dj_top

良かったらポチポチ応援押してってね! br2.gif

「すぷる~すの庭」 はトリップアドバイザーから お勧めのブログとして認定されました!

KEIKO

Author:KEIKO
ジャズミン (マルチーズ)♀
通称:ジャズ子
出身:コロラド 
趣味:ママを1日中見つめたい
好物:りんご
役職:会社の副社長
特技:寝たふり
その他:体内時計あり
(5時半、12時、17時にセットされているので知らせてくれる。
リセット不可能)

未分類 (12)
旅行 (59)
グルメ (77)
音楽 (5)
健康 (20)
グッズ (11)
アメリカの温泉 (18)
手作り酵素 (5)
ジャズミン (74)
家族 (110)
アメリカ世間話し (142)
手作り石けん (11)
日本 (6)
うちごはん (21)
外食 (8)
催し物 (1)
コロラド散策 (6)
友達 (2)
ローライフ (0)
スローライフ (8)

このブログをリンクに追加する


蓮のかほりの日々

おいしい世界  ー From America

この人とブロともになる

本 「手作り酵素」

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

コロラド ・ 食いしん坊夫婦+犬1匹の生活
http://sprucenoniwa.blog106.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2016.10.26(Wed) 01:29
昔々の話ですが、ジャズ子ママがまだ若い頃 デンバーの学校に通っていた事があります。

その時の英語の先生から とにかくアメリカ、特にコロラドでのマナーを口を酸っぱくするほど言われました。 若いので日本の文化での感覚で過ごしていると アメリカではとんでもない奇行をしていまい、恒例の「昨日に何をしていたのか」をクラスで毎回発表すると 何度も何度も何度もダメ出しされたりしました・・・・。本当に今から考えても冷汗が出て 反省しても足りない事ばかり。

アジア・ヨーロッパ・南米などからの留学生の為に 先生はいつも各国の文化を知ることと アメリカの文化を知ることに重点を置いてくれました。
日本人って、比較的真面目なんですが外国のクリスマスなどの文化がイベントの部類で入ってきているので そらぁ若い頃は パーティーのハシゴ しか頭にありませんわ。
こちらでは クリスマスは 家族で過ごすのが主流で 日本でのお盆のような大切な催しものです。
店やレストラン等のサービス業 そしてビジネスはほぼ閉まり 当時はお祭り騒ぎができる場所なんてほぼなかったんですよね。

その他、当時は携帯電話などほとんど存在しなかった頃、前もって約束なしに人の家を訪れてはいけない、夕食時などに訪問をしてはいけない、特にクリスマスや感謝祭などの家族の催し時期の夕食に約束なしに訪問してはいけない、お呼ばれされた際の訪問の仕方や立ち去る頃合いなどなど、いつも先生は事細かく例外を交えて教えてくれました。

それらはとても今でもすごく (習った英語よりも)頭に入っていて、お呼ばれやイベントなどの多いジャズ子パパとの生活で困らずに感謝しています。

さて、以上の事柄以外 とても重要なのでしっかりと頭に入れておくこと! と教えられていたのは
パーティーや 友人・知人との集いでは絶対に 

宗教や政治の話は避けること

これはノーテンキだった当時の私には 「あ、そうなの?」 くらいの忠告でしたが、アメリカへ移住してからは本当に気を付けるようになりました。

特に大統領選の迫った今の時期には 所かまわず政治の話をまくしたてる田舎者がいるんです。
なのでジャズ子家は今年は 何かとそういう傾向がある人との接触は避けるようにしています。
食事中に ご本人の嫌いな政治家の悪口をまくしたてられるとせっかくのご馳走も美味しくないし、もう何の話もしたくなくなるし。
あまり話に同調しないようにしたり 話を反らしたりして何気なく話題を変えてもらおうとしても そういう人々は そんな他人の気分を害した事などおかまいなく 自己満足の世界にひたるべく話し続けます。しかもそういう人々は支持してる方の功績を語ることはなく、支持していない方の悪口ばかり。私生活においても公にしても悪口はどんどんエスカレートして食事がまずくなるだけではなく 気分も悪くなります。

「貴方たちがもし私と違う事を考えているのだとしたら 私の言ってることがすべてなので私の話を聞いて考えなおしなさい。」 という思いで熱弁を揮うのでしょうか?

こういう経験を何度もしていると やっぱりあの先生の言葉が何度も頭をよぎります。
よっぽど普段から同じ意見で この話をする為のミーティングでない限りやってはいけないな、と感じます。(実際にそういうミーティングに呼ばれる事もあるのでその時はあーだこーだ、と話し合ったりする機会もあります。)

中には嫌いな政治家の下品なジョークばかりを考えている田舎者も沢山います。
以前 沢山の方々と食事した際に私達の仲良しの家族の前でその家族が尊敬してやまない政治家の方を ある方がジョークでけなしてしまい、しかも何度も繰り返すので心臓が止まるかと思った出来事がありました。
まさかそんな楽しい食事の席でそんな事をするなんて思っていませんでしたから・・・。
その後 うちが呼んでしまったその方の事を何気なく謝りましたが その家族は 「ははは。変わった人だね~。」だけで終わってくれましたが 本当に申し訳ない事をしてしまったな、と未だに後悔ばかりです。

うちのご近所ではそれぞれの党のリーダーを支持している旨のプラカードを立てたりして 選挙中はお向かい同士で火花を散らしているようですが、それらの人々が大勢で集まってパーティーを催す機会も多く、そういう時でもお互いに政治の話を持ち出したりしないのは暗黙のルールになっているようで 表面上は皆さんにこやかに過ごします。
たまに 「貴方は××党だからこんな時は有利よね。」 とチクッとやっちゃうオバサンとかいますが やっぱりこういう人は皆から敬遠されているようで よっぽどの事がないと呼ばれません。
 
人それぞれ考え方も違えば 嫌いな人も尊敬する人も違います。
私もコロラドに来るちょっと前から まさかこんな身近な人があんな人を支持してるなんて! とか驚愕したことがよくあったのですが 今では 人は自分の思想や仕事に関して最適だと思う党やリーダーを自由に支持することができるので 色んな人がいると思って ジャズ子パパもわかっているのでしょうが 念のため職場や仲間同士での政治的な話を出さない、加わらないように釘を刺しています。幸いにも私達の職場では一切政治の話題は出ないので助かります。


そんなことなどから こういう時期は人との接触を避けるべく、を心がけるジャズ子家なのでした。
選挙が終わってもしばらくは 混乱が続くのでできればしばらくはアメリカにはいたくないなー。
ジャズ子ママは更年期の入り口で 余計に気が滅入るっちゅうのよねー。

毎年訪れるニューヨークも 何となーく足が伸びないでいます。 既に昨年訪れた時には選挙ムード満載だった親戚の事を思うと ちょっと気後れしてしまうジャズ子家。
きっと血眼になって喋るんだろうなー。 大好きな人たちなんですが、やっぱりこの時期がねー。(汗
選挙が終わっても暫くは大変な事になっていそうだし・・・・。


もうテレビなんかはほとんど録画したものばかり観て コマーシャルは気分の悪いものばかりなのでそれらはすっ飛ばします。

でも、SNL(サタデーナイト・ライブ)だけは別で これだけは楽しみで必ず観ます。
SNLは4年ごと、8年ごとの選挙のシーズンにピークになるほど面白いんです。
こんな殺伐とした時期に 両候補の特徴を捉えて大げさに繰り広げるお笑い劇場が唯一の楽しみなんですよね。


さて、おしまいは以前見た動画で ロードトリップに行くワンコのクインシーちゃんが余りにもかわいかったので 他の動画を見つけました。
飼い主の男の子が本当にウルサイ(笑)ので 音量を下げてくださいね!
この飼い主を見る限り、女のきょうだいがいないで育った子かな? とか思うくらいウルサイですが(爆笑) クインシーとの関係が羨ましいほど意気投合で親密です。 多分二人とも兄弟だと思ってるんでしょうね。-。



 




  今日も遊びに来てくれてありがとう。 読み逃げ・ピンポンダッシュ大歓迎よん。 ポチポチ応援押してってね!
  br2.gif
 
スポンサーサイト
Comment(1) 
Category:未分類 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2016.09.21(Wed) 02:12
雨も降らず あんなに暑かったコロラドもすっかり秋模様。
昼間はまだまだ日差しが強くて暑いですが 朝晩はめっきりと冷え込みます。

夏にはファッション誌などを見て最近あちこちで見かける ワイドパンツを購入してみました。










9-20-2016 10-17-00 AM 

とっても夏らしく、なんなら秋・冬にでも、と思っていますが 着こなしがちょっと難しいのかしら?




さて、ジャズ子が他界する前に忙しかったお仕事をセーブして 3か月ほどのんびりしていたジャズ子家。 病院やいろんな個人的なアポを入れたり 親戚知人との交流も何かと多く、意外と充実して楽しい日々を過ごしておりました。

中でもドラマチックだったのは ジャズ子パパの呼吸に問題が発生して専門のお医者様に診てもらうと、「心臓発作を起こしていて心臓に傷が見られるので 即カテーテルです!」 と言われ 急きょ絶対安静で2日後に一杯だったオペの担当を無理やり開けてもらい カテーテルをしてみるも、実は傷と見られた影は前回の4年ほど前のカテーテルのさいに付いた傷で 心臓発作も起こしていない、とオペをしたお医者様から聞き、その際にはあの専門の担当医も同席して 「逆に結構いい状態みたいなの!」と言われたのは 「オイっ!」と突っ込みを入れたくなりました。

4年ほど前のカテーテルでは 2回目の施術である注入薬に拒否反応を起こし軽い心臓発作を起こしてしまい、とんどでもない大騒ぎになってしまったんです。
それで今回はその薬は使わないとわ言われてましたが、今回のカテーテルの前日には急いでジャズ子パパに遺言書を作成してもらい (爆) 二人であれこれと今後の事を話し合ったりと これまたとんでもなく忙しくなりました。

いつも亡くなったナミヘイさんから 「若いからと言って油断しないで 遺言書はきちっと作成しておいて毎年それを見直すんだよ。」 と言われていたのに ここに来て簡易遺言書を改めて書きなおしたりして、結婚してすぐにちゃんと弁護士さんから様式をもらっているのに何年もほったらかし。
とっても後悔しました。

結局はストレスか沢山摂取しているお薬の反応ではないかと推測するのですが、次に待っていたのはジャズ子パパのいきなりの アレルギー反応。(これもどうやら沢山のお薬の反応らしい)
特定のフルーツなどを食べると かなり咳き込み呼吸困難に陥ることも。
これでアレルギーの専門医を訪れて検査を行うも、これと言った原因は見つからず。
症状は重いアレルギーの反応で 食べ物も結構アレルギー患者の一般的な物に予想通りの反応があるのでお医者様も自信を持って検査したのですが 不思議な事にパパの体からはそんな抗体は見られなかったんです。

とりあえず エピペン と言う重症のアレルギーの子供に持たせる簡易注射を持たされています。
これは最近アメリカで、エピペンの独占企業である会社が値段を 90ドルから600ドルに釣り上げてボロ儲けしていると物議を醸し出しているやつです。
うちの親戚の子にも重症のアレルギーの子がいて、数年前に両親からこの簡易注射が600ドルもすると聞いて非常に驚いた事があります。 しかも使用期限があり1年たったら破棄して新しいのを買って携帯していなければなりません。

ジャズ子パパの保険なのか、パパは幸いにも10分の1ほどのお値段で買えました。現在アメリカ中から叩かれているエピペンの会社は 「クーポンなどを使って300ドル程の値引きで購入できます」 とか言ってますけど アメリカの処方箋薬の値段なんて あってないようなものだと 良く聞きます。





そんなこんなすったもんだの出来事満載のステイケーションだったジャズ子家。
ジャズ子が他界してからは仕事に本腰を入れ とにかく仕事・仕事・仕事。

最近よくご近所さんから心のこもったジャズ子へのお悔やみをもらいます。 ただ挨拶して会話を交わすくらいの方でも 前庭でジャズ子ママが通るのを涙を溜めながら、「ジャズ子ちゃん、最近一緒じゃないから ダメだったの?」 とわざわざ待っていてくれて 長い事話を聞いてくれて本当に感謝です。

思ったのは、ジャズ子家はいつもジャズ子と一緒でいつも覚悟して悔いのないように過ごしていたので悲しみはそれ程強く襲ってこないのですが、私達を日常に見てくれていた人々は突然の事で本当に悲しくて辛いんだな、という事。
それはきっとジャズ子家の ナミヘイさんが他界した時の気持ちと一緒なんだな。
なのでジャズ子がどれほど恵まれていて幸せだったかを話して聞かせると みんな笑顔になります。


ところで、
これまた忙しい日々を送っているジャズ子家ですが、何か楽しい事も入れないと、と思い、夏にお休みを取らずに急きょ ニューメキシコ州のサンタフェに オペラを観に行くことにしました。

サンタフェはジャズ子と一家で出かけて行く場所。 始めてジャズ子のいない今回の6時間のドライブは何とも長い事! 
どこに行ってもジャズ子との思い出が一杯で寂しくなりましたが、サンタフェはいつもの様にジャズ子家にとって魅力的な街でした。

IMG_6236.jpg 

いつものホテルでは毎回違う素敵なお部屋に。




お気に入りのカフェでもまったり。

IMG_6252.jpg 



アメリカのコンサート前にはテイルゲーターズと言って 駐車場で自家用車の後ろで好き勝手に飲食するのですが、サンタフェのオペラのテイルゲイターはとてもオシャレでショーの前には駐車場でテーブルクロスを敷いた小さなテーブルにワインやチーズなど、はたまた本格的なコース料理を食すると聞きました!

コロラドでは音楽ガンガンで車の後ろにグリルを設置して BBQと缶ビールなのでびっくりしました!(爆

ジャズ子パパとママはお気に入りのカフェからテイクアウトして オペラハウス横の眺めのいい場所で軽食をとりましたよ。

IMG_6258.jpg 

ハム&チーズのディッシュにバゲットを持ってきました。
アルコールは会場で買えます。

予約を入れておくと食事や送迎もできます。



IMG_6272.jpg 

オペラは 「ドン・ジョバンニ」

半分屋外になってるので デンバーのシアターで観るオペラに比べると最初は臨場感にかけるかな? と思いましたが、コメディーなストーリー性と 屋内のシアターでは感じることのできない 心地よい風がとてもリラックス感を醸し出し 素晴らしい体験となりました。
今度はしっかりお休みを入れて 1週間くらい滞在して3つほど観てみたいな。
ショーは日が沈んでから始まります。




そうそう、
夏にはジャズ子家の親戚のお誕生日が目白押しなんで その中のキッズの為にジャズ子家でバースデーケーキを作ってみました。

日本のような繊細なデザインや味のケーキには拘りのないアメリカ人。(爆
大ざっぱで見た目が派手なのが好きです。
なので ググってみて簡単にできそうなやつをやってみましたよ。



まずはパパのお得意のチョコレートケーキを焼きます。
これはどこに持って行ってもレシピを聞かれるくらい美味しいケーキです。

IMG_5710.jpg 

ケーキを層にしてチョコレートクリームを塗ったら キットカットを周りにベタベタと貼り付けて行き、リボンを巻いて固定します。



IMG_5711.jpg 

次にアメリカ人の大好きな M&Mチョコをザラザラザラ~っと目玉が飛び出すくらい入れます。


IMG_5714.jpg 

最後にお好きなデコを飾って出来上がり!
この時は 映画「ミニオンズ」のガミー(食べれる奴)を使いました。

キッズどもが大喜びで駆け寄ってきて好き勝手に手を突っ込んで口にほおばっていました。
パーティー前だと言うのに 誰も「待つ」という事を知らない・・・・・。




翌日はこれまた別の親戚のお誕生日だったので 余分に準備してあったやつで似たようなのを作って差し上げました。

IMG_5717.jpg 

ジャズ子パパ作。
二段ミニオンズ。すっごい雑!(爆



次のお誕生日には これまたM&Mチョコを使ったお花のケーキ。

DCDAA635-44A7-4A73-8C96-C80D90FEB671.jpg 

何かと忙しいジャズ子家。
簡単なのが一番です。
M&Mのお花のデコはあげる直前に作成することをお勧めします。
前日にやってしまい 冷蔵庫へ入れると翌日にはM&Mのカラーが溶け出して下へと向かって流れていってました。 これはこれでまた面白かったんですけどね。



今年の夏も忙しかった・・・・。
寂しさを紛らわそうと一生懸命お仕事に精を出したジャズ子家。(お休みも沢山取ったけど。)

そんなジャズ子家に ジャズ子から素敵な贈り物が届きました。
いつも不思議ちゃんだったジャズ子。
数字や日にちは結局ジャズ子ママのこじつけかもしれませんが、どうしてもジャズ子が私達に送ってくれたんだな、と思わざるを得ない素敵な贈り物。
長くなるので次回に書きますね!








今日も遊びに来てくれてありがとう。 読み逃げ・ピンポンダッシュ大歓迎よん。 ポチポチ応援押してってね! br2.gif  
Comment(4) 
Category:未分類 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2016.08.24(Wed) 04:01
ジャズ子に先立たれてちょっと落ち込む事はあるものの、ジャズ子家は元気にやっております。

ちょっと落ち込みそうになるとジャズ子パパと二人で ジャズ子の武勇伝や(笑) お茶目なエピソードを思い出しては大爆笑しています。

先日、別の州からコロラドを訪れているジャズ子パパの親戚の方が わざわざジャズ子の為にお花を持って来てくれました!
真っ白なアジサイで ジャズ子が毎朝日向ぼっこをしていた場所に飲み水と一緒にかざりました
それが毎日 朝日が当たるとまるでジャズ子がそこにいるようで 「はっ?」となり ついつい笑顔になります。

IMG_6212.jpg 

ジャズ子はとっても不思議ちゃんで 不思議なエピソードが一杯あるんです。
これもきっとジャズ子マジックに違いない! とパパと話してるんですよー。

今から考えてみると、ジャズ子の事で落ち込んだ出来事が沢山あって反省ばかりしていましたが、

*ジャズ子の歯石のため歯医者に行ったのがきっかけで 心臓の雑音が見つかる。
*でもそれがきっかけで 肝臓が悪いのがわかり、心臓の雑音も実は弁が勢いよく閉まる時のエコー音で心臓は犬一番強いのだとわかる。
*手術しても治らない肝臓だとわかり撃沈するも いいお薬を沢山購入できた。
*ママの不注意でジャズ子がお目目をケガし、普段から不満のあった獣医によりお目目が悪化、号泣するママ。
*しかし専門の良い眼医者さんに出会い 良い獣医さんを紹介してもらう。
*良い獣医さんに変えてからはジャズ子を最後まで懸命に診てもらい、感謝の気持ちでいっぱい。

などなど、その時は非常に落ち込んだり困惑しても 後になるとそれらは意味があって起こったのかな、と思う事ばかり。

だからジャズ子の事で悲しんだりしないようにしてます。




さて、毎日暑い日が続いていたコロラドも日に日に秋の気配をうっすらと感じられるようになってきました。
今年の夏は例年にも増して何もしなかったような・・・・・。

ロードトリップに行く気も起らず、仕事して家と庭を掃除して、スズメバチに2回刺されて、(ジャズ子パパは3回!) でも親戚・知人の交流が奥深かったので良かったかも。

今年は暑い日が続いたためスズメバチの被害が多くて ホームセンターでも殺虫剤が売り切れて大変でした。



そんなコロラド、今年はジャズ子家知人のお葬式が多かったので 今日はコロラドでのお葬式の事を書いてみます。




春頃のお葬式に参加したジャズ子家。

この日はなんと、午前と午後で知人家族のお葬式が重なってしまいました。

コロラドでのお葬式は日本とは比べ物にならないくらいカジュアル。

日本では 色物を着てはいけない、笑顔は禁物などなど持ち物に際しても詳細に気を付けながら参加します。
一方 人種も宗教も様々なアメリカ、特にコロラドではとにかく何でも有り。

午前中のお葬式はお仕事先の方のご家族でジャズ子ママも仲良くしてます。
この方は女性ですが 「朝起きて そのままの格好で来たよね?」 みたいな感じの人。
ママと同年代くらいでとても人はいいのですが 髪はボサボサ、眉毛ボーボー、お化粧? 何それ?みたいな・・・ おまけにオッサンのような有り得ない眼鏡をかけていて まさにオッサンのような女性。 ちゃんとご主人はいるんですけどねー。(汗
以前より 「とってもとっても美味しいレストランに行きたいけどどこがいい?」 とよく聞かれていたので クリスマスのギフトにジャズ子家のお勧めのレストランのギフトカードをプレゼントしたことがあります。ドレスコードのあるレストランではありませんがとてもお洒落な客で賑わうので 「普段の恰好で行っては駄目よ。ちゃんとお洒落して行くのよ。」 と彼女の為に忠告したジャズ子ママ。すると彼女の口から飛び出した言葉に驚愕してしまいました!


「え~、いやだわ~。お洒落なんてしたくない~!!」

うっそでしょ~? あなた、女性よね? オッサンじゃないわよね? オナベじゃないわよね?
と色んな事が頭に浮かびましたが 否定的な言葉はなるべく避けて (寝間着のような服はやめて、と言うのも避けて) とにかくシンプルでも小奇麗にしてせめてスカーフとかしてみてもいいかも、などちょっとしたアドバイスをして別れましたがその後とっても心配で心配で あれから半年以上も経ってるのに未だにどんな格好して行ったのかとても気になります。聞くのも失礼だし・・・。

そういう彼女のご家族の葬儀(こちらではFuneralと言う言葉よりもサービスと言う表現が一般的)では個人のひととなり そして交友関係がとても影響されます。

統計好きなジャズ子ママは この方の住んでいるエリアは比較的 女性は上記した彼女の様に化粧っ気なく伸ばし放題の髪に眉毛ボーボー、男性も似た様な髪で後ろで縛っていたり、そして肥満型で牛乳瓶の底のような眼鏡をかけているので 夫婦ともどっちが妻で夫なのかちょっと見分けがつきにくい、というように把握している地域。(爆

きっとサービスには似たような家族知人が集い かなりカジュアルになりうる、とジャズ子パパに告げました。パパ、既にスーツにネクタイを着用しています。
デンバーブロンコスのNFLのスウェットやトレーナーで行かないまでも、ネクタイは外した方がいいんでないかい? いやいやそれは・・・・などとやり取りをして結局 カジュアルなテイラードにネクタイ 下はジーンズという服装に落ち着きました。 ジャズ子ママ、これでもかなりフォーマルすぎると思いましたが、そのまま向かう次のサービスは パパの知人で美容師の方のご家族。おそらくここより遥かにマシなはず。 どちらのサービスでも浮かないように服選びをしなくてはいけません。

こんななら いっそ日本の様に黒一色だとここまで悩む必要もないわけで 逆に羨ましくなります。

さて、午前中のサービスですが、ジャズ子ママが予想した通り、会場はとても狭い所でしたが肥満系が95%。ほとんどが髪の毛も眉毛もボーボーです。
そして上下スーツ姿はゼロ。 80名ほどの人数でパパの様にテーラードのジャケットを着ているのはパパを含めて2人。 ほとんどが 「朝起きてそのままの恰好で来たよね?」 もしくは 「帰ってそのままの寝る恰好だよね?」 です。
所得層が低いとか、問題のある地域というわけではなく、 この地域の方々はこのエリアに誇りを持っていて昔からここに住んでいてどこにも出たくない人が多いと聞いたことがあります。

そして普段寝間着のような格好で、とさっき書きましたが、本当に寝間着姿で来てる人もいました
ピンクのフリース生地のつなぎのパジャマ(大人用があるなんて知りませんでした。)姿で座っている肥満系の長い髪の眼鏡をかけた女性がいました・・・・・。(汗
思わずここは Wォルマートか? と思いましたがちゃんとした神父様もいます。
この寝間着女は 「普段故人がいつも寝間着を着ていたので今日は私も寝間着を着てきました」、とスピーチしておりました。

普段着には気を付けて生きていこう と思った瞬間でした。

デンバーブロンコスのトレーナーを着ている男性も数人。(おおっ! 新着の2016チャンピオンシップのシャツではないかっ! ←ママの欲しいやつ)

会場が狭かったので後ろで立っていたジャズ子家はサービスそっちのけで 人観察に気を取られてしまいました。座っている人の中には編み物をしている女性もいたりして、ジャズ子家と一緒だった同僚の女性と後日にこの人々の話題で盛り上がりましたよ。

ちょっと救われたのはご遺族の知人はいつもとは比べ物にならないくらい小奇麗な恰好をしていて 私達は挨拶をする時に 「今日はとっても綺麗よ!」 と褒めてあげるとすごくうれしそうでした。 お葬式とはいえ 悲壮感を出さずに楽しく過ごすのがコロラド流。話題も故人の面白おかしい話に花を咲かせます。
後日、彼女はジャズ子家の参加を喜んでくれて 特にジャズ子パパがちゃんとしたジャケットネクタイ着用してくれていた事にとても感謝してくれました。さすがに彼女も参加者のあまりのカジュアルさと言うか 気の抜けた格好にやはりちょっとショックだったようです。

ジャズ子家と同僚の女性は普段よりちょっといいオフィスルックといった感じで当たり障りはなかったと思いますが あの中では私達はかなり浮いていたように思います。
でも遺族の方からすれば やはりちゃんとした格好をしてもらった方が嬉しいんだな、と改めて思ったジャズ子ママです。 
そして普段着はちゃんとしたのを着ましょう!



そしてお昼を取ってそのまま午後のお葬式。

こちらは大きな会場におよそ150名ほどでしょうか。
予想通りカジュアルではあるものの ちゃんとした服装が多い。 男性はネクタイなしのジャケット着用。女性はワンピースにパンツにそれぞれ春らしい彩のある服装が多く、どちらのお葬式にも黒を来ている人はほとんど見かけません。
ただ、故人が若く派手だったようで ここのサービスではティーンや20代らしきグループが多数いて みんなそのまんま夜のパーティーに繰り出すような格好です・・・・。(実際繰り出したんでしょう。)

露出の多いミニやらラメ系やらメイクもケバケバ。 親は注意せんのかいな? と思うジャズ子ママ。 

日本とはやはり全く違いますねー。
でも個人の好きだった曲を流したり 面白エピソードを披露したり、個人の好きだったお菓子を配ったり、皆でBBQしたりなど、笑顔が一杯でいつも参加できて良かった、と思います。





コロラドでのお葬式、いかがでしたでしょうか?
未だにどれだけ やりすぎ感なく着ていくのに苦労するジャズ子家です。




今日も遊びに来てくれてありがとう。 読み逃げ・ピンポンダッシュ大歓迎。 ポチっと応援押してってね! br2.gif  
Comment(2) 
Category:未分類 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2016.07.30(Sat) 02:50
ジャズ子の命のお祝いに沢山のお気遣いとコメント有難うございました。
改めてジャズ子の事を気にかけて頂いた事に感謝の気持ちで一杯のジャズ子家です。

元気を心がけるジャズ子ママでも食事も美味しくないし景色も色あせて見えるので 時々寂しくて涙することもありますが、そんな時は いつもジャズ子と目が合うとどんなに気分が悪くても具合が悪くても 「にかっ!」 と笑顔を見せると 「大丈夫みたいね、ふんっ」 と昼寝を始めたりお外を見に行ったりと好きな事を始めるジャズ子の事を思い出して 「いかん、いかん、いつも通り笑顔で!」 と気合いを入れます。

それにしてもうちのジャズ子パパ・・・・・。
どうやらあらゆる親戚知人にジャズ子の訃報を送っているようで、毎日のように沢山のお悔やみが送られて来て それを全部ママに回してきます。

中にはジャズ子に会ったこともない人々からも素晴らしく心温まるお悔やみをもらいます。

パパは職場でもわざわざお悔やみを言いに来る部下にジャズ子とのヨガの写真やらを見せているようなんです・・・。パパの職場の方々、お疲れ様です。

コロラドではペットは家族の一員と認識されている方が多いので ペットが他界すると近所の方々などからも心のこもったお悔やみおメールが届いたりします。

フネさんに最初にお知らせした時は 翌日に息子さんのカツオ君がジャズ子家に駆けつけてくれました。
シェフであるカツオ君は数種のサラダを作ったとの事でわざわざ持ってきてくれたのですが、その時に目を潤ませながらのお悔やみをジャズ子ママに伝えてくれて、ママが

「ジャズ子は世界一の愛情をもらってたので思い残すことはないから大丈夫!」 と言うと、

(皆さんそうなのですが) 今まで目に涙を溜めていたのに爆笑して

「本当にそうだよね!! 僕いつも言ってたよね、今度生まれ変わったら絶対ジャズ子家のワンコとして生まれてきたいって!」 (爆笑)

と言ってくれました。
何がそんなにおもしろいんじゃい? とママも釣られて笑ってしまいます。
違う人じゃなくて ワンコに生まれ変わりたいて・・・・。(笑)


メソメソしていると読んでいる人が辛くなると思うので、それにジャズ子とは楽しい思い出ばかりなので時折エピソードを交えながらブログに入れていきますので皆さんも楽しんいただければ幸いです。




さて、ジャズ子ママの職場にて。

4ワンのママであるシュガーママ。 最近とても落ち込む事があり仕事もおろそかになってることが多く、同僚から苦情などが出ておりました。

ワンコ達はどちらかが具合が悪くなったりして病院に連れて行くために頻繁に時間をもらったりしているので夏の忙しい時期には困る人も沢山いるんですよねー。

シュガーママはワンコをレスキューするのが趣味で4ワンもいるのに更に他のワンコを養子に迎えようとして 養子縁組の活動をしているグループから一度拒否されております。

どうやら現在のワンコの数と生活状況から見て里親には合格しなかったようです。 こういった動物愛護団体は里親の審査を厳しくしていて せっかく縁組したのに更にワンコが虐待されたりといった不幸な出来事がないように気を付けていると言います。

それ以外にも居住している市や郡では一般家庭で飼えるワンコの数を制限しています。
シュガーママの住んでいる市では確か4匹が上限だったような・・・・・・。

そんなある日、ジャズ子ママが出勤する前に職場のある女性からメールが届きました。 最近シュガーママが仕事をおろそかにしていて困っている、と愚痴をこぼしている「被害者」の一人です。

メールには 「信じられない! あの人別のワンコを引き取ったのよ! オフィスに連れてきてるわよ!」 との事。

私も目まいがして 「何考えてるのかしらねー?」 と送信。



実はもう大分前の事なのですが、シュガーママが シュガーちゃんとキャスパー君の2頭飼いをしていた頃。ただでさえシュガーちゃんがやんちゃで とんでもない物を食べて手術したり などなどがあり2頭でも手一杯だなーと思っていたところ、立て続けにあと2ワンを養子に迎え入れて皆を仰天させたことがあったんです。

しかし最後に迎え入れたニーナちゃんを 3番目養子のジャズベルちゃんが毛嫌いし、(もうわけがわからなくなりましたね?) 「家出事件」を引き起こしました。

ニーナちゃんを引き取って2,3日してから 早朝にシュガーママからメールが来ました。

「ジャズベルがいなくなったの~! 見つかるまで出勤できないわ~(涙)」

あちゃ~、ジャズベルちゃん 怒って家出したのか?

ジャズ子ママはシュガーママとは違ってフルタイムではなく午後から出勤するので とりあえずシャワーを浴びてから 彼女の家に向かい周辺を探してみるから、と伝えてそうしました。
早いとこ探して彼女を出勤させないとみんなが困るのよね~。(汗

という事で彼女の自宅周辺を車で1時間ほどウロウロして庭仕事をしている人に聞いて回ったりしましたが全然目撃者もおらず。
シュガーママの家に向かって行くと、彼女が泣きながらリードを片手に歩いています。
呼び止めて話を詳しく聞いてみると、
ニーナちゃんが来てからとにかく怒って隅っこから出てこなくなっていて、その日早朝5時半頃いつも通りワンコ達をお外に出して シャワーを浴びて いざワンコ達にご飯をあげようとしたら ジャズベルちゃんだけ家の中に戻ってこず、庭のどこを探しても見つからなかったらしい。

でも彼女の庭はフェンスで囲まれていてワンコは脱走できないはず。
彼女が言うには ピクニックテーブルがフェンスの近くにあってそれに上ってフェンスを越えて行ったのかもしれない、と言います。

う~ん・・・・・。 家の中に隠れてるんじゃない? と言うジャズ子ママに

「家じゅう探したけどどこにもいないの!」 と言い張ります。
ジャズベルちゃんはとても小さいのでフェンスを越えて行くとは思えない。 チップも入っているし 何かあればアニマルコントロールから連絡があるはずだから とりあえず暫く様子を見れば?
と言ってジャズ子ママは仕事に向かいました。

職場では興味津々の同僚たちが 「どうだった」 と言うので、

「ありゃぁ、隠れとるねっ。 家出してないと思う。」 と伝えておきました。

そして数時間後・・・・・・。

シュガーママから 家の中に隠れていたジャズベルちゃんを発見・確保したと連絡がありました。
どうやって見つけたかと言うと、親戚の方が訪ねて来て ドアベルを鳴らしたところ、



ギャン! ギャン! ギャン! ギャン!


と押し入れから物凄い勢いで飛び出して来たらしい。
なるほど~・・・・。 そういう手があったか。

一件落着。


~~~ という事件があり、職場の人達もよっぽど犬好きでない限り 彼女の生活を理解できないでいるんですよね~。 犬好きジャズ子家でもちょっと呆れてしまいますが。


そんなシュガーママがまたまた落ち込んで仕事がおろそかになってる時期に もう1匹????
本当にどうかしてるわ、と呆れながらも仕事に向かい、オフィスの入り口を入ると、何やら小さな黒い物体が

ててててててて~。 とジャズ子ママに向かってきました。








IMG_5576.jpg

それがジャズ子と同じサイズの タイちゃんです!

ジャズ子ママが思わずしゃがんでみると、「それっ!」 とママの膝に乗っかり 「ふ~。」 と横になってしまいました。



おいおいおい、可愛いじゃないか・・・・・・。( ← オイっ!


シュガーママがニヤニヤしながらやってきて
「そういう訳なの。やっぱりこの子、ジャズ子ママが好きだと思ったわ。」 と言います。

そういう訳ってどういう訳よ? 
何でもこのタイちゃんは シュガーパパさんの親戚の家で5年間ずっと繋がれて虐待されていて、それを別の親戚の男性が可哀想になって思わず引き取ったものの、この男性のアパートはペット禁止で飼えないとの事。 このタイちゃんに一目ぼれしたシュガーパパさんが決心したらしい。

う~ん・・・・・。 こんなに可愛かったら責められないなぁ~。
と言うジャズ子ママは 周囲から冷たい視線を感じつつ・・・・・。 仕事しながらついついタイちゃんにちょっかい出したり。

でもこれで シュガーママのご機嫌と 仕事のはかどりが良くなっているので あとはワンコ達が変な物食べて病気しないことを願うばかりです。








ではうちのワンコ達です。

うちの親戚ワンコの ター坊。 要領のいいサっちゃんと違って おやつをもらうのがとても下手なんです。

サっちゃんは優しく 「あ~ん」 とおやつを受け取ってくれますが、ター坊ったら、「がぶっ!」 っとママの手まで思いっきり食べてしまいます。
なのでいつも 「優しく、優しく!」 と教えながら与えるので ター坊はいつも大好きなおやつをもらう時はすっごく緊張します。



IMG_5648.jpg

「できるかな~、どうしよ~、ドキドキドキ。」



IMG_5649.jpg 

「う~・・。 ドキドキ」 (と~っても時間がかかるので 急いでるときはジャズ子ママ困ります。)

うなりながら一杯考えてから ゆっくりゆっくりとおやつに近づき大成功する場合もあり、あんなにゆくり近づいたのに ガブッと失敗して自己嫌悪に陥ることもあり。




しかしながら一番可哀想なのは、

ドキドキしながら 「できるか、できるか」 と悩んでいる間に 背後からそーっと白い影がやってきて おやつを奪われてしまうのではないかという恐怖にさいなまれる事。



8-1-2016 9-46-29 AM 






今日も遊びに来てくれてありがとう。 読み逃げ・ピンポンダッシュ大歓迎よん。 ポチポチ応援押してってね! br2.gif  
Comment(2) 
Category:未分類 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2016.07.12(Tue) 01:54
突然ですが 今回とても残念なお知らせをしなければなりません。

ペットロスで気分が落ち込んだりする方は読まないでくださいね。





とても元気に過ごしていたジャズ子の体調が7月に入る前に急に崩れてしまい、回復することなく 7月4日の独立記念日に 虹の橋を渡ってしまいました。

読んだ方はとてもショックを受けるかもしれませんが ジャズ子家は元気にやっておりますのでご心配しませんように。

生まれつき肝臓に問題があったジャズ子は長く生きることができないかも、と言われながらも 獣医さん達のサポートとジャズ子家の愛情を受け、とってもとっても元気一杯な 8歳と半年の一生を送ることができました!

ジャズ子家では常に家族団らんで 旅行もどこでも一緒。 ジャズ子の為にキャンピングカーも購入しましたからねっ(笑)

ペットは病院で安楽死が主流のコロラドですが、苦しむことなく逝ったジャズ子をパパとママが自宅で傍にいて看取る事ができて とても感謝しております。 ジャズ子、病院がとても苦手でしたからね。


当日はとてもとても楽しく素晴らしい日で、ジャズ子は計画して逝ったに違いない!と思えるほど。

ナミヘイさんが亡くなってからは 滅多にお外に出なくなった フネさんがヒョッコリとジャズ子家にやって来ました。

前日にフネさんちでディナーを頂き、その時に持って帰るのを忘れた完熟トマトをわざわざ届けに来て頂いたんです。

いつもディナーにはジャズ子も招待してもらうのですが、ジャズ子家以外のお客様がいらっしゃったり、たまたまジャズ子が疲れていたりすると連れて行くのを遠慮して フネさんは大好きなジャズ子にしばらく会えなかったりするので ジャズ子に会わせてあげなければ! と思い お部屋で寝ていたジャズ子を抱っこしてフネさんに会わせました。

フネさんもジャズ子も大喜びで良かった。

ジャズ子家の地下住人の一家は彼らの家族で過ごす為におりませんでしたが、ジャズ子家と毎年一緒にイベントを過ごす親戚一家が 独立記念日恒例のBBQにやって来ました!

お外は暑かったので、ジャズ子はみんなの楽しい声が聞こえるベッドルームで涼しくお昼寝してもらいました。

盛大な独立記念日の花火に送られながら虹の橋を渡ったジャズ子はその日何と、ジャズ子のお誕生日パーティーの毎年のメンバー全員に会うことができたのでした!

まぁ~、本当にジャズ子らしい!


0711161.jpg 


昨年のジャズ子のお誕生日パーティー。

(ジャズ子ママが怠けていて更新できませんでしたが お写真は一杯あるんです。)

この年もハヌカと重なってハヌカの8本のローソクをそのまま使って8歳のバースデーソングを全員で合唱してもらいました。 なんて幸せなジャズ子なんでしょう~。

フネさん、そしてきっとナミヘイさんも一緒にいてくれたと思いますし、親戚の皆さん、8年間もジャズ子のバースデーパーティーを盛り上げて頂いて有難うございます!

これって凄い事だなぁ、と改めて思います。


お薬も ジャズ子ママ手作りのご飯も ほぼきっちりと終わらせていきました。

ほんとに、ほんとに 、ジャズ子は偉いなぁ~。 ジャズ子ママとパパが悲しくならないように気を使ってるんだな。

いつも可愛く、元気一杯で過ごせたジャズ子ちゃん、これからは苦手だった沢山のお薬も飲まなくていいし、一緒に行けなったレストランだろうがどこだろうが いつもパパとママと一緒にいれます。

だからジャズ子を応援してくれた皆様も悲しみませんように。

ジャズ子家は沢山応援してくれた皆様にとても感謝しております。


07111603.jpg 

クリスマスパーティーでのジャズ子ちゃん。



ジャズ子が虹の橋を渡った翌日、ジャズ子パパの提案で急きょお休みをもらってキャンプに出かけることにしました。

突然で キャンピングカーの準備をしていなかったので今回はキャビンを予約してちょっとした着替えだけを持って ジャズ子と沢山訪れた スティームボートスプリングスへ向かいました。

ジャズ子とは沢山ロードトリップを楽しんだジャズ子家。 コロラド州周辺の ニューメキシコ・テキサス・オクラホマ・ネブラスカ・ワイオミング・モンタナ・ユタ・アリゾナ・ネバダ そしてカリフォルニア州。 こんなに沢山の州をドライブしてきました。

そしてスティームボートスプリングスは ジャズ子と一番多くキャンプした場所です。 
ここで楽しんでジャズ子の命のお祝いをしたジャズ子家、 今回もとても楽しく素晴らしいロードトリップになりました。


 

IMG_6112.jpg 



ジャズ子がうちに来てくれたお蔭で素晴らしい旅を楽しむ事ができました。


ジャズ子のブログを読んでくださった方々が 楽しんでくれていた事を願っています。
そして、ジャズ子の命のお祝いを楽しんでもらえますように。

IMG_3408.jpg 


元気なジャズ子に今会えないのはちょっと寂しいけど、悲しくはありません。 ジャズ子はいつも私達と一緒ですからね。 ナミヘイさんがジャズ子を抱っこしてあげてるかも。 ナミヘイさん、いつもジャズ子を抱っこしようと おやつを隠し持っていましたからね。(笑)



ブログはちょっと退屈になるかもしれませんが 時間のある限り更新していこうと思いますので 良かったらお付き合いくださいね。


IMG_4808.jpg 





今日も遊びに来てくれてありがとう。 読み逃げ・ピンポンダッシュ大歓迎よん。 ポチポチ応援押してってね! br2.gif  
Comment(22) 
Category:未分類 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.03.03(Sat) 07:32
DSCN5039.jpg

今日は職場でのお別れ会がありまして、お花とケーキを頼まれました。

コロラドに住んで数年、いまだにどこでお花を頼めばいいのかよくわからないんです。

スーパーにお花のコーナーがあるんですが、滅多に人がいるのを見たこともなくて 頼むにしてもどうやればいいのやら。

ギフト用のお花もあるのですが とても簡単なラッピング。 

あと、花瓶に入って売られているのもありますが たっか~い。



頼むとどこまでやってもらえるのか、ラッピングに追加料金が出るのか? チップはいる?

ジャズ子パパに聞いても 「 I have no idea 」 との事。

パパはよくお花を買ってきてくれますが、まとまりのない種類の違う花々と雑草をかき集めたような葉っぱ類が束になったデッカイやつを買ってくるので頼りになりません。

まるで余りものの寄せ集めのような花束で デカければいいと思ってるよう。



今度誰か担当がいる時にでも聞いて来よう。

なので 今回は一束で売られているお花を買ってきて自分でラッピングしてみましたよ。

お花用のラッピング材もなかなか探せないので苦労しましたが、なんとかできました。



DSCN5044.jpg

お花のように可愛い方なので花柄いっぱいで。



DSCN5047.jpg

どうですか、ジャズ子副社長?

どうでもいいみたいですね。 食べ物じゃないし。




次にケーキ。

IMG_1889.jpg

クリスマスパーティで出たケーキのリクエストがあったので Wholefoods まで行ってきました。

どれも美味しそう~。

ジャズ子ママ、チョコが好きなんよね~。

日本のケーキの繊細さには劣りますが、ホールフーズのケーキが日本のやつに近いかな?



リクエストされてたのはこれ

IMG_1887.jpg

Berry Chantelly

ケーキの層の間にもベリー類がサンドされてて おいぴぃ~です。

クリスマスに出てたのはベリー類がたっぷり一面に乗っかってたのですが、リクエストすれば追加料金でできるらしい。




そして今回は

IMG_1888.jpg

大きめの四角いやつで。

前もって注文しておいて当日の朝にお引き取り。

これを出したらやはり歓声が上がりました。

でもこれって自分で作れそうだな~、とか思いながら美味しく頂きました。

美味しいイチゴが出回っているので何か作らねば。(パパが)





そして今日はピヨコ隊はお休みして、ご近所ワンコ隊。



DSCN4966.jpg

ジャズ子が唯一心を許しているワンコ、裏庭のマロニー君ち。

雪が解けて裏庭まで行けるようになると、何ともう一人のワン友 ソイヤ―君が!

ソイヤ―君はマロニー君のいとこで だいぶ前に遠くへお引越ししたワン友。

帰ってきたの~? お帰り~。


2-29-2012 3-21-43 PM

久しぶりだね~!


2-29-2012 3-19-38 PM

覚えてるよ! 元気そうで良かったよ。

その後ワン友3人組で仲良くフェンス越しに遊んで大満足なジャズ子でした。


DSCN4623.jpg


それでは皆様も素敵な週末をお迎えくださいね。










今日も遊びに来てくれてありがとう。
ランキングに参加中です。良かったらポチポチ応援押してってね!

br2.gif

 
Trackback(0) Comment(4) 
Category:未分類  Genre:海外情報  Theme:アメリカ生活 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.02.08(Wed) 08:33
ダウンタウンの Mona’s Restaurant でランチ。

DSCN4739.jpg

ダウンタウンの中心から15th Street を西へ向けて行くと Platte Street の手前左手にあります。

建物東側のモナ・リサの壁画が目印。


DSCN4741.jpg

クラブサンド8ドルくらい。 私はハーフサンドにしてオニオンスープを付けてもらって9ドル程。

野菜で隠れてますがとても肉厚で食べごたえ満点。 そしてお得感満点♪

オニオンスープも文句なしです。




DSCN4742.jpg

色んな物に隠れておりますがサーロインステーキ 11ドルほどです。

わかりづらいですが これも肉厚で結構ボリュームあり。

ミディアムだと 私好みの中がピンク色で肉汁がしたたり落ちるくらいです。

苦手な方はウェルダンがいいかも。

肉の上にはブルーチーズが乗ってますが 私的にはこれはいらないかな? 

そしてホームメイドのチップスは外せません。









さて、今日のオフィスワンコたちです。

2-8-2012 1-47-27 PM


B嬢、タロヲ君、カッタ君 と3人そろっておりますが 最近もう一人このオフィスに新入りがきましたよ。

実はタロヲ君のママが 女児を出産して赤ちゃん連れで出勤してます。

3人の背後にはベビーベッドを隠すようについ立が設置されました。

タロヲ君も晴れてお兄ちゃんになりました~。 (タロヲ君は養子です)



タロヲ君、お兄ちゃんになった気分はどう?




2-8-2012 1-46-00 PM

タロヲ君、今一瞬寝てたでしょ?



そして副社長のジャズ子にはここしばらく休暇を取ってもらってます。


DSCN4606.jpg

元気なタロヲ君が廊下を走ると 

「廊下走るなぁ~!」

と正義感を働かせてすぐに注意してしまうジャズ子副社長なので 赤ちゃんを起こさないようにちょっと気を使ってみました。

様子を見て大丈夫そうだったら また出勤してもらいますよ、ジャズ子副社長。



副社長が早く復帰できるようにポチポチ押してってね!

  ↓

br2.gif


 
Trackback(0) Comment(2) 
Category:未分類  Genre:海外情報  Theme:アメリカ生活 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2011.03.06(Sun) 16:34
心が固くなって 笑顔をすっかり忘れた日でも、1日1回は 笑顔を思い出させてくれた 十兵衛ちゃん。

愛と笑いの天使。

虹の向こうに行ってしまったけど 十兵衛ちゃんのことは忘れない。

沢山の愛と笑いをありがとうね。

そして 十兵衛 ミネソタでの和犬の生活 の母兵衛さん、十兵衛ちゃんの愛と笑いを世界中に届けてくれてありがとう。









br2.gif


 
Trackback(0) Comment(3) 
Category:未分類  Genre:海外情報  Theme:アメリカ生活 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2010.11.16(Tue) 07:47
CIMG1271.jpg

先月末にサイクリング中にデジカメを無くしてしまい、古いカメラと iPhone でしのいでいましたが 不憫に思ったオトンが コストコに行った時に買ってくれました。

CIMG1272_20101118031231.jpg

CASIO Exilim EX-S200

日本で カシオを使って以来、エクシリムにはまってしまいました。 

無くしたやつと同じのが欲しかったのですが、コストコにはもう売ってなくて しょうがなくこの EX-200 を購入。 119ドルでした。

調べてみると日本では8月の終わりごろの発売でまだ出回ったばかりのようです。 そして日本でのお値段はオンラインで一番安かったのが 17,800円ほどでした。

カシオのカメラは日本での方が安く買えたので 今回はお得だったようです。

このカメラ、薄いのが特徴です。 
前回持っていた S12 と同じくらい薄いですが正面から見て左側が湾曲して出っ張っています。 
「何じゃ、こりゃっ?」 と思いましたが使ってみて納得。 以前の S12 では薄いがために 片手で持ったままのボタン操作がちょっと しづらく 比較的小さい手のひらの私でどうにかできるという感じでした。 
今回この S200 の出っ張りでホールド感が安定しました。 しかし薄いのでホールド感重視であれば女性向きです。 
画像はこれからちょくちょく撮っていくので見てってくださいねー。
ちなみに上の画像は古いカメラの EX-Z1000 で撮りました。

CIMG0134.jpg

この Z-1000 はだいぶ前に日本で買って仕事で使っていましたが 当時は初の10メガバイトで液晶も大きく他のカメラとは群を抜いて綺麗でした。 そして何と言っても電池の持ちが普通じゃなかったです。 旅行で使っても5日間は充電なしでバシャバシャ撮れました。 

CIMG0137_20101116124910.jpg


数年前にオトンが日本に来た時に私のを気に入って 12メガバイトのやつを買って行き 今だにプライベートにも仕事にも使っています。
とても頑丈でもあるので文句なしの愛着のあるカメラです。 

画像は新しいカメラの方がドンドン良くなってきているので やっぱり暗いところで綺麗に撮れるような新しいのを買ってしまいますが。 


無くしてしまった S12 はと言うと、薄くて携帯性に優れており 画像も綺麗。 
特に メークアップ機能 が付いていて 人物のお肌がものすんごく綺麗に写ります。 
「美しい方はより美しく、そうでない方はそれなりに・・・」 ではなく、そうでない方も お肌が本当に綺麗に写ります。 
オカンの顔の 染み染み なんか綺麗に吹っ飛んでましたよ! すっぴんでもお化粧しているかのように写ってました。 
オカンの写真を撮ってくれたオトンは出来上がりを見て 「オトンの写真の腕も上がったもんだ」 と思ったと言っておりました。

撮りたいシーンをカメラがオートで勝手に選んでくれるのも楽チンでした。 
しかしこの S12 はオートにすると ジーコ! ジーコ! とオンの間ずっとうるさかったです。 
そして暗いところでもフラッシュ無しで綺麗に撮れるにもかかわらず、起動すると常にオートフラッシュが作動するので 撮影前にピコピコボタン操作をしてフラッシュをオフにするのが面倒でした。 
時々それを忘れると雰囲気のあるレストランとかで バシャッ とやってしまいすんごく恥ずかしくなる時がありました。

S200 では それが改善されて ジコジコ と小さな機械音になり、フラッシュも一度オフにするとずっとそのままなので レストランでも安心して撮れます。



長々となりましたが それでは S200 で撮った写真をご覧頂きましょう。

CIMG0083_20101116124601.jpg

まずはお散歩で 寒いので目を小さくしながら小走りのジャズ子。

ちょっとブレてます。


CIMG0123.jpg

朝の日課。 オカンのシャワー待ち。 (フラッシュあり)


CIMG0124.jpg

シャワーからでると 「トリーツは?」 のポーズ。


CIMG0125_20101116124743.jpg

小っちゃなドッグフード一粒の為に何でもします。


CIMG0128.jpg

ドライヤー待ち。 (フラッシュあり)

ケージに戻り網越しに オカンがお化粧するのを見ながらまた眠ります。


CIMG0129_20101116124812.jpg

そしてオカンのドライヤーが始まるとまたまたすっ飛んできます。

ドライヤーは死ぬほど嫌いなジャズ子ですが ジャズ子のお風呂でドライヤーをあてた後にトリーツをあげるようにしていたので いまだにオカンのヘアドライヤーの時にも めっちゃ嫌そうに それでも義務感で飛んできて風を待ちます。

CIMG0130_20101116124829.jpg

前からも。

CIMG0132.jpg

横からも。

頑張ったのでまた 「トリーツは?」 のポーズで要求。

その後は出勤準備が始まるのでケージには戻らず 冬用ジャケット待ち。

CIMG0138.jpg

ジャズ子副社長、今日もオフィスでおりこうさんできますか?

CIMG0140.jpg

まかしといて! のウィンク。

CIMG0154.jpg

オフィスでは一通りスタッフに挨拶して オカンの膝の上で休憩。 膝からはみ出るので ヘッドレストか必要です。 オカンはいつもこうやってこき使われるのです。



さて、別のオフィスではもっとワンコたちがいて 最近オカンが訪れると あのサツマイモ・クッキーを持っていないかと持ち物検査を受けるようになりました。

 ・  ・  のワンコたちがいて  と  は すばしっこいのでなかなか写真を撮れませんが、 の タロー君はちょっとドンクサイので隙だらけです。 

CIMG0143.jpg

あぁっ、オレンジ色のデカい爺さん顔で顔の下に小さな足が付いてる生き物・・・みたい。

CIMG0144.jpg

げげっ、 おたまじゃくしに変身!

クッキーを見つけてつぶらな目が光ます。

CIMG0145.jpg

半分に割ったクッキーを鼻の上に乗っけて号令待ち。

「よしっ!」

CIMG0146.jpg

「バクッ!」 といくが失敗。 いつも自信たっぷりなのに 一度も成功したところを見たことがない・・・・ この日は棚の下にクッキーが入り込んでしまい、オカンは 「取って・・・」 のお願いをされました。



こんな写真ばかりしかまだありませんが これからもどんどん撮って行きますのでお楽しみに。

CIMG1199.jpg

締めくくりはジャズ子のキャッツポーズ。

今日も写真のモデルさんたちの応援クリックしてってくれたら嬉しいです。

  ↓
br2.gif


 
Trackback(0) Comment(4) 
Category:未分類  Genre:海外情報  Theme:アメリカ生活 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2010.08.22(Sun) 11:27
CIMG1250.jpg

今週はオトンの仕事が押して押して あっちこっち運転手を務めたオカン。 ナビゲーターのジャズ子もクタクタ。

オトンの手術をした右足はまだ感覚が戻らず 次のお医者さんとの面会予定日 来月まで運転は認められてません。
 
忍耐力のないオトンはどうにか運転していいよ、と病院から許可をもらいたかったのですが、 「家で車を移動したりするくらいは問題ないと思うが 実際に道路に出て運転してて万が一 事故にあったら多分保険会社は払わないと思うよ」 と言われてあきらめたようです。

アメリカは何でも保険の世界 しかもかなりシビアです。 オカンは全然運転手は気にならないのだと言っても聞かなかったのに この「保険」の言葉が出てきて素直に言うことを聞きました。 

この日も1日中運転手でしたが、この日の夕食はお寿司を食べに行くことになっていたので超ご機嫌オカン。


Sushi Den
CIMG1253.jpg

デンバーの南の住宅街の中にあって デンバーではかなり知られています。

ネタが新鮮で日本らしい美味しいシャリでいただけます。 

が、結構お値段が高いです。 日本だともっと安くて美味しいところは沢山あるでしょうが、 ここは家族経路で東京から直で仕入れていて新鮮さではどこにもひけをとらないのだとか聞きました。

なので ここで食事するのは年に1、2回ほど (爆笑) そして注文するときもドキドキしながら値段を確認しながら。 (笑)

しかし、今日は値段を気にせず思いっきり食べる決心をしてやってまいりました 

いつも頑張ってるし (何を頑張ってるのかわからんが!) いいじゃん! 今日くらいは!

というわけで、

CIMG1255.jpg

まずは天ぷらを手始めに。 カラッと揚がってて嬉しい♪

そしてオトンが選んだお酒は

CIMG1254.jpg

にごり酒を冷で。 うまいじゃないですかぁ~。 甘口ですが喉越しなめらかでオカンもクイっといってしまいますね。 どこかで売ってないか調査せねば。

そしてお寿司ちゃんたちのご登場です。 <(_ _*)>

CIMG1256.jpg

向こう側に見えますのは~ ウニでございます~。 かなりウマ~。

そしてオカンの大好物アナゴさんも最高です。

CIMG1257.jpg

サバもウマァ~。 オカンはサバ女なので大喜びっす。

そして追加。 

CIMG1259.jpg

いつもはイカは頼みませんが、前日に 「十兵衛 ミネソタでの和犬の生活」 というブログで イカを見てしまい、 頭の中でずーっとイカが泳いでいたのでたまらず注文!

CIMG1258.jpg

本当はイカそうめんを山ほど食いたかった・・・・

さて、ここ Sushi Den さんは 目立つ看板もなく住宅街に溶け込んでますが 赤レンガ造りが目印。

CIMG1260.jpg

そして道向かいには Den Deli という姉妹店ができてて ここでは ラーメンとかも出てるそう。 鮮魚もあるそうです。 今度挑戦してみます。

CIMG1261.jpg

いやいや、美味しかった~。 ご馳走様でした。 また来年お邪魔します。 (あ、いえいえ、すぐにまた来ます)




家でキャンパーに吊るすカーテンの補修をしてるオカンの側で マッタリ中のジャズ子。

CIMG1275.jpg

オトンがまた来週にでも 温泉に行きたいと言ってるので オカンは夜なべでカーテンを直しとります。



さてさて、次回は 「手作り酵素」 について書いてみたいと思っとります。 

日本にいた時は 春と秋 年に2回 野草や野菜を使って作ってました。 ただの発酵ジュースじゃん、と思いきや すごく身体にいいと実感して以来 毎年1年分作っては大事に大事に飲んでました。

人間の身体って酵素が必要なんです。 酵素自体誰でも体内にあるのですが 現代人は酒・タバコ・薬そしてストレスによって消耗されて健康面でいろいろ問題が出てくるそうで。

毎日少しずつ飲んで補っていくと 普段どれだけ酵素が必要な生活をしていたのかを思い知らされます。 

渡米する前に友人から 「これを持っていってね」 と渡された酵素を大事に冷蔵庫に保管してまして、今回 足の術後で結構つらい思いをしているオトンに飲ませてみました。 もったいないので1日で効かないようだったら 「やっぱダメね」 と言って更に大事にキープするつもりでしたが、「イイデス! またお願いします」 というのでチビリチビリ与えてます。

そこで 手間ひまかかりますが また作ってみることにしました。

アメリカでは手に入らない材料もあるので こちらに来てからはあきらめて作っていませんでしたが、 今年は庭に果物が鈴なりだし フルーツ酵素作りに挑戦することに。

果物だけで作るのは初めてで ちょっと戸惑っていますが、なんとか頑張ってみます。 よければまたブログを覗いて見てくださいねー。

出だしはこんな感じです。^^)

CIMG1295.jpg

ここまでは早起きして果物をもいだりして楽しいのですが、この後が大変。 翌日ぐったりです。

CIMG1251.jpg

酵素はきっと 疲れたジャズ子にもいいはず・・・・

頑張り屋のジャズ子も応援してね。

  ↓
br2.gif


 
Trackback(0) Comment(2) 
Category:未分類  Genre:海外情報  Theme:アメリカ生活 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2017 すぷる~すの庭, all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。