってるリンゴもよさそ~。

キャンプ地へ戻ってキャンパーのタンクに溜まった汚水を排水して 電気・水道を外して チェックアウト。



帰りは買ったリンゴを食べながら。

CIMG1645.jpg

リンゴはオトンとジャズ子の大好物。 いつもかわいく二人で分け合って食べてます。 オトンが小さく噛んであげるのを手をかけて待つジャズ子。

CIMG1646.jpg

そして舌で甘さを確認してから シャカシャカ食べます。




今回の温泉小旅行はくつろぐと言うより忙しかったので今度は家族水入らずで来たいです。

CIMG1649.jpg

お腹が一杯になったジャズ子。 倒したバックシートにもたれて家に着くまでオヤスミ。

今日もジャズ子の応援ヨロシクね。

  ↓

br2.gif


 
Trackback(0) Comment(2) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2010.09.07(Tue) 05:22
CIMG1725.jpg

冷蔵保存していた手作り酵素をいくつか 取り出して常温で5日ほど置いてみました。

瓶詰めした時点で透明度が低かったので 不純物がまだまだ残っているということです。 常温でしばらく置くと 写真のように不純物が浮いてきます。 この上のやつをすくいあげていくという作業を時間のあるときにすることにしました。

CIMG1734.jpg

このネットリとした茶色いのが不純物 (アクの原因になると聞きました)。 これを取って濾していくとクリアな液体になります。 不純物がなるべく入っていないクリアな方が手作り酵素としていいようです。

野菜の酵素よりすごい不純物が多いのでびっくりでしたが 匂いをかぐと全然腐敗していないのも驚きでした。

これを見たオトンは 「捨てないで!」 と言って何に使おうか思案中のようです。 もともと畑の土に混ぜてしまおうか、お風呂のときに入れて浸かろうかと考えていたのですが、 ちょっとアレルギー気味のジャズ子をこれを混ぜて洗ってみようと思っとります。




CIMG1722.jpg

これといった気の利いた道具がなかったので ピッチャーにフラワーサックという目の詰まった生地をゴムで固定して濾すこと・・・・6時間 (TwT。)

もっと不純物を浮かせてから濾せば良かったのだ・・・ (TmT)ウゥゥ・・・

CIMG1736.jpg

年に2回しか作ってなくて しかも3年近くも携わってなかったので 「あー、そうだった!」 ということがよくあります。 

そしてどうにかこうにか濾しました。 この1ビンは オトンの職場で興味があるという方に差し上げることにしました。

まだまだたくさんあるので ゆっくり時間をかけて不純物を取っていき、クリアな液体に仕上げていきたいと思っております。



お食事中の方には大変失礼ですが、ここ1年ほどお通じがすごく ゆる~いという情けない経験をしていたオカンです。 年取るっちゅうのはこんなことかいなぁ、と納得しておりましたが 久々に手作り酵素を飲み始めてから 毎朝 しっかりとしたのが 「ポンッ!」 という風に出るようになったのが嬉しい・・・ 川* ̄д ̄*川ポッ

これを飲んでる方は皆さん口をそろえて 「とにかくよく出る!」 というのを聞きます。 ホントに出ます。 


まだまだ手をかけていく手作り酵素ですが これからもヨロシク。

今 Buena Vista の キャンプ&温泉 も書いているのですぐに更新しますのでお楽しみに!



そして手のかかるジャズ子もヨロシク。

CIMG1720.jpg

オカンのスウェットを枕にしてスヤスヤ・・・ 寝てるときはすご~くカワイイ ジャズ子です。

今日も応援してね。

   ↓

br2.gif


 
Trackback(0) Comment(3) 
Category:手作り酵素  Genre:海外情報  Theme:アメリカ生活 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2010.09.01(Wed) 23:47
先々週の週末にまたまた キャンパーを引っぱって Steamboat Springs へ行ってきました!

CIMG1260_20100901234511.jpg

今回の目的は温泉オンリー。

CIMG1257_20100901234456.jpg

2週間前に来たときと比べてめっきり秋の気配。 少し肌寒くなってました。

CIMG1252.jpg

この日、高校生の団体さまが来てて、学生なのに タトゥー (入れ墨) も入っててカラフル~。 若い女子高生はお肌ピチピチじゃん! 水がはじけとるぞ! オカンなんか カラカラに乾いたスポンジみたいに水を吸い取っていくっちゅうに。 

うるさくならんかと心配しておりましたが みんなお行儀良くて 18歳未満は引き揚げなくてはいけない 8時にはいなくなってました。


そして今回も Mambo Italiano で夕飯。

IMG_0449.jpg

前菜は前回と同じムール貝の白ワインソース。 パンを浸して・・・

IMG_0452.jpg

オカンの注文したフェットチーネは激ウマ!

IMG_0453.jpg

オトンはトマト系でミートボールをオプションで。

IMG_0454.jpg

ここのパスタは大盛りなのでシェアするつもりが 二人の意見が別れたので半分残して持ち帰る事に。

そして今回もお得なクーポン (街のあちこちで手に入ります) のデザート無料券を使用。

今回はティラミスにしてみました。

IMG_0455.jpg

これまた大当たり~! レモンのリキュールがきいててめちゃめちゃしっとり~♪ 

この日は肌寒かったのでテラスではなく 室内で食事をとりました。 オサレなジャズが流れるいい感じのレストランですが、天気が良かったらテラスの方がいいです。 中は少し狭い感じがします。

この日も美味しい食事とあったか温泉でいい気分。 キャンパーに帰ってくつろいでから寝ました。

泊ったキャンプグランドは前回と同じ Steamboat Campground。 またまた満天の星空を見ることができました。


そして翌日はゆっくり起きて くつろぎのひと時・・・

IMG_0461.jpg

朝食は昨日の残り物のパスタです。

IMG_0458.jpg

ジャズ子がキャンパーの網戸を破ってしまったので 近くの金物店やさんに 補修の材料を買いに行くことに。

向かったのは Ace Harware Stores

デンバーでは小さいお店にしか行ったことがありませんでした。 小さくてあまり品数がないようにみえるのですが いつもなかなか探せない欲しい品がが手に入るという 不思議な店です。 

スティームボート・スプリングスの Ace はホームセンターばりに大きくて楽しいお店でした。

IMG_0463.jpg

ジャズ子も一緒にお買い物~♪

IMG_0466.jpg

無料で沸かしたての美味しいコーヒーまで準備されてる~♪

オトンが網戸の網を買ってる間に オカンはキッチン用品を散策。 

メキシコ製のオサレなグラスや レイチェル・レイ のクッキングセット を見つけて早速購入。

今度時間のあるときにこれ書きまっせ!

オトンと二人 (+1匹) で ここで半日は過ごせるね~と言いながらあれこれ見てまわりました。
ジャズ子も沢山クッキーを頂いて満足そうでした。


そして、近くに川沿いの公園らしき場所があるので少しお散歩することに。

CIMG1279_20100901234653.jpg

通りから見える デッカイ 鹿さんが目印です。 小さいですが駐車場があるのでここに止めて 川沿いにダウンタウンを目指して歩いていきます。

CIMG1264.jpg

駐車場の側にはこんな ぶくぶく沸いてるスポットが。

ここら辺一体は硫黄の匂いが漂っていて 「ゆで卵もってこい!」  
~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ って気分になります。

CIMG1265.jpg

こういう看板があって、周辺の湧き出ている温泉の案内もあります。 私たちが見たのはどれも常温でした。 温かかったら その場で どっぷり浸かってみるつもりでした。 (ぎゃははは)

IMG_0473.jpg

案内板の 「2」 のやつはちょっとエグかったっす。 いくら温かかったとしても 入るのもはばかります・・・ ( ̄ω ̄;) 鉄の香りが漂う 赤い沼でした。

CIMG1278.jpg

川向こうの崖からも湧き出てます。

CIMG1273.jpg

川岸では犬連れの人々が水遊び。

お散歩コースではジャズ子も新しい友達作り。

CIMG1272.jpg

「黄色い線からこっちに入ってこないで!」 

CIMG1275_20100901234608.jpg

川ではこういう人達が沢山流れていきます。

IMG_0476.jpg

公園の木陰で一休みのジャズ子。 (どうでもいいか)


楽しいお散歩も終えて キャンパーに戻り オトンは網戸の修復作業。

ジャズ子はマッタリ中・・・ (これまたどうでもいいか)

CIMG1281.jpg

向こう側にかわいい黄色いラインのキャンパー発見! 

CIMG1282.jpg

雑誌で見て欲しかったやつ! かわえぇ~。 これよりももっと小さいのもあって あるレビューで 実際に使用している人が 室内を後ろに歩いていったら 後ろが傾いて前が持ち上がった とコメントしてたのを読んで笑ったなぁ~。

ここでうちのキャンパーの室内をちょっと ご紹介。 正式にはトラベル・トレーラーと呼ばれていて うちのは 20ft で 3,400 bl とかなり小さいです。

CIMG1305.jpg

キッチンには冷蔵庫と電子レンジが付いてます。 オーブンも付いててラッキー! と思いきや、 この前ピザを焼いてみると表面が真っ黒に焦げて 室内の煙探知機が警報 ビービー鳴らして大変でした。 しかも中は生焼けじゃっ ヾ(*`Д´*)ノ"

これはいらんな。

CIMG1296.jpg

3口のガスコンロ。

CIMG1283.jpg

ベッドルームの仕切りのカーテン。

これもいらんと思い 取り付けてあった古い生地をひっぺがしてあったのですが、 やはり着替えるときに便利なので シャワーカーテンの外側に付ける安いやつを買ってきて レールのランナーを (この前夜なべして) 縫い付けました。

6ヤードくらいの安い生地を買ってきても20ドルは越すし 縫うのに時間もかかるので これで7ドルとお得でした。 ((^┰^))ゞ 

CIMG1287.jpg

夕方また ストロベリーパーク ホットスプリングス の温泉に行く予定だったので ランチは軽く サラダとチーズで済ます。

IMG_0479.jpg

ジャズ子はおやつを食べて マッタリ中・・・

爪が伸び放題だったので カリスマ美容師のオカンがネイルファイル。

CIMG1292_20100901235120.jpg

いつもこの格好です。 

爪きりが死ぬほど嫌いなので しょうがなくファイルでせっせ・せっせと磨いであげます。 

CIMG1295_20100901235131.jpg

ハンドマッサージの頃には お客さん、もう夢心地です。



早めの夕飯。

CIMG1303.jpg

オトン手作りのチーズリゾットを家から持って来てレンジでチン。 そして鶏肉と自家製インゲンと玉ネギ炒め。 チーズとチップスを添えて おまけにキュウリのぬか漬け。


ジャズ子にも夕飯をあげてキャンプ地をお散歩。

IMG_0485.jpg

川沿いの ピー・メールを受信中。

IMG_0487.jpg

道端でピー・メール送信中。

IMG_0482.jpg

キャビンを見学中。

IMG_0484.jpg

キャビン側のBBQグリル。

IMG_0491.jpg

てくてく、帰宅の途につきます。


そしてジャズ子をお留守番させて 夜の温泉へ。

CIMG1313_20100901235237.jpg

この日は一番上のほうにある 熱いという湯船へ。 日本人にはちょうどいい熱さです。 と言っても 熱湯がちょろちょろと出ている石釜のようなところの側が熱くて 離れるとちょうどいい具合です。

下の方の湯船も熱湯が出てくる場所があるのでその側は結構熱いです。 

上の方の湯船がお湯が綺麗で静かなのでお勧めです。



キャンパーへ帰るとジャズ子がマッタリ。 

CIMG1331.jpg

久々に歩いたので疲れたようです。

CIMG1343.jpg

ジャズ子の噛み噛み棒で お鼻をツンツン。 最近夜中にオトンを起こしてご飯をねだるので早寝させないように。

CIMG1345_20100901235422.jpg

ほれほれ ツンツン。


CIMG1340.jpg

ようやく起きて 噛み噛み棒を受け取りますが オトンにバトンタッチ。 「オカンに渡さないでね。」

お蔭様でジャズ子は朝まで寝てくれました。


そして今回も楽しい温泉旅行ができました。 

翌日は家に帰ってから 手作り酵素の瓶詰め作業が待ってました。 



この温泉旅行の後、 先週末は コロラドの南の Buena Vista という街の温泉にキャンプに行って来ました。 次回はそのレポートを載せますのでお楽しみに!

あー、ちょっと疲れたかも。


温泉には入れないジャズ子だけど これからも応援ヨロシクね。

   ↓
br2.gif


 
Trackback(0) Comment(4) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2010.09.01(Wed) 14:41
またまたご無沙汰しております。

週末から月曜日まで また スティームボート・スプリングス にキャンパーを引っぱって行って来ました。

その記事は次回にアップしますので 今回は 手作り酵素の結果です。

スティームボート・スプリングスに出発する前までに なんとか完成させたかったので大慌てでした。

CIMG1410.jpg

6日目にかき混ぜて確認したときはちょっと若いけど いい感じに発酵してる香りが。

CIMG1419.jpg

細かい泡とハチミツのようにトロトロ。


そして7日目。 ステンのメッシュ・バスケットで濾します。

CIMG1476.jpg

プラムとその他の果物は畑の肥やしとして土と混ぜて使います。

トロミがあったので すごく時間をかけて濾すことに。 

CIMG1487.jpg

ジャズ子も側で眠たそうにしながらも お付き合いしてくれました。

CIMG1488.jpg

濾した後はこのように泡が立ってビールみたいです。

CIMG1491.jpg

とりあえず上澄みの泡と浮いている不純物をとりのぞいて 上のようになります。

この日はこれで終了して 帰ってきてから瓶詰めすることに。 クタクタになりながらも スティームボート・スプリングスへ出発する準備。

しかし、ここで問題が。 うちの冷蔵庫は収納の悪い冷蔵庫で普段の食料品もうまく収まらないほど。 なのでこのデカイ バケツ一つにまとめたとは言え 確実に収まらない。 手作り酵素用に小さい冷蔵庫を購入する予定でしたが 仕事やら用事が忙しくてなかなか買えず、 結局翌朝の出発前にコストコで買ってくることになりました。

翌朝になってコストコへ朝一で出かけ、ちょっと高くてあまりいい品ではなかったのですが時間の浪費を抑えるために妥協して買って家へ持って帰り セットして 酵素のバケツを入れてから 大慌てで必要品をキャンパーに突っ込んで いざ出発。

運転手はオカンで ジャズ子とオトンがナビゲーターを務めます。 二人ともよく眠るのでナビはあまり役に立ちませんでしたが 途中休憩なしで3時間ほどで スティーム・ボートに到着。

今回も楽しい温泉旅行ができました。 この旅行記はまた次回。


さて、今回も仕事が詰まっていたので3日間だけでしたが、帰宅してから 手作り酵素の瓶詰め作業です!

CIMG1493.jpg

蓋を開けると更に細かい泡が。 発行し続けてるんですねー。 いいかほり・・・

一度メッシュバスケットで濾してありましたが 透明感がまだまだだったので もう一度濾すことに。

スティームボート・スプリングスで買ってきた チーズ・クロス という薄くて目の粗い生地をいくつか重ねて濾します。

CIMG1494.jpg

まだまだトロミがあるので ものすんごく時間かかりましたー。 (ノ◇≦。)

CIMG1495.jpg

ジャズ子の応援も受けながら、

CIMG1507.jpg

途中で味見タイム! 

CIMG1513.jpg

オトンと二人で乾杯~! なんか 昔食べてた 「小梅ちゃん」ってアメのすっぱいのを取った味! ほんのり甘くて梅の香りと懐かしい酵素の香り。 思ったより上出来かも~。  
ヾ(@°▽°@)ノ

そして作業場に戻ってまた作業。

CIMG1500.jpg

オサレなカフェのカプチーノとかカフェラッテの オサレなハート模様をやってみました。 (え? センス無いですか?)

途中夕飯も食べてから夜遅くまでかかり・・・

CIMG1514.jpg

側で応援しているジャズ子も目が開いてるのか閉まってるのかわからん状態に・・・・

 そしてようやく瓶詰め終了~  (TmT)ウゥゥ・・・

CIMG1517.jpg

長かった・・・・

しかし透明感にちょっと欠け、味見したときに細かな繊維があったので 時間のある時に 一つ一つのビンを再度濾してみることにしました。

とりあえず瓶詰めまでできたので一安心。 今度は目の詰まった生地で フラワー・サックというので濾してみようとおもってます。

最終的には琥珀色で透き通った液体になる予定。 全部冷蔵庫にまた保存します。 今度濾すときには 少し冷蔵庫から出しておいて繊維等が浮かんできて2層になったところをスプーンですくって 濾すつもり。

日本にいたときには 「海の精」という昆布からできた海の酵素を混ぜてから瓶詰めしてました。

これを混ぜて完璧な手作り酵素となるのですが アメリカでは手に入らず おまけに品不足らしいです。

健康オタクの師匠に聞くと 以前からもよく言ってましたが 海の酵素と山の酵素を混ぜると完璧だけど、山の酵素だけでも全然いいんだよということだったので 今回は 海の精なしの手作り酵素です。

渡米する前に酵素作りを教えた友達から持たされた手作り酵素には海の精が入っているので これを混ぜてみようとも思いましたが、 混ぜないでこのフルーツ酵素だけでは どれほどのものなのか興味があったので 混ぜないことにしました。

味見をした限りではいつも作っていた酵素の香りがあり更にフルーティな香りがありいい感じでした。

そして翌日・・・

お肌 艶々 で化粧ノリがいいっすよ!

瓶詰めしてもまだ少しずつ発酵し続けているので これからが楽しみ♪

オトンも地元産しかもほぼうちの庭の果物から作った酵素なので超感動してました。 

大変だったけど 作ったかいがあったかも。 

毎回 途中で泣きたくなるほど大変だけど いつも作って良かったと思う。 今回は今までになく個人としては大量だったので 泣くどころじゃなかったー(あはははは)

協力してくれたオトンにも感謝。 もちろん応援団のジャズ子にも。

手作り酵素は とりあえず出来上がりましたが まだまだ手をかけていくのでその都度更新してアップしますねー。

今回 たくさんの方々に興味を持っていただいたので とても嬉しいですー。 質問とかがありましたらお気軽にメールかコメントくださいね!


そして次回は またスティームボート・スプリングスの 温泉旅行記です。 お楽しみに~。

CIMG1506_20100901144046.jpg

酵素犬 ジャズ子の応援も忘れずに!

   ↓
br2.gif


 
Trackback(0) Comment(3) 
Category:手作り酵素  Genre:海外情報  Theme:アメリカ生活 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2010 すぷる~すの庭, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。